フランスの名指揮者 ジョルジュ・プレートルの演奏を@関西クラシック音楽同好会「午後のクラシック」

2017/09/03

 毎週日曜日の12時5分からお送りしている「午後のクラシック」。
箕面市立中央生涯学習センターで活動する関西クラシック音楽同好会のみなさんの選曲でお届けしています。
 奇数月の第1週は、メンバーのこだわりのチョイス&解説付きです。
 2017年9月は、丸川昌信さんの解説で、今年1月に92歳で亡くなったフランスの名指揮者 ジョルジュ・プレートルの演奏をお楽しみいただきました。
gogokura09 1924年、フランス北部のワジエールに生まれ、パリ国立音楽院を卒業後、22歳でオペラデビュー。
2010年には、史上最高齢の86歳でウィーンのニューイヤーコンサートの指揮者をつとめました。
番組では、パリ国立歌劇場管弦楽団によるモーツァルトのクラリネット協奏曲や、度々共演を果たしたマリア・カラスとのオペラを放送しました。

■関西クラシック音楽同好会では、毎月第3土曜日午後2時~5時、箕面市立中央生涯学習センターでレコードコンサートを開催中です。初めてのかたは無料でご参加いただけます。ぜひ、お出かけください。

■午後のクラシック:毎週日曜12時05分~12時55分放送(第1・2週は解説付き)