ワンマンライブの感想をお届け~!@5/28の「平成琴姫のおめざメロディ」

 大正琴をリニューアルした完全オリジナル楽器「平成琴」を持ってパフォーマンスする「平成琴姫」がお届けする番組「おめざメロディ」。2017年5月28日の放送は!?
IMG_3337今回は3人おめざメロディです。
ワンマンライブの感想!
桜羽師範代での次の罰ゲームは!汗

♪毎週日曜あさ9時30分~10時放送。再放送・毎週日曜19時30分~20時
平成琴姫official Website

カテゴリー: 平成琴姫のおめざメロディ |

1960年代のヒット曲!「スーダラ節」に「夢見るビートルズ」@5/27の劇団「すずしろ」アワー『ケンケンキョンキョンの音楽大好き』

 シニア劇団「すずしろ」の有志のみなさんが、趣向を凝らしたテーマでお送りする・劇団「すずしろ」アワー。毎月第4週は「ケンケン・キョンキョンの音楽大好き!」。歌謡曲大好きケンケンこと川島謙一さんと洋楽大好きキョンキョンこと日宇京子さんがナビゲート。
 5/27(土)は、お二人の思春期1960年代のヒット曲を集めました。
kenkyon 今回も思い出トークとともに盛り上がりました!45回転のレコード音源も!
ケンケンチョイス
♪西田佐知子「アカシヤの雨がやむとき」
♪ペギー葉山「学生時代」
♪植木等「スーダラ節」
キョンキョンチョイス
♪ピーター&ゴードン「愛なき世界」
♪ドナリン「夢見るビートルズ」
♪ヤングラスカルズ「グルーヴィン」 

次回の劇団「すずしろ」アワーは6/10放送。秋田啓子さんの担当「すずしろヒストリー」です。お楽しみに!

◇劇団「すずしろ」アワー 第2・4土曜朝10:00放送(再放送・翌金曜15時)
◇劇団「すずしろ」のブログ

カテゴリー: 劇団「すずしろ」アワー |

箕面ミュージックフェスティバルとコラボ@SPみのたんらじお

毎週あさ11時よりメイプルホールロビーから公開生放送でお送りしている「みのたんらじお」(箕面市提供)
さて今年もやってまいりました箕面ミュージックフェスティバル!
ジャンルにこだわらず音楽を愛し・楽しみ・箕面市内を音楽でいっぱいにしたいという思いで始まって、箕面市合唱祭と箕面バンドワールドフェスティバルの2本立ての音楽イベントで2日間に渡って開催されます。

20170527みのたん①

まずは箕面市音楽協会の前田一成会長にお話を伺いました。「何と言っても年々参加団体が増えて、子どもからシルバー世代まで幅広い年代が参加する音楽イベントに成長しています。バンドワールドフェスティバルはプロもアマも同じ舞台に立つのが特色。会場の小ホールは音が体にどんどん伝わってくるので、演奏者と観客が一体となって音楽を楽しむことができます。そして合唱祭は今回が30回目記念ということで、第一部のフィナーレではピアノ2台による贅沢な伴奏で大地讃頌を会場全体で歌います。第2部のフィナーレでは小学生指揮者がタクトをふり募集で集まったハレルヤコーラス隊と参加団体によるハレルヤコーラスが見どころ、楽しみどころです。ハレルヤコーラス隊は1人でも参加できるので、私も参加したいと思ったら来年ぜひ参加してください。」

20170527みのたん②

そして、この後本番が始まる第7回箕面バンドワールドフェスティバルに出演するバンドからマキシマムとハルカ&ビートボーイズをゲストにお迎えしました。
まずはマキシマムから。マキシマムはアサンプション国際中学校高等学校軽音楽部から結成されたバンドです。メンバーはベースのたかぎみさきさん、ドラムのやりゆきみさん、ギターのさとうこなさん、ボーカル&ギターのうえまつまゆかさん、ボーカルのただりかさんの全員中学3年生。J-POPを中心に学園祭などで演奏しています。バンドワールドフェスティバルは去年に続いて2回目の登場です。「本番が近づくと意見を出し合う中で気まずい雰囲気になるときもあるけれど、いい演奏をしたい!気持ちで一生懸命練習してきました。ツインボーカルのハモリにも期待してください!」トップバッターで第7回箕面バンドワールドフェスティバルを盛り上げてくださいね!

20170527みのたん③

20170527みのたん④

続いてはハルカ&ビートボーイズ。ハルカ&ビートボーイズは結成3年目の親子バンドです。なんと去年のみのたんらじおで箕面バンドワールドフェスティバルの存在を知って、ぜひ出たい!と今年初出演となりました。(嬉しい!!)
メンバーはギターのリョヘイ、ベースのコータロー(小4)、ドラムのハルカ(中1)。全員がボーカルを担当しています。
お父さんのリョヘイさんが音楽大好きで、R&R、R&Bなど自分の好きな音楽を楽しみたい!と家族でバンドを結成することになりました。選曲も英語詞のものがほとんど。子ども達も英語で歌いますよ!この歳で英語で歌うなんてカッコよすぎますね。
お姉ちゃんのハルカさんが中学生になって忙しくなってきたのでいつまで付き合ってくれるかが心配…(笑)と話すリョヘイさんですが、親子の絆が深まったバンドで今日のライブを楽しんでほしいですね。

20170527みのたん⑤

それぞれの団体にそれぞれのドラマが詰まっているようですね。楽器が演奏できる。お腹の底から大きな声で唄って、美しいハーモニーを生み出す…(できない人間にはほんとに羨ましいです。)
参加される皆さん、日頃の練習の成果を発揮して楽しい舞台にしてくださいね。そして観客の皆さんも一緒に楽しみましょう!

「みのたんらじお」2017年5月27日(土)あさ11時から放送

カテゴリー: みのたんらじお |

教学の森だより…「むしとりキャンプ」へいらっしゃい!

kyougaku-1タッキーBOX金曜日、第4週の午後5時からは「教学の森だより」。青少年教学の森野外活動センターからゲストをお招きして、箕面の山のようすや、キャンプ情報などをお聞きしています。
今回も、スタッフの和辻篤典(わつじ・あつのり)さんにお越しいただきました。

日中は暑くなり、虫もどんどん出てきているという教学の森。
和辻さんは、美しいゴマダラチョウを見かけたそうです。
箕面はもともと虫の種類が豊富な土地として知られ、言わば虫の天国。
虫と親しむのにもってこいのキャンプも紹介していただきました。

●むしとりキャンプ
対象:小学3年生~中学生
日時:7月26日(水曜日)~27日(木曜日)※1泊2日
定員:30人(抽選)
料金:7400円
申込:6月24日(土曜日)必着
問合せ:教学の森野外活動センター 電話072-722-8110

カブトムシやクワガタの他にも、カミキリなどいろんな昆虫に出会えます。
虫のエサづくりから、虫の寄って来そうな木を選び、捕獲・観察まで、子どもたちが自分の力で行います。
来れ!虫好きの子どもたち!
…虫が苦手な子には、ちょっと大変ですかね。
「いえ、そういう子はあまり申し込まないと思うので…」

カテゴリー: タッキーBOX |

2017年5月タッキー句会後半「世」@「歳時記つれづれ」

東條未英さんをスタジオにお招きして
季節の話題などをお届けする「歳時記つれづれ」。
毎月第4週はタッキー句会 後半をお届けします。
170524_saijiki_web
今月 後半のお題は「世」。

高点句は

世話ものにもらひ泣きする夏芝居   東條未英さん
母の日の母と世界の絵本展      藤井なお子さん
三世代つづきて桜守といふ      大和愉美子さん

でした。

次回、2017年6月句会のお題は「五月雨」、「内」です。

来月ののタッキー句会をどうぞお楽しみに

文責:千波留
(■デイライトタッキー「歳時記つれづれ」毎週水曜日午前11時30分〜
                    再放送 当日午後8時10分〜

カテゴリー: 歳時記つれづれ |

CAに必要な女子力とは?@女子力向上委員会

「デイライトタッキー」第4水曜日放送の「女子力向上委員会」では自分史上一番輝くワタシを目指して、様々な情報を発信しています。
今月は、エアラインスクール(CA養成スクール)を主催されている 
有限会社あぽろん。 代表取締役 岸上小夜子さんをお迎えしてお話をお聞きしました。
170524_jyosiryoku_web
CA(キャビンアテンダント)といえば、女子力・人間力が求められる職種です。
スクールでは大きく分類して3つのことをご指導されているそうです。
一般的な女子力アップに必要なポイントも含まれていますのでぜひ参考になさってくださいね。

まずは『美』。
美肌つくりやメイク、ダイエット、健康などを心がけなくてはなりません。

続いて『おもてなし』
語学力(英語)は必須。
ビジネスマナーや日常生活のマナーを身につけること、美しい言葉遣いも大切です。
仕事の時だけ、機内でお客様に対している時だけ気をつけていても、それは付け焼刃にすぎません。日常生活の中でも優しい思いやりのこころを持って初めて、とっさの場面にも対応できるとのこと。
また、歳時記や茶道・華道といった日本文化への造詣も大切です。直接仕事に関係なくても、それらが身についているかいないかは大きな差になって現れてきます。

三つ目は『精神的な安定』。
CAのお仕事は時間的にタイトであり、睡眠不足になることも多いうえ、
気圧の関係で体調管理も難しいものがあります。どんなコンディションでも平常心でおもてなしができるよう、自分の感情をコントロールできるよう訓練します。
まず最初は怒りの感情が湧いてきた時は「6秒間」じっと自分の心を見つめて平静になる努力をすることからスタートします。

以上三点は別々の項目のように思われがちですが、実は人間の外面内面両方の美を作り出す要素で、これらが整ってこそ真の美しさが現れてきますし、信用にも繋がります。
また、CAに限らず、どんな人にも共通する「美」の要素ではないかと、
岸上さんはおっしゃいました。

岸上さんのアカデミーでは、CAを目指していなくても受講できるコースもあれば、
幼いお子さんのコースもあるそうですよ。
内面外面を磨いて女子力・人間力をアップされたい方、岸上さんのお話に興味を持たれた方は「oesアカデミー大阪校」で検索してお問い合わせくださいね。

「おっしゃったポイントに気をつけて自分を磨きたいとは思うのですが、年齢的に難しい、なんてことはないでしょうか?」
という千波留からの質問への岸上さんのお答えは
「年齢は関係ありません。人生はいくつになってもやり直しがきくと言われています。どんなかたでも日々の努力によって、よりよい自分に変化できると信じております」

一般の私たちがCAが習得する項目を全てマスターすることは難しくても、
いくつかでも努力することで女子力アップは可能なのですね。
是非ご参考になさってください。

「女子力向上委員会」毎月第四水曜日 午前11時~
             再放送 当日午後7時40分~

(文責:千波留)

カテゴリー: 女子力向上委員会 |

Mya吉田昌代しあわせサプリ@「Monthly国際交流コンサート」

毎月第3日曜日の午後2時から4時まで、サンクス箕面2番館地下1階のサテライトスタジオから公開生放送でお送りしているMonthly国際交流コンサート。
今月はMya吉田昌代さんをお迎えしました。

吉田さんのご出演は2013年8月2017年7月に続いてこれが3回目です。

170521_yoshidasan_web
アメリカで22年音楽活動をしてこられた吉田さん。
多民族国家アメリカでは常に「君のルーツは?」「君は日本人でしょ?」と問いかけられたそう。
その上で「日本人ならではの音楽を作らないと」というアドバイスもいただいたそうです。
そうしてサンフランシスコでリリースされたアルバムが『しあわせサプリ』でした。
日本に帰る決意をなさったきっかけの一つは、アメリカでのライブで多くの日系人が
オリジナル曲「ひとりじゃない」を聞いて感激し、涙を流してくださったこと。
その時にいただいたお手紙の数々を今も大切に持っていらして、折に触れ読み返しては
日本で歌いつづける決意を新たにしているそうです。

これからも「歌霊(うただま)」「言霊」「音霊(おとだま)」を大切に、
元気 勇気 夢を発信したいとおっしゃる吉田さんでした。

吉田さんのアルバムやライブ情報はこちらでcheck!

ようこそ Mya吉田昌代のホームページへ

(文責:千波留)

■Monthly国際交流コンサート:毎月第3日曜午後2時~4時生放送
(再放送 当日午後9時~11時、翌月曜午後2時~4時)

カテゴリー: Monthly国際交流コンサート |

どらメイドカフェもーすぐオープン!@5/21の「平成琴姫のおめざメロディ」

 大正琴をリニューアルした完全オリジナル楽器「平成琴」を持ってパフォーマンスする「平成琴姫」がお届けする番組「おめざメロディ」。2017年5月21日の放送は!?
526GLAD4 メイドになったらどんなおもてなしをする?

♪毎週日曜あさ9時30分~10時放送。再放送・毎週日曜19時30分~20時
平成琴姫official Website

カテゴリー: 平成琴姫のおめざメロディ |

光とたわむれる天才たち…山田善春さんのラジオ科学教室vol.71@エール・マガジン

ガンバッテイルみなさんを応援する土曜日の「エール・マガジン」(14:15on air)、
5月20日(土曜日)は、科学の山田善春(やまだ・よしはる)先生、71回目のご登場!
音声だけのラジオで、毎回果敢に科学の実験をしてくださっています。今回は!?
erumaga-1erumaga-2今回は「光の実験」。
山田先生がスタジオに持ち込んだのは、百円ショップで購入した光ファイバーのオブジェ。
細いファイバーの中間部分からは光が洩れず、先端からだけ光が出ています。
これを、途中で切ったらどうなるの?
ハサミで、チョキン!
「あっ、切ったところから光るようになった!」
切り落としたファイバーを、元の所に合わせてつなぐと…
「あっ、また先が光るようになった!」
これが光ファイバーの性質で、日本からアメリカぐらいの距離でも、光を伝達することができるといいます。
erumaga-3erumaga-4もう一つの実験は、シャボン玉。
スタジオに持ち込んだシャボン玉セット、ふくらんだシャボン玉の表面の膜に、赤や緑の色が現れます。
これはニュートンリングと呼ばれる現象です。
ニュートンは光を粒子と考えていましたが、それに対してホイヘンスは光の性質を波であると唱えました。
「人差し指と中指の間を少し空けて、光を見てください。間に黒い縞が現れるでしょう?」
「あっ、本当だ!」
これは干渉という現象で、光が波でなければこうはならないそうです。
ところが、太陽光発電の原理は、光が粒子でなければ説明がつきません。
光は、粒子なのか?波なのか?
これを解決したのが、かのアインシュタイン。
「光は粒子と波、両方の性質を持つ」という説を唱え、ノーベル賞を受賞しました。
二つの説をくっつけただけ?
言われてみれば簡単なことのようですが、その発想はやはり天才ならでは。
スタジオの天才たちは、シャボン玉をふくらましたりしぼませたりしながら、やけに楽しそうでした。

次回の山田先生のご出演は6月17日の予定です。お楽しみに!

◇山田先生のFacebook
■「エール・マガジン」毎週土曜日14:15~15:00放送(翌週木曜日14:00再放送)erumaga-5

カテゴリー: エール・マガジン, サタデーワイドフィーバー |

箕面観光ボランティアガイド黒山聖子さん登場@みのたんらじお

毎週土曜日あさ11時よりメイプルホールロビーから公開生放送でお送りしている「みのたんらじお」(箕面市提供)
オススメの週末情報をご紹介したり、ゲストをお迎えして楽しいおしゃべりで過ごす1時間です。

さてさて気がつくと日中真夏日になっている今日この頃。朝晩は肌寒かったりして、暑さにもまだ慣れなくて体調管理が難しいですね。でも山の緑は日に日に濃く鮮やかになり、山歩きには気持ちいい気候です。山歩きといえば…
箕面でイキイキと活動する皆さんをお招きしてお話を伺うコーナー「みのおコレ一番!」には箕面観光ボランティアガイドから若手期待の星☆黒山聖子さんにご登場していただきました。

みのたん020170520①

黒山さんは15期生の4年目。もちろん初登場です。
箕面生まれの箕面育ち。ボランティアガイドになろうと思ったのは、お母様から「箕面が好きならやってみれば?」ともみじだよりに載っていた養成講座に応募したのが始まりだそうで、養成講座に参加した時は「あれっ?年齢層がかなり上だな?お母さん世代だ…」と戸惑ったそうですが(笑)あっという間に年代も関係なく皆さんと親しくなり、気の合う仲間もできたそうです。また黒山さんはアラフォー世代で、ボランティアガイドとお仕事の両立のため、なかなか活動に参加する機会が少ないそうですが、でも仕事の休みとガイドの依頼がマッチした日に参加するスタイルで、無理せず自分のペースで活動しているそうです。(無理せずに続けていくことが大事ですよね)ですのでもっとお仕事をされている方や若い世代の方にも仲間に加わって欲しいそうです。

20170520みのたん②

ガイドになって気づいたことは、滝道だけじゃなく、山歩きのコースがたくさんあること。個人的には聖天展望台からの眺めと箕面川ダム周辺を歩いて景色に感動し、お友達を連れて案内もしたそうです。
また、先週大阪市内の小学4年生の子供たちの遠足のガイドをした際、都会っ子の子供たちが、山道を歩いただけでも大喜び!滝をみて大喜び!する姿を見て、当たり前に思っていた箕面の風景が、実は貴重なものだと教えてもらえたと思ったそうです。
そしてガイドになる前は全く気にも止めなかった山を気にするようになったとか。四季の変化とともに変わる山の色。「あそこは桜だな。新緑でも微妙に色が違うな。紅葉が始まったな。」などなど。

これからガイドとして得意分野を見つけていきたいそうですが、今、箕面の歴史に興味が湧いてきているそうです。箕面の街の移り変わりや変わらない景色を探していきたいそうです。(今度ご出演の際はぜひ伺いたいですね)

さて今後の箕面観光ボランティアガイドのオープンハイクの日程ですが、5月26日(金)落合谷→天上ヶ岳の11キロコース。6月4日(日)南山→しらみ地蔵の12キロコース。どちらも朝10時までに箕面駅の観光案内所前に集合してください。
募集型ハイクは6月7日(水)深緑の滝道で植物観察をします。6キロコースです。こちらは5月31日までに交通・観光案内所へ申し込みしてください。先着20名限定です。

黒山さんはお仕事があるのでなかなかオープンハイクに参加できないのですが、「出会えるとラッキーなレアキャラです(笑)」とお話くださる明るいキャラクターです。これからもマイペースで箕面観光ボランティアガイドを続けていってくださいね。

2017年5月20日(土)あさ11時〜放送「みのたんらじお」

カテゴリー: みのたんらじお |