モリ・アキコさん「遠い空から-Love,Love Love Song-」@Monthly国際交流コンサート

2017/10/15

毎月第3日曜日の午後2時から4時まで、サンクス箕面2番館地下1階の
サテライトスタジオから公開生放送でお送りしているMonthly国際交流コンサート。
今月はモリ・アキコさんの「遠い空から -Love,Love Love Song-」をお送りしました。
ご出演はVo.モリ・アキコさん、P&Key.三浦敦子さん、Dindyさん。
171015_kokuryu1

昨年ご出演の際、制作に取り組んでいるとおっしゃっていた
新アルバムがついに今年四月リリースされました。
『遠い空から-Love,Love Love Song-』のコンセプトは、
「生きること」「死ぬこと」「愛すること」「食べること」。
人生の喜怒哀楽や感謝がぎっしり詰まった、モリさんの集大成とも言える作品です。
171015_kokuryu2
アルバムには「空」に関する曲が3つ収められています。
その中の一つ、アルバムタイトルにもなっている「遠い空から」は、
もう天国に旅立ってしまった、ミュージシャンへの思いを歌ったもの。
それにちなんで、それぞれ影響を受けた今は亡きミュージシャンの
お名前を挙げていただきました。

モリさんは「ナタリー・コール」。
小さい頃から歌うことが大好きだったモリさん。
ナタリー・コールに魅せられました。
「特に『Mr.Melody』が大好きで!何度もなんども歌いました。
 でもスキャットが難しすぎて、人前では歌えませんけどね(笑)」
そのナタリー・コールが亡くなったのは2015年12月31日。
あまりの衝撃に、大掃除をしながら大泣きしたそうです。
「遠い空から」はナタリー・コールに捧げた曲でもあります。

三浦敦子さんは「ジャコ・パストリアス」。
天才ベーシストであり、編曲家です。
三浦さんはジャコ・パストリアスの曲をピアノにアレンジして
ライブで演奏することもあるそう。
「1987年に35歳の若さで亡くなってしまったんですけど、
 できればもう一度コンサートへ行きたかったです」

Dindyさんは「スティーリー・ダン」。
1970年代に活躍したアメリカのバンドです。
「学生時代、彼らの音楽が好きで、LPレコードを買いました。
 レコードは今より価格が割高だったので、
 1枚買うにも厳選して買っていました。
 買えなかったものは、持っている友達から借りて聴いたりして。
 初めて大人とライブ・セッションしたのが”スティーリー・ダン”だったことにも
 思い入れがあります。もう新しく彼らの曲が聞けないことが寂しい」

きっと、誰の胸の中にも、今はもういないスターの姿があるのでは?
その思いを重ねてモリさんの「遠い空から」をお聞きくださいね。

171015_kokuryu3
今後のスケジュールなどのチェックはこちらで。
モリ・アキコさん→モリ・アキコ
三浦敦子さん→Select Live

(文責:千波留)


■Monthly国際交流コンサート:毎月第3日曜午後2時~4時生放送

(再放送 当日午後9時~11時、翌月曜午後2時~4時)