2017年2月タッキー句会後半「喜」@歳時記つれづれ

東條未英さんをスタジオにお招きして
季節の話題などをお届けする「歳時記つれづれ」。
毎月第4週はタッキー句会 後半をお届けします。
170222_saijikiWeb
今月 後半のお題は「喜」。

高点句は

出来ること増ゆる喜び二才の春  高松 早基子さん

でした。

次回、2017年3月句会のお題は「遠足」、「子」です。

次回のタッキー句会をどうぞお楽しみに

文責:千波留
(■デイライトタッキー「歳時記つれづれ」毎週水曜日午前11時30分〜
                    再放送 当日午後8時10分〜

カテゴリー: 歳時記つれづれ |

占いで笑顔になって女子力UP@女子力向上委員会

「デイライトタッキー」第4水曜日放送の「女子力向上委員会」では自分史上一番輝くワタシを目指して、様々な情報を発信しています。
今月は大阪駅第3ビルB2Fの占い館 アナスタシアのプレイングマネージャータマキさんを
スタジオにお迎えしました。

170222_jyoshiwebタマキさんは、数秘(誕生日)・タロット・手相で占いますが、占った結果を一方的に伝えることはしないんですって。相手の方との会話を大事にして、そのかたの個性をよく見て、どんな言葉だと相手のかたの心に届くかを考えながらお伝えするのだとか。というのも、同じ言葉でも受け取り方が違うので、心にマイナスのイメージを与えないように配慮されるんだそうです。
ですからタマキさんにとって占いは、ご相談者と一緒に道を見つけて行く、共同作業。
そのおかげでしょうか、タマキさんに占ってもらったお客様は「楽しかった!」「なんだかわからないけど、元気が出ました」とおっしゃるかたが多いんだとか。
人間楽しいと、自然と笑顔になります。そして笑顔こそ、女子力UP、人間力UPに繋がるのではないでしょうか。
「人間だって怒っている人より笑顔の人と一緒にいたいと思うもの。小さな天使たちが笑顔の人に集まってくるのは当たり前だと思いますよ」とタマキさん。
そしてタマキさんは占いを「天気予報のようなもの」とおっしゃいました。
「タロットにはNOW、現在から遠くても3ヶ月先くらいが現れてきます。
この間雨が降りそうです……とお知らせするのが私たち。それに対して傘を用意するかしないかを決めるのはご本人なのです」
日頃天気予報を見て、傘を持つかどうか決めるように、占いの内容から対処法を考えることで、運命を変えることも可能ではないかとタマキさんはおっしゃいます。

「人間 生きていればいろいろな悩みに遭遇します。また、順調な時期ばかりではありません。どんな人にも上がったり下がったりの波があります。そんな時に、占いで心を軽くして、笑顔になっていただければ」とタマキさん。

占いに依存するのではなく、活用することでぜひ、女子力や人間力UPにつなげてくださいね。

ちなみに、タマキさんに将来の夢をお聞きしたところ「特にはないんです」とのこと。
「いまを一生懸命生きていれば、きっとそれが将来に繋がっていくと思うので」
なるほど!今を大事にしなければ将来もありませんものね。

タマキさんに関してもっと詳しく知りたいとおっしゃるかたはタマキさんのブログをご参照ください。
大阪 梅田の魔女〜タマキの幸活占

「女子力向上委員会」毎月第四水曜日 午前11時~
再放送 当日午後7時40分~

(文責:千波留)

カテゴリー: 女子力向上委員会 |

野菜と鶏ミンチの巾着@チャレンジレシピ

まちの情報を詰めこんでお届けしている「タッキーBOX」!
毎月第3火曜日には『チャレンジ レシピ!』を放送中。
担当パーソナリティー・垣内なおみが、誰でも簡単にお安く作れる一品をご紹介。

今月は【野菜と鶏ミンチの巾着】をご紹介♪
c20170221_recipi
《材料(8個分)》
・すしあげ・・・8枚
・鶏ミンチ・・・100g
・大根・・・100g
・人参・・・50g
【具材下味用(A)】
・しょうゆ・・・小さじ1
・酒・・・小さじ1
・塩・・・少々
【煮汁(B)】
・だし汁・・・400cc
・薄口しょうゆ・・・大さじ1.5
・酒・・・大さじ1
・みりん・・・大さじ1
・さとう・・・大さじ1

《作り方》
1.大根・人参は5mm角に切る。
2.すしあげは、一辺を切って袋状にしたら、ざるに乗せ熱湯をかけて油抜きしておく。
3.ボウルに、ミンチと(A)の調味料を全て入れ、粘りが出るまでよく混ぜる。①の大根・人参も加えさらに混ぜる。
4. ②のすしあげに、8等分した③を入れ、爪楊枝で口を留める。
5. 鍋に(B)を全て入れ、火にかける。④の巾着を入れ20分程度煮る。始め中火で沸騰したら弱火から中火にする。

具材は、しいたけやレンコンを入れても美味です。

■タッキーBOX 毎週月~金曜日16:00~17:30放送

カテゴリー: タッキーBOX |

どの部屋もあたたかい「ケイ・ジェイ・ワークス」@和氣貴志のぐるぐる商タイム

箕面市内の元気なお店や会社を生中継でご紹介する「和氣貴志のぐるぐる商タイム」。
お得な情報も放送中!!
【毎週月曜日11:00~OA】

ケイ・ジェイ・ワークスP1070263_1

業 種:建設業
住 所:箕面市彩都粟生南1-16-29
TEL :072-728-5597
営業時間:09:00~18:00

「商タイム」:E-BOX
ケイ・ジェイ・ワークスさんは、本職は建設業ですが
無添加パン工房、洋菓子、新鮮野菜、コーヒー、家具・雑貨、
薪ストーブ専門店、木の家づくり図書館、木の家モデルハウス… などなど、暮らしをサポートされている企業なんです。P1070242_2 P1070245_3 P1070247_4

E-BOXは薪ストーブ専用住宅で、木の家の心地よさ、
薪ストーブの温かさ、MaHAt(マッハ)システムの快適性を体感できるお家のことです。
MaHAt(マッハ)システムとは、
熱交換率の高い「熱交換ユニット」を使用した
24時間換気システムと家庭用のエアコン1台で構成しているシステムです。
「こんな方法で快適性が保たれるのか!!」となったシステムの根幹たる
「秘密のお部屋」はぜひ、あなたの目でお確かめください。P1070257_5

なんと、E-BOXは宿泊体験もできるんですよ。
詳しくはケイ・ジェイ・ワークスのホームページをご覧ください。P1070251_6

※ 商タイムとは、お店最大のウリ(こだわり、自慢、商品)です。

カテゴリー: わきたかしのぐるぐる商タイム |

世界のスタンダード〜once more〜@「Montyly国際交流コンサート」

毎月第3日曜日の午後2時から4時まで、サンクス箕面2番館地下1階のサテライトスタジオから公開生放送でお送りしているMonthly国際交流コンサート。
今月はボーカルSIMONEさん、ピアノ吉田幸生さん、ベース中島教秀さんをお迎えして「世界のスタンダード〜omce more」をお送りしました。

170219_kokuryuWeb

世界のスタンダードは昨年2月以来1年ぶりです。

今回のオープニングチューンは歌の旅のスタートにふさわしい『Come Fly with Me』。
その後、イギリス、ブラジル、メキシコ、ギリシャ、ドイツなどをめぐりました。

「日本で昔流行ったでしょ」シリーズでは『枯葉』『時計』『別れの朝』『コーヒールンバ』など耳馴染みのある曲が続きました。
『Danny Boy』、『リリー・マルレーン』のあと、締めくくりはジョン・レノンの『Imagine』。SHIMONEさんのライブはいつも『imagine』で締めくくられます。
それには「皆様の明日が少しでも良いものでありますように」とのSHIMONEさんの願いが込められているのでした。

ベースの中島さんは、昨年もSHIMONEさんと一緒にご出演ということで1年ぶりのご登場でした。SHIMONEさんの魅力の一つは語学力で、それぞれの歌を原語で捉え、自然に表現することができる人、とおっしゃっていました。

シャンソンピアニストとしてベテランの吉田幸生さんは、国際交流コンサートには約15年ぶりのご出演。いつも「外見などにとらわれずその人の歌を良く聞くこと」を心がけておられるそう。
今日もSHIMONEさんの歌と、中島さんのベースに耳を澄まし、そこに降りてきたご自分の音を奏でておられました。
170219_kokuryu2web
*本日会場にお越しの方からインタビュー時の写真のご提供をいただきました。
 ありがとうございます!

ご出演者それぞれのご予定のチェックはこちらで!

SIMONEさん→mangiare cantare amare

吉田幸生さん→吉田幸生のスケジュール帳

*中島教秀さんは現在、新たなブログ開設中です。

(文責:千波留)


■Monthly国際交流コンサート:毎月第3日曜午後2時~4時生放送
              
(再放送 当日午後9時~11時、翌月曜午後2時~4時)

カテゴリー: Monthly国際交流コンサート |

新曲トークあり!2/19の「平成琴姫のおめざメロディ」

 大正琴をリニューアルした完全オリジナル楽器「平成琴」を持ってパフォーマンスする「平成琴姫」がお届けする番組「おめざメロディ」。2017年2月19日の放送は!?
160224Y 3/10初定期のソロコーナーの話題
GT、新曲「とおりゃんせ~初恋胸きゅんきゅん」の歌詞で好きなところは?
などなど、メンバー4人で楽しくお送りします!

♪毎週日曜あさ9時30分~10時放送。再放送・毎週火曜14時~14時30分
平成琴姫official Website

カテゴリー: 平成琴姫のおめざメロディ |

地域に根差した研究を発表!関西大学政策創造学部 橋口ゼミのみなさん@エール・マガジン

 ガンバッテイルみなさんを応援する土曜日の「エール・マガジン」(14:15on air)に、2/18(土)、関西大学創造政策学部 橋口ゼミのみなさん登場!スタジオで、定期的に研究の発表をしてくださっています。
c170218_ 今年初めてのご出演ということで、まずはそれぞれ今年の目標を。
就職活動、ワーキングホリデー、ヒッチハイクなどなど、大学生らしい目標が飛び出しました。
橋口先生の目標は、学生が行きたい会社に就職させること。さらに、昇任されるということで、大きな会場で講演をしていきたい、学生に負けないように自分も努力をしていきたいと話してくださいました。
 さて、研究発表。お隣池田市で子育て中の保護者のかたにアンケートをとったり、親子で参加できるワークショップで竹箒などを作って交流したようすを発表してくれました。
 また、細河地区で自分たちで育てた大根や人参を収穫して、料理をした体験談を披露。自分たちで作った野菜はおいしくて、子どもたちも残さず食べたそうです。細河地区にお住まいのみなさんの、心の温かさまで感じたと発表してくれました。
 橋口ゼミの池田市や京都の伏見、福島での地域に根差した研究はまだまだ続きます。次回は5月13日にご出演の予定です。お楽しみに!

■「エール・マガジン」毎週土曜日14:15~15:00放送(翌週木曜日14:00再放送)

カテゴリー: エール・マガジン, サタデーワイドフィーバー |

ガールスカウト大阪府第69団の皆さん@みのたんらじお

毎週土曜日あさ11からメイプルホールロービーより公開生放送でお送りしている「みのたんらじお」(箕面市提供)
オススメの週末情報を紹介したり、ゲストをお迎えして楽しいおしゃべりで過ごす1時間です。

20170218みのたん①

この日はバザーも開催されていてたくさんの人で賑わっているロビーでした。
箕面でイキイキと活動する皆さんをお迎えしてお話を伺うコーナー「箕面コレ一番!」には坊島で活動しているガールスカウト大阪府第69団から久保田真愛さん(小5)、内堀夏希さん(小4)、大平芽生さん(小1)、山口燈子さん(年長)、そしてリーダーの岡村さんに登場していただきました。

20170218みのたん②

箕面市内では箕面、西南、坊島、間谷地域で4団のガールスカウトが活動していて、第69団のみんなは坊島のカトリック箕面教会を中心に毎月2回活動しています。
「皆と交わって自分自身を高めていき地域での責任を果たす。奉仕活動や交流などを通して人間性を育てていく」との
精神で様々な活動に取り組んでいます。

20170218みのたん④

皆んなに入団したきっかけを聞くと、久保田さんは「一人っ子だったのでお姉さんや妹ができたらいいなと思って。ボーイスカウトとガールスカウトの両方を見学して、私にはガールスカウトがあっているかなと。」他の3人は「お母さんに勧められて(笑)」と答えてくれました。次に好きな活動を聞いてみると、久保田さんは「キャンプ!飯盒炊飯が好き。キャンプファイヤーも楽しかったです。」内堀さんは「秋のクッキングとかキャンプでテントを建てるのも好き!」大平さんは「作るのが好きなのでクラフトとかケーキ作り。あとスケートやスキーも楽しくて好き!」と元気に教えてくれました。年長さんの山口さんは「お姉さんたちが遊んでくれる!」とお母さんと一緒に答えてくれました。

20170218みのたん③

ガールスカウトに入ってよかったところは?の質問には「引っ込み思案だったけど人との関わりを通して自分の意見を伝えられるようになった。」「人前で話すことが身についた。」「年下の子の遊び相手が上手くなった!」「人と違う体験や経験ができる。」としっかり答えてくれました。

ガールスカウト大阪府第69団は坊島の箕面カトリック教会を中心に毎月2回、日曜日の朝10時から午後2時まで活動しています。年長さんから高校3年生までの女の子が参加できます。私もやってみたい!と思ったら見学もOKですよ。
自分の意見を自分の言葉で発表したり、他の団や多世代との交流を通して成長していく皆さん、これからも期待してますよ!

2017年2月18日(土)朝11時から放送「みのたんらじお」

カテゴリー: みのたんらじお |

ムッチリ系スポーツ男子でBスタジオは大入り満員!…関西学院千里国際高等部「What’s New From You」(ハイスクールプログラム第3週)

HP_senri-2ひろき / Riho / ひろや
箕面のいろいろな高校が、週替わりで番組づくりに取り組む「ハイスクールプログラム」(金曜夜9時30分~10時/再放送:日曜夜7時)。第3週は関西学院千里国際高等部の担当で、「What’s New From You」と題してお送りしています。
「DJのRihoです」
そして今回のゲストは、かなり体格のいい高2の男子二人。
「ひろやです」
「ひろきです」
名前も体つきもよく似てる・・・ムッチリ系です(?)。
スポーツが好きだという二人。
ひろやが一番打ち込んでいるのは、アメリカンフットボール。高校生ながら、大学のアメフトサークルに参加しており、有望な選手として期待されているそうです。夢は日本一を決める試合「ライスボウル」に出場すること。何年か後には、本当に活躍が見られるかもしれませんね。
ひろきが得意なのはバドミントン。子どもの頃はサッカーもやっていて、今でもけっこうできますよ、とのことでした。
他にも、バレーボールやバスケなど、学校ではさまざまなスポーツを楽しんでいますが、そろそろ受験の準備もあるからは、スポーツも少し控えめにしなくてはね、と二人。
受験が終わったら、また思いっきり体を動かしましょう!HP_senri-33月は別れの季節、関西学院千里国際高等部でも卒業式が行われます。
なお、在校生は自由参加だそうですが、みなさん卒業式には出席する?
もちろん、行くよ。先輩にはお世話になったからね。
一緒に遊んでもらったりもしたし。
いなくなるのが淋しい・・・。
というか、次は自分たちが最上級生だよ!
思わず、入学してからこれまでのことを振り返るみなさんでした。
●NEWS FOR TODAY
世界のニュースを取り上げ、ゲストと一緒に考えるコーナー。
今回のテーマは「フェイクニュース」。
トランプ大統領が、記者に向かって「フェイク(嘘の)ニュースだ!」という場面は、すっかり有名になりました。
大統領選挙では、インターネットのメディアなどで、まことしやかな嘘がニュースとして流れたこともあり、フェイクニュース問題は一躍クローズアップされるようになりました。
ひろやは「なんでそんな嘘を流そうとするのか、理解できない」。
一方で、ひろきは「ぼくは以前、ネットで見たデマを信じ込んで、拡散してしまったことがあります」。
誰もが気軽に、ツイッターなどで発信できるようになった今日、何が真実で何が嘘なのか、かえってわかりにくくなっているのかもしれません。フェイクニュースに惑わされることは、誰にでも起こり得ます。
気を付けないとね、とうなずき合う三人でした。
【本日のキーワード】
「偽」=fake(フェイク)HP_senri-1

カテゴリー: ハイスクールプログラム, 千里国際 |

まちのラジオ第3週 どっこい三味線&ごった煮座…かしまし娘の生電話?「こと」ってなんのこと?城崎カニ旅行のてんまつは?

gottani-1箕面の元気な活動グループが週替わりでお送りする「まちのラジオ」(木曜午後3時、再放送は同日午後9時、翌日曜午後1時)。毎月第3週は、「どっこい三味線」と「ごった煮座」の二つのグループが協力して番組を制作しています。

「かしまし娘の正司照枝さんから、電話がかかってきたんですよ!」
興奮気味に話すのは、どっこい三味線の篠山さん。
かしまし娘といえば、音曲漫才で一世を風靡した三姉妹のトリオ。
篠山さんは、かねてから音曲漫才の芸人が三味線をクルッと背中に回す技をやってみたかったといいます。三味線のストラップに工夫があるようですが、どうすればいいのか。
そんな折、行きつけの美容室にかしまし娘の次女・照枝さんがよく来られると聞きつけた篠山さんは、美容師さんに「会ってみたいものだ」と話していました。
それが先日、その美容室から電話があり、「今、来られてますので」と言われた後に、照枝さんご本人が電話に出られました。
ひえええ!
恐縮しきりの篠山さん。
気になっていた三味線の工夫も丁寧に教えてくださって、本当に感謝感激です!と興奮も冷めやらぬごようすでした。

熊野禮助さんからは、止々呂美に伝わる「こと」という風習についてのお話。
そもそも「こと」とはなんのこと?琴?事?古都?糊塗?
2月になると、村の長老が集まり
「子蒸しをどこの家でやろうか」
と相談します。
やがて、選ばれた家に山神さまがやって来ます。蓑・笠をかぶり、天秤をかつぎ、手にはつちのこ(わらを叩く道具)と一升瓶を下げて。(ナマハゲのようなものでしょうか?)
家の前で、山神さまは
「ここは何を蒸しやるぞい」
家の人は
「いぼや疱瘡、はしかを蒸しやるぞい」
それを聞いた山神さまは
「ほほう、それは安(やす)なことじゃのう」
こう言って、六法を踏みながら家に入って見得を切り、拍手で迎えられます。
山神さまを迎えて宴会が始まり、その間にもち米を蒸しながら、その湯気に赤ん坊の服などを当てて、無病息災を祈ったといいます。
「そこで、”こと”の由来なんですが」
蒸し上がったもち米をお膳にあける、そのときに「こと」と音がする、それが行事の呼び名になった…そんな謎解き。昔の人の、おおらかでほほ笑ましい暮らしぶりが伝わってくるような、そんなお話でした。

ごった煮座の柴田さんは「城崎へ、カニを食べに行ってきました!」
ところが例年にない大雪のため、帰りは向こうを午前10時にバスが出て、大阪着は午後6時!大変難儀なカニ旅行となりました。
それだけ苦労したぶん、カニは美味しかったことでしょうね。
「それが…」
安い旅館を選んだら、カニが出てこなかったそうです。
残念ー!

カテゴリー: どっこい三味線&ごった煮座, まちのラジオ |