平尾誠二×山中伸弥 写真展ご紹介@デイライトタッキー

2017/10/18

10月18日放送のデイライトタッキー水曜日では、
現在 紀伊國屋書店グランフロント大阪店で開催中の写真展
「平尾誠二×山中伸弥 写真展」をご紹介しました。

これは10月5日に講談社から出版された
『友情 平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」』の刊行を記念して
開催されたものです。

写真展では平尾さんの現役時代の有志から、山中教授との交遊まで、
貴重な写真31点が展示されています。
ここにごく一部をご紹介します。
※いずれも写真/岡村啓嗣さん 写真ご提供/講談社
 転用を禁じます。
171018_daylight1

171018_dayligt4171018_dayligt3

なお展示された写真は希望者に有料で譲渡され、
収益全額は京都大学iPS細胞研究所への寄付金となる
チャリティイベントでもあります。
入場無料のこの写真展は、10月30日(月)まで、
紀伊国屋書店グランフロント大阪店(南館)で開催中。
ぜひごらんください。

写真展主催の講談社から、タッキーリスナー3名の方に
『友情 平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」』をプレゼントいただきました。

ご希望の方は住所、氏名、連絡先を明記の上「平尾選手と山中教授の本」係まで。
宛先は  電話 072-728-3210
     FAX 072-728-3733
     e-mail:816@minoh.net

締め切りは    10月  24日(火)
当選者の発表は  10月  25日(水) デイライトタッキー内で。

<本のご紹介>
171018_daylight2
『友情 平尾誠二と山中伸弥「最後の1年」』
著:山中伸弥/平尾誠二・惠子

(内容)
2010年、雑誌の対談で初めて出会った二人は急速に仲良くなり、
やがて親友と呼べる関係になった。
酒を酌み交わし、家族ぐるみで食事を重ねた。
こんな関係がずっと続けばいい。そう思っていたのに――。
二人が全力で挑んだがんとの闘い。

(書籍データ)
発売日 10月5日
定価  1300円(税抜)
四六版 216ページ
ISBN  978-406-220827-7

(著者データ)
山中伸弥(やまなか しんや)
1962年、大阪市生まれ。神戸大学医学部卒業、
大阪市立大学大学院医学研究科修了(博士)。
米国グラッドストーン研究所博士研究員、
京都大学再生医療科学研究所教授などを経て、
2010年4月から京都大学iPS細胞研究所所長。
12年、ノーベル生理学・医学賞を受賞。

平尾誠二・惠子(ひらお せいじ・けいこ)
1963年、京都市生まれ。81年、伏見工業高校で
全国高等学校ラグビーフットボール選手権大会優勝。
同志社大学では史上初の大学選手権3連覇を達成。
史上最年少(当時)で日本代表に選出される。
卒業後、英国リッチモンドに留学。86年、神戸製鋼入社、
日本選手権7連覇の立役者に。
98年に現役引退後、神戸製鋼コベルコスティーラーズGMに就任。
99年W杯日本代表監督。2016年10月永眠。享年53。
妻・惠子氏との間に長女・長男がいる。

(文責:千波留)