トイプードルのエディくん@「聞かせて!ペット自慢」

毎月 第2水曜日の「デイライトタッキー」内でお送りする
「聞かせて!ペット自慢」では、ワンちゃん、ネコちゃんなど
みなさんの家族の一員のご自慢話を聞かせていただきます。

今月は 箕面市在住の鈴木久子さんがスタジオに来てくださいました。
鈴木さんのお家で一緒に暮らしているのはトイプードルのエディくん、13歳です。

181114_ペット自慢2web

名前は俳優のエディ・マーフィーからいただきました。
(ちなみに先代犬の名前はマーフィくん)
ある日、近所にお住いのお姉さまが「ペットショップに可愛い子がいるよ!」と
送ってくれた写真に写っていたのは、ティッシュケースほどの
小さな可愛らしいわんこ。一目惚れした久子さんはその場で申し込んでもらいました。
実はエディくんはその日がペットショプデビューの日。
一度もペットショップのゲージに入らずに家族が決定したラッキーわんこです。

エディくんは自己主張がとても強くて甘えん坊。
ご家族の中でも久子さんにべったりのママっ子です。
久子さんもエディくんの誕生日には五穀米や野菜で自家製バースデーケーキを作るなど、
手間も愛情もたっぷりかけています。
そのせいか、むくむくと大きくなり、あっという間にティッシュケース二つ分くらいに
大きくなってしまったのは少し誤算だったかも。
181114_ペット自慢3web
ここ数年は毎年、滋賀県マキノ町にあるペットと一緒に泊まれるペンションで
ご家族でゆっくり過ごしたりもするそうです。
ご近所のお子さんとも心許しあっている様子。
181114_ペット自慢1web

13歳ということで、今後はますます健康管理に力を入れてあげたいとおっしゃる
久子さんからエディくんへの一言は
「いつまでも元気で長生きして、私たちを癒してね」

エディくん、元気で長生きしてください。

今日は職場体験生の箕面市立第五中学校2年生の松田真依さん、
坂平佳穂さんも一緒に番組を進行しました。
四人で記念撮影。

181114_ペット自慢5

「聞かせて!ペット自慢」毎月第二水曜日 午前11時~
再放送 当日午後7時40分~

(文責:千波留)
**出演者募集!!**
ペット自慢出演者を募集します。
写真添付、ご連絡先明記の上、「聞かせてペット自慢」のコーナにメールをお送りください。
アドレスは816@minoh.netです。
お待ちしています。

カテゴリー: 聞かせて!ペット自慢 |

職場体験でタッキーへ 箕面第五中学校 坂平佳穂さん 松田真依さん

今年も、タッキー816では、箕面の中学生の職場体験を受け入れています。
11/13~11/14は、箕面第五中学校2年生の坂平佳穂さん 松田真依さんがタッキーへ!
初日から生放送「デイライトタッキー」と
箕面市のバレーボールチームサントリーサンバーズの選手インタビューをしてくれました。
時に真剣に、時にリラックスした雰囲気にサンバーズの選手たちも笑顔で対応してくれました。
そして、2日目には2人がそれぞれ調べた「第五中学校」について、紹介してくれました。
オンガクノススメにも出演し、自分の好きな曲の紹介にも挑戦してくれました。DSCF0670_1

箕面市立第五中学校  坂平佳穂

二日間タッキーさんでお世話になりました。
職場体験がここだと決まったとき、どんなことをするのか
わくわくしていたのと同時に、不安でもありました。
そして、楽しみだという気持ちと、不安、心配という気持ちを抱いて職場に向かいました。

私たちが職場につくと、皆さんが笑顔で挨拶をしてくれたので、
不安や心配といった気持ちがなくなっていました。
一日目、早速ラジオで喋らせてもらうということになり、私は驚くばかりでした。
初めてのことだったなので、ミスをして迷惑をかけてしまうのではないかと不安になりました。
案の定、ちょっとしたミスをしてしまったのですが、
ご一緒していた黄堂さんが「私たちにもミスはあるから大丈夫」とフォローしてくれました。
その言葉は、すごくうれしかったし、安心したし、
何より、こういうことを言える黄堂さんはかっこいいひとだなと思いました。
その後のバレー選手へのインタビュー(取材)は、単純に楽しかったです。
それと、ここはラジオ放送だけが仕事ではなく、こういう取材も行うんだという発見もありました。
二日目は、ラジオ出演が主な仕事でした。
昨日少しやらせていただいたこともあり、自分的にはうまく話せたのではないかなと思いました。
それでも、朝から緊張しっぱなしでした。
そんな時、色々な方が話し掛けてくれました。
思い返してみると、色々な方の優しさに助けられた二日間だったなと感じました。
私は職場体験をここに選んで本当によかったと思いました。
大人の方が実際に働く姿をみて、ここの方々の優しさに触れ、仕事を体験し、
多くの事を学ぶ、こんな機会はもうないと思います。
最初で最後の職場体験を、ここでやらせてもらえた、この経験は一生の宝です。
二日間という短い時間でしたが、私たちを迎えてくださって、本当にありがとうございました。

DSCF0657_2 DSCF0680_4
箕面市立第五中学校 2年 松田真依

今回 タッキーさんで職業体験をさせて頂き、学んだことや
感謝したいことなど、綴っていきたいと思います。
≪初日≫
これから何をするのか分からずに緊張していたのですが、
職員の皆さんに挨拶をしていくうちに、職場の雰囲気などが大変良いものだと感じ、
段々と緊張が解け、ハキハキと喋ることができるようになっていきました。
その後「今日は少し放送中に喋ってもらうかも。」とのこと、
放送の時どうなったかと言いますと、どうしても棒読みになってしまいました。
明日の学校紹介を放送するときのことが思いやられました。
でも、一緒に喋らせて頂いていた黄堂さんが喋り方や次にすることなどを説明して下さったので、
明日についての作戦を立てることが出来ました。
また、バレーボールの選手に取材に行かせて頂いた時は、
どんな質問をすればよいのか、皆目見当がつかず困っていたら、
「ファンの人がききたがっていることを考えて。」や、
「単純に気になったことでもいいよ。」などとアドバイスして下さり、
なんとか質問を考えることが出来ました。
サントリーの体育館に着き、選手に質問をすると、どの選手もしっかり答えてくださり、
嬉しかったのを覚えています。

≪二日目≫
初日の反省より、ナチュラルに喋れるようにすることを大切にしました。
すると原稿を読むときにも声に抑揚がついて、幾分かわかりやすくなったように感じました。
また、そうすることで、あまり緊張することなく喋ることができたので、
あまり噛むことなく進行できた感じがしました。これらはとてもよかったです。
初日の時に心配していた学校紹介もうまくでき、安心しました。
ゲストの方の話も興味深く聴かせていただき、初日よりも楽しむ余裕が出来ました。

今回タッキーさんで職業体験をさせて頂き、挨拶することの必要性、
裏で支える人たちの苦労や心構え、「こんなこともするのか!」と思う事などをたくさん拝見し、
よい体験ができました。ありがとうございました。DSCF0697_3 DSCF0678_5

カテゴリー: デイライトタッキー |

しあわせの道しるべ:第38回(11/11放送)八多恵子さん

『しあわせの道しるべ』(30分番組)

第2日曜 15:30〜
(再放送:同日夜22:30〜、翌月曜15:30〜)

誰にでもある人生のターニングポイント。
そのとき、何を感じ、どう選択していったのか。

フリーライター・コーディネーター 中村のりこが、
公私で出会う素敵な方々を毎月ゲストにお迎えして、
その方の人生の転機についてお話を伺っていく対談番組です。

大きな波を起こすものではないけれど、
ラジオを聞く人の心に、小さな道標ができる。
そんな番組をめざしています。

今回のゲストは・・・
NY在住 マインドヘルス・アドバイザー 八多恵子(はたえこ)さん

01

<八多恵子さん プロフィール>

NY在住・奈良県出身
嵯峨美術短期大学卒業後、フリーランス・イラストレーターとして活動。
93年に渡米し、ニューヨークでフリーランス・イラストレーターと、会社員との二足のわらじ生活の中、ニューヨーカーと国際結婚。
16年間の結婚生活にピリオドを打つまでに悩み苦しんだ経験から、心の癒しの大切さに目覚める。
ニューヨーク在住25年目を迎えた現在は、フリーランスイラストレーターを続けながら、「マインドヘルス・アドバイザー」 として、独自に心と身体を総合的に癒すお手伝いをしている。
ハタブログ
☆HP:癒守結(いしゅい)


渡米、国際結婚、911の経験

「海外遊学」が流行っていた1993年。
奈良の田舎育ちだった八多さんは、ずっと都会にあこがれを抱いていました。
一度都会に住んでみたい!という軽い気持ちでニューヨークへ。

当時のニューヨークは、汚くてとても危険な街だったので、
メディアに出てくるキラキラしたイメージとの、あまりの違いに驚きます。
3か月だけ滞在して帰国するつもりが、
転校・就職したりしているうちに、ニューヨーカーと結婚!

結婚生活はさまざまな困難があり、16年経った頃、ついに離婚。
離婚もエネルギーがとても必要です。
ホッとしたのでないでしょうか。
渡米して25年以上経った今もニューヨーク生活を続けていらっしゃいます。

そして・・・
911で知られる、2001年9月11日の「アメリカ同時多発テロ事件」が発生!
このとき八多さんは、マンハッタンにある会社で働いている真只中!
ラジオから次々流れてくる状況説明に、
「本当に怖くて、何が起こっているのか不安と恐怖でいっぱいに・・・」と語ります。
心底恐ろしい経験をして、ニューヨークからとにかく出たい!と思いフロリダへ移住しましたが、5年後には再びNYへ帰ってきます。

「今は、人生の半分以上がニューヨークになってしまいました」
「なんだかんだ言いながらも、女性の一人暮らしがしやすい街なんだと思います」
世界中から人や情報が集まるNYの魅力を感じますね。


マインドヘルス・アドバイザーとしての人生に導いた
離婚した元夫のカウンセラーとの出逢い

アメリカでは誰もが歯医者さんに通うように、気楽にカウンセリングを受けます。
体と同じくらい心理面のメンテナンスも大切だと理解されている国なのでしょう。

離婚の危機だった時、元夫が信頼を寄せていたカウンセラーに、夫婦カウンセリングをしてもらったのだそうです。
そこで、自分には離婚に対して、収入面や、世間体や、海外での一人暮らしの恐怖があることに気づきました。
「自分に嘘をついて結婚生活を続けていたことに気づいたんです」

本当にカウンセラーが素晴らしい方で、目から鱗の連続だったとか。
「自分が知らなかった自分がどんどん出てきたんです。
そして、自分自身に正直に生きることを決めて、
16年間の結婚生活にピリオドを打つことにしました」

その後、なんと!そのカウンセラーに、無理やり弟子入りさせてもらって、NLPや催眠療法のテクニックを学んだ八多さん。
現在は、そこで学んだ手法と、独自に編み出した方法を使って、
ニューヨークと日本で「マインドヘルス・アドバイザー」をされています。

たとえば、傷ついた子供時代の記憶である「インナーチャイルド」。
「多くの方が、幼い時の辛い経験なんかはもう乗り越えて、
自分のインナーチャイルドは癒されていると思っていますが、
「それは経験を積んで理性と知性で、過去を理解できる大人になったからであって、
冷静に判断できない子供の自分は、未だに癒されないまま、
今この瞬間に存在しています」
と八多さんは語ります。

ときおり、
理由もなく突然悲しくなったり
体が震えるほど怖くなったり
不安になったり・・・
そんなことがあり、
「みんなは平気なのに自分だけなぜこんな風に感じるんだろう?」
と不思議に思うことはありませんか?

それが、ご自身の内に存在するインナーチャイルドの感情なんだそうです。
「インナーチャイルドを癒すセッションでは、ご自身の内側に存在するインナーチャイルドに会って、友達になって、対話して、理解をして頂きます」

インナーチャイルドが癒されると、
今まで無意味に怖かったことや不安だったことが減り、
自分らしく生き生きと生きられるようになるんだそうですよ♪

体験したクライアントさんからは、
・心の奥底にあった重荷を手放した感じがして、すっきりと軽くなりました!
・両親に対する嫌悪感が不思議なほどすっかり消えました
・インナーチャイルドの問題で、無意識のうちに周囲の人間との関係をギクシャクさせていたことに気付きました
といった感想を頂くということから、子どもの頃の感情に気付いてあげて、癒すことの重要性を感じますね。


今後は「癒しの旅」企画も

湾岸戦争のニュースや、911を経験したことから、
中近東の国々に恐怖心を持っていた八多さんですが、
エジプトにお住まいの日本人の方からの招待を受けて、
2017年3月にエジプトを旅行しました。

目的はピラミッドや神殿の観光でしたが、
そこで出会った、エジプト人の穏やかで暖かい人情に触れて、
エジプトにほれ込んでしまいました。
メディアで伝えられているのとは全く違った世界で、
意識の大きな転換が起きて、
それまで持っていた中近東の国々やイスラム教徒への偏見が無くなってしまったのです。

2018年9月には、フェイスブック・グループに登録していただいたメンバーと、エジプトに再訪。
参加者もエジプト人の人情にほだされて、エジプトへの見解が大きく変わりました。
愛の大切さに気づかれた方もいらっしゃいました。

次回のエジプト旅行は2019年3月。
今後は、癒しや旅行などの実体験を通して、みなさんの意識の転換を巻き起こすことだそうですよ。
ひとり一人が変わることで、世界に大きな変化が現れるのではないでしょうか***

03

八多恵子さんからの“道しるべ”メッセージ】

人間は生きながら、何度も生まれ変わることができます。
あぁ、もうダメだ。死んだ方が楽かも・・・という、どん底の「思いの死」を経て、生きながらにして、生まれ変わるのです。
生まれ変わると、開き直りに近い心境になって、怖かったことが怖くなくなり、
何も変わらないと思って諦めていた人間関係や環境が、好転していくのを感じるようになります。
新しい生がはじまると、ワクワクして人生が楽しくて仕方なくなりますよ。
だから、あきらめないで下さいね。

—————

私は輪廻転生を信じていますが、生きている間にも生まれ変わることができて、人生が好転する経験ができることには驚きです!
苦しみの中に居る人を、独自の手法で癒す八多さん。
多くの人をワクワクする人生に導いてあげてくださいね♪

八多恵子さん、ありがとうございました♪

【♪放送された音源はこちら♪】

 

02次回の『幸運(しあわせ)の道しるべ』は…

 12月9日(日)15:30〜
 (再放送:同日夜22:30〜、翌月曜15:30〜)
次回もお楽しみに!

(文責:中村のりこ)

カテゴリー: しあわせの道しるべ |

ゆかりんねでお届け~@平成琴姫のおめざメロディ

大正琴をリニューアルした完全オリジナル楽器「平成琴」を持ってパフォーマンスする
「平成琴姫」がお届けする番組「おめざメロディ」。2018年11月11日の放送は!?
2018 11月_181110_00162018 11月_181110_0002今日は何の日おめざメロディ
るか、りんね、イシカワでお届け、ゆずおやすみ!

♪毎週日曜あさ9時30分~10時放送。再放送・毎週日曜19時30分~20時
平成琴姫official Website

♪毎週日曜あさ9時30分~10時放送。再放送・毎週日曜19時30分~20時
平成琴姫official Website

カテゴリー: 未分類 |

ロックオン!ユアボイス…「生まれ変わるなら…男?女?」NZから来たミシェルさん

lockon_181109-1

あなたのハートに「ロック・オン!」
あなたの声を「ロック・オン(録音)!」
“Lock On! Your Voice”

タッキーBOX金曜日、心ときめくお楽しみコーナー。
その名も「ロックオン!ユアボイス」
箕面のあちこちで出会った人の声を「ロックオン=録音」して、ラジオでみんなにご紹介!
でもいきなりマイクを向けたら、やっぱりちょっとしゃべりにくい?
そこで、毎月テーマを決めて、その質問に答えてもらい、
そこからいろいろ聞き出してくYO!
【11月のロックオンテーマ】lockon_theme_2018-1111月8日(木曜日)。らいとぴあ21にて恒例開催「まなびカフェ」。
この日の講師はALT、箕面の小中学校に配属された英語ネイティブの先生。
とどろみの森学園で、そのALTを務めてるニュージーランド人のミシェル・ギブソンさん。
終了後にインタビュー、お応えしていただきました。
lockon_181109-2「ミシェルです」
生まれ変わるなら?私は女がいいですね。
なぜなら子どもを産めるから。
男性にはできないことです。
私には双子の息子がいます。もう大学生になっていて、とってもいい子たちですよ。
彼らとは毎晩スカイプでしゃべっているけど、今日はもう遅いから無理ですね。
時差が4時間、日本が夜の8時のときは、向こうは夜中の12時です。
来年2月に私に会いに、家族がみんなで来る予定。
会えるその日が楽しみです。lockon_181109-3ニュージーランドで13年間、幼稚園の先生をしていました。
園では子どもは思い思いに、好きなことをして過ごします。
外遊びを重視していて、よく外に連れて行きました。
日本へは教師の交換制度で、2年前にやって来ました。
とどろみの森学園の生徒は、とても楽しい子どもたち。
山と緑に囲まれた自然豊かなこのまちは、私が生まれ育った故郷・ローワーハットによく似てます。
休日には京都や奈良、神戸に名張も行きました。他にも行きたい場所がたくさん、沖縄や富士山も行ってみたい。
好きな場所はウォーターフォール!やっぱり箕面の滝でしょう。
それから勝尾寺も大好き。おみやげダルマはNZの幼稚園でも大人気!
子どもが気に入って遊んでいますよ。

■ロックオン!ユアボイス
放送日時:毎週金曜午後4時40分/翌月曜朝7時35分(番組「タッキーBOX」内)lockon_181109-4

カテゴリー: タッキーBOX, ロックオン!ユアボイス |

職場体験でタッキーへ 箕面第四中学校 松本勇紀さん

今年も、タッキー816では、箕面の中学生の職場体験を受け入れています。

11/8~11/9は、箕面第四中学校2年生の松本勇紀さんがタッキーへ!
初日から生放送「デイライトタッキー」と「オンガクノススメ」に出演。
オンガクノススメでは、自分の好きな曲をそれぞれ紹介してくれました。
2日目には松本くんが調べてきた「第四中学校」について、紹介してくれました。
そして、井上なおこさんの無茶ぶりにあい、生放送中に松本君の将来の夢である
「スポーツ実況」の練習も披露してくれました。

DSCF0641_4 DSCF0622_1

私は2日間ととても短い間でしたが、
とても充実したそしてとてもいい体験をこの職場体験でさせてもらいました。

1日目は、黄堂さんと関西大倉中学校3年生の西村宇翔くん、小枝俊輔くんと
デイライトタッキーに出演させてもらいました。
初めてのラジオ出演とゆうことで少し緊張したものの
それでもしっかり質問の受け答えなどが出来ました。ラジオ局の中は、
とてもみんな大忙しでテキパキされていてびっくりしました。
また、ヘッドフォンをつけて話すので
本当にアナウンサーになったような気がしてとても良い体験をさせて頂きました。
そして、途中のコーナーの「ママの学校」に出演させていただき
命の尊さなどとてもためになる話を聞かせていただきました。

昼からは、オンガクノススメにMomokoさんと
関西大倉中学校の2人と出演させていただきました。
途中には、僕の選んだ「栄光の架け橋」をかけさしていただき、
その後も会話をたくさんさせていただきました。
またその後は、2日目の「みのおnow」の原稿作りをしました。

2日目は井上さんとデイライトタッキーに出演させてもらいました。
10時45分から「みのおnow」にて四中紹介をさせていただき、
1日目よりかは緊張もほぐれはきはきとしっかり話せました。
途中では、実際に将来の夢である野球実況者の練習をさせて頂いたり
沢山の話題の会話に入らせていただきました。

ラジオに出演するというとても貴重な体験をここタッキー816でさせて頂きとても楽しかったです。
職場体験学習を通して将来の夢につながる
第一歩を踏み出せる体験をさせていただいて、とても嬉しく思います。
この経験を活かしてこれからもがんばりたいと思います。
2日間では物足りないくらい楽しかったです。
2日間という短い時間ではありましたがありがとうございました。

箕面第四中学校 松本勇紀DSCF0613_3 DSCF0614_2

カテゴリー: デイライトタッキー |

職場体験でタッキーへ 関西大倉中学校 西村宇翔さん 小枝 俊輔さん

今年も、タッキー816では、箕面の中学生の職場体験を受け入れています。
11/7~11/8は、関西大倉中学校3年生の、西村宇翔さん 小枝 俊輔さんがタッキーへ!
初日から生放送「デイライトタッキー」と「オンガクノススメ」に挑戦してくれました。
オンガクノススメでは、自分の好きな曲をそれぞれ紹介してくれました。
2日目には2人がそれぞれ調べた「関西大倉中学校」について、紹介してくれました。
DSCF0589_5

関西大倉中学校3年の小枝 俊輔です。
二日間お世話になりました。
一日目のデイライトタッキーは千波留さんとご一緒させてもらいました。
初日の一番最初という事で、リスナーの皆様に心臓の鼓動が聞こえるのではないかと思うほど緊張しましたが、
千波留さんにいろいろと緊張しない方法などを教えてもらい、何度か喋べらさせてもらいました。
千波留さんからラジオの進行のしかたなどを教えてもらいながらも、
雑談などをはさみ、とても和んだ場で体験させてもらいました。
写真家のゲストさんや、俳句のゲストさんといっしょに進行していく中で分からない事などもありましたが、
ラジオのなかで聞くことができてラジオを通してラジオ以外にも勉強になりました。
一日目のオンガクノススメでは的場さんとご一緒させてもらい、またまた緊張しながらも的場さんの雰囲気や、
明るい的場さんのギャグなどを交えて自然と緊張が解けていき、
僕がリクエストした『夜の窓辺から/KANA-BOON』のリクエストした理由などはリラックスした状態で説明できました。
僕は的場さんを見て、ラジオの中で緊張すればするほど間違えやすいのかなと思えました。
DSCF0555_1

DSCF0557_2

DSCF0560_3
一日目では緊張してばっかりでしたが、気づいた事は、千波留さんも、
的場さんもラジオを楽しんでいることに気がつきました。
二日目のデイライトタッキーは黄堂さんとご一緒させてもらいました。
学校紹介の時では、緊張していなっかったはずが自分の番になると、
緊張していたのか、むしろ緊張しなさ過ぎたのか、噛んでしまって、
それを多文化フェスティバルの紹介や、ゆずポチの紹介で引きずってしまい何度も噛んでしまって、
噛んでしっまっても、その場で心を入れ替えるべきだと思いました。
助産師さんの質問タイムでは、社会問題でもある少子高齢化と助産師さんについて聞けて、
自分ではだいぶ自分の思っていることなどを伝えれるようになったと思いました。
二日目のオンガクノススメはMomokoさんとご一緒させてもらい、
緊張もなくはきはきと自分の思っていることも伝えられたかなと思います。
学校の食堂の話や感想なども思い残すことなく伝えられたので良かったと思います。

タッキー81.6の方々へ
お忙しい中時間を割いていただき、貴重な体験をさせてもらいましてありがとうございます。
体験を通して学んだ経験をこれからも大切にしたいと思います。

関西大倉中学校 小枝 俊輔DSCF0605_6

11月7日(水)と11月8日(木)の2日間本当に箕面FMの皆様ありがとうございました。
たくさんの体験をさせて頂きました。
1日目はデイライトタッキーに千波留さんと一緒にラジオに出させていただきました。
私はラジオに出ることなどしたことがなくて、とても緊張していましたが、
千波留さん積極的に話してくれたので、千波留さんとの笑いが絶えませんでした。(笑)
1日目のオンガクノススメに的場 純平さんとラジオに出させていただきました。
デイライトタッキーの千波留さんとはまた違う雰囲気でした。
ぼくの好きな曲【にじいろ】もかけてくれたので本当に嬉しかったです。
面白いことばかり言っているのでここでも笑いが絶えませんでした。
この日を振り返ると、緊張した1日でした。
2日目は第四中学校の松本 勇紀くんと一緒にラジオに出させていただきました。
デイライトタッキーに黄堂 あゆ子さんと一緒に出させていただきましたが、
黄堂 あゆ子さんはテキパキしていてすごく頑張っていました。
この2時間はあっという間に過ぎていました。
2日目のオンガクノススメにはMomokoさんと第四中学校の松本 勇紀くんとラジオに出させていただきました。
Momokoさんも楽しく3人でラジオをしていました。
お弁当の具材の話や、学校の給食・食堂のご飯などの話をしていました
楽しかったです!!

この2日間本当にいろんな人にたすけて頂きました。
これからは、この経験を生かしてこれからの人生を生きていきたいと思います!
本当に箕面FMの皆様、2日間本当にありがとうございました。
これからも箕面FMの皆様頑張って下さい!

関西大倉中学校 西村 宇翔
DSCF0567_4

DSCF0613_8

DSCF0614_9

DSCF0610_7

カテゴリー: デイライトタッキー |

ついにミラーレスカメラが業務機材に昇格!@カメラとお散歩

毎月第一水曜日11時からお送りする「カメラとお散歩」ではスタジオに
写真家 宮本陽さんをお迎えして、カメラの楽しみ方や撮影エピソード、
ワンポイントアドバイスなどを聞かせていただきます。

今日のテーマは「ついにミラーレスカメラがお仕事機材に昇格!」

181107_カメラと
宮本さんは今年の8月に、ミラーレスカメラを業務に使用されたそうです。
それを踏まえてのミラーレスカメラの問題点やこれからの展望をお聞きしました。

まずはこれまでミラーレスを業務に使用できなかった理由ごとに、見ていきます。

a)ファインダーのタイムラグ
ミラーレスカメラのファインダーは、電子ファインダーです。
実際の景色が見えているわけではありません。
レスポンスにはわずかではあっても”時差”が生じており、
それを見てからシャッターを押していては、決定的な瞬間を撮り逃すことが考えられ、
これまでは業務には向かないと判断されていました。
しかし、今は問題のないレベルにまで”時差”が縮まってきています。

b) センサー読み出しによる「被写体の歪み(コンニャク現象)」
ミラーレス機のセンサーの読み出しが遅いために歪みが生じることもマイナス要因の一つ。
これも大きく改善されつつあります。

c) 撮影者の眼の疲労
電子ファインダーの性能も向上し、目への負担も軽くなりつつあると感じたそうです。

宮本さんが業務使用して感じたミラーレスカメラの最大のメリットは、
撮影した画像をそのままファインダー内で再生させることができること。
デジタル一眼レフの場合、撮り終わった写真は、バックモニターに表示されます。
連続撮影は、ファインダーから目を離し、バックモニターで確認し、
またファインダーを覗き込むという動作の繰り返しになります。
その点、ミラーレスカメラはファインダー内で再生可能。
しかもファインダー内で拡大表示もできるということで、大変便利。
これによって連続撮影もスピーディーにできることが、
業務使用には大きなメリットとなります。

逆に、デジタル一眼レフと比べて、イメージしたほど軽量化できていない、
レンズの大きさや重さとボディのサイズがアンバランスである、
レンズの比重が大きいのでマウントが壊れないか不安、
メーカーによってはレンズが揃っていないなどのデメリットも感じられたとのこと。

ご趣味で購入を検討される場合にも参考になさると良いかもしれません。

ちなみに、宮本さんが業務使用にと選んだのは
SONY(Sony α7mk3 + 70-200mm f2.8)でした。

宮本さんの過去アーカイブはすべて公開されています。
写真に少しでも興味を持たれた方は
宮本さんのウェブサイトをご参照ください。

And EM アンド・エム

今日は職場体験生の 関西大倉中学校3年生 小枝俊輔さん、西村宇翔さんが
一緒にお話しを伺ったこともあり、宮本さんの中学高校時代のエピソードも
飛び出しました。

「カメラとお散歩」毎月第一水曜日 午前11時〜
再放送 当日午後7時40分〜

**質問&作品 募集!!**
「カメラとお散歩」ではカメラや写真撮影に関する質問、ならびに
あなたの作品を募集しています。
いただいた作品には宮本さんからの講評やワンポイントアドバイスがいただけます。
なおご質問の際には、お使いの機種やどのような状況でのことかなど
なるべく具体的に教えてくださいね。
メールの件名は「カメラとお散歩」係。
816@minoh.netあてにお寄せください。
お待ちしています。
(文責:千波留)

カテゴリー: カメラとお散歩 |

職場体験でタッキーへ 箕面市立第三中学校 三由 悠太郎さん

今年も、タッキー816では、箕面の中学生の職場体験を受け入れています。
11/5~11/6は、箕面第三中学校2年生の、三由悠太郎さんがタッキーへ!
初日は生中継「わきたかしのぐるぐる商TIME」と「たかしくんとゆずるバス~テクて~く」に同行し、
パーソナリティわきたかしを存分に堪能してもらい、
翌日の生放送では、他市のサッカークラブ漬けの毎日を送る
三由さんが調べた「箕面第三中学校」について、紹介してくれました。

DSCF0530_3
DSCF0534_4
最初は、ラジオの仕事はどんな感じなのかと不安もあったけどみんな優しかったです。
昨日はわきさんと歩きました。
わきさんは、話を構成するのがうまくてすごかったです。
今日は、生放送のラジオをしました。
緊張したけど読み終える事ができました。
昨日も今日もどちらもいろんな事が勉強出来て楽しかったです。
これからもラジオを聞こうと思いました。
みなさん有難うごさいました。
ぼくが日本代表になってもタッキーの事を忘れません。

箕面第三中学校 三由悠太郎DSCF0525_1

DSCF0544_2

カテゴリー: デイライトタッキー |

アンチエイジングサロン Le Vert~ル・ベール~@和氣貴志のぐるぐる商タイム

箕面市内の元気なお店や会社を生中継でご紹介する
「和氣貴志のぐるぐる商タイム」。
お得な情報も放送中!!
【毎週月曜日11:00~OA】

アンチエイジングサロン Le Vert~ル・ベール~

業種:美容
住所:箕面1-9-31 クレール箕面301
TEL:0800-500-5551
営業時間:10:00~19:00
定休日:不定休

商タイム:ハーブピ―リング

ピーリングとは、古い角質を取り除き、
表皮の新陳代謝を促す美容法のことです。
ハーブピーリングでは、
海や山のミネラルを含んだハーブを使用しています。
月に一回たったの60分であなたも変わる!!03_s

02_s

01_s

カテゴリー: わきたかしのぐるぐる商タイム |