幸運(しあわせ)の道しるべ:第27回(12/3放送) 遠藤眞理子さん

2017/12/03

『幸運(しあわせ)の道しるべ』(30分番組)

毎月第1日曜 15:30〜
(再放送:同日夜22:30〜、翌月曜15:30〜)

誰にでもある人生のターニングポイント。
そのとき、何を感じ、どう選択していったのか。

フリーライター・コーディネーター なかむらのり子が、
公私で出会う素敵な方々を毎月ゲストにお迎えして、
その方の人生の転機についてお話を伺っていく対談番組です。

大きな波を起こすものではないけれど、
ラジオを聞く人の心に、小さな道標ができる。
そんな番組をめざしています。

今回のゲストは・・・
認定ハープ・セラピスト 遠藤眞理子さん

DSC_4753

<遠藤眞理子さんプロフィール>
●日本ハープ・セラピー協会認定ハープ・セラピスト
日本には2017年12月3日時点で4人という数少ない認定ハープ・セラピストのひとり。
アイリッシュハープ教室「シャムロック」主宰
「シャムロック」では、フランス派クラシックハープ奏法による演奏を教授しており、全国から神戸の教室に通う生徒さんもいる。
●「アンサンブル・シャノン」
アイリッシュハープ奏者5人による合奏グループとしても活動中。

DSC_4758


演奏とは違うハープ・セラピー

神戸でアイリッシュハープ教室「シャムロック」を主宰され、
フランス派クラシックハープ奏法による演奏を教授している遠藤眞理子さん
全国から生徒さんが通う貴重なハープ奏者でもあります。
一方、日本ではまだ数少ない認定ハープ・セラピストのおひとりでもあります。
ハープ・セラピーとは、演奏とは違い、
患者さんひとりひとりの心に寄り添って奏でられるもので、
1対1で、呼吸、血色、顔の表情、仕草などを細かく感じ取って、
その方の状態にあったハープの音の「音浴」をしていただくためのセラピーなんだそうです。
細胞のひとつひとつがハープの音を「波動」として受けるため、
意識のない方も、体全体でその波動を受けることで、
血色が良くなったり、驚くような反応もあるとか。
アメリカには1000人以上が病院職員として活動する職業でもありますが、
日本ではまだまだ発展途中。
セラピストの養成には2年を要し、日本では数人しか活動していない現状があります。
そんな貴重なセラピスト遠藤さんのハープ・セラピーも、番組内で披露いただきました。

DSC_4754

考え方が変わった阪神淡路大震災

元々、外資系銀行でバリバリのキャリアウーマンだった遠藤さんですが、
結婚・出産後もご夫婦で協力して子育てをしながら、
世界の金融業界の中で働いてきました。
スイス転勤をきかっけに退職し、専業主婦としての時間が始まりました。

帰国が決まり、日本での居住地を神戸に決め、戻ったのが1995年1月。
帰国後2週間足らずで阪神大震災に遭遇したのです。
被害はなかったものの、このことをきっかけに、
「自分のやりたいことはやっておかないといけないのではないか」
という思いが強くなりました。
子育ても落ち着き、自分の時間が持てるようになったとき、
兼ねてからやりたかったハープを学びはじめます。
これがハープとの出会いでした。

その後、教室で指導する立場になり、アンサンブルで施設を訪問する中で、
音で人が癒される力を目の当たりにすることも多くなりました。
認知症施設を訪問したときのこと。
全く反応もない高齢の女性が、ある曲を弾き始めたとたん、
英語で完璧に全コーラスを歌い切ったのです。
スタッフの方々もびっくり!
1曲の音楽が、そのおばあちゃまにとっての時間を巻き戻した瞬間でした。

そんな体験が続き、音楽の力を感じていた遠藤さん。
日本ハープ・セラピー協会が認定ハープ・セラピストを養成する話を知ります。
子育てなどの時期を見て、第2期のセラピストへの道を決めるのに時間はかかりませんでした。
今では、日本に数少ない貴重な認定ハープ・セラピストとして、
兵庫・大阪の病院や施設で活動されています。
この活動の中でもまた、意識のない患者さんが、ハープ・セラピーをすることによって肌に血色が戻ったり、
言葉を発することのできない状態だった患者さんが、歌を口ずさみ出したり、
奇跡的な体験を目の当たりにされ、ハープ・セラピーの有効性や必要性を感じていらっしゃいます。
【遠藤眞理子さんからの“道しるべ”メッセージ】
自分の人生を振り返って、後悔しないように
「やりたいときにやる」ということが大事なんじゃないかと思います。
もちろん、家族に迷惑をかけないようにしつつ・・・。
どこでなにがあるかわからないですからね。

まさに時代を走り、その時その時を見極め、感じ取ることをされてきた遠藤さん。
現在は、ゆったりと心に対峙するハープ・セラピーの中で、
おひとりおひとりの心に寄り添い、感じ取り、音を奏でるセラピストとして活躍中です。
正反対の世界のようですが、これもまた、遠藤眞理子さんの天職のように感じました。
今後、多くの認定ハープ・セラピストが生まれることに期待したいと思います。

遠藤眞理子さん、ありがとうございました♪

【♪放送された音源はこちら♪】
https://soundcloud.com/noriko-nakamura-592349645/2017-1203a

DSC_4762

 

次回の『幸運(しあわせ)の道しるべ』は…
 1月7日(日)15:30〜
 (再放送:同日夜22:30〜、翌月曜15:30〜)
次回もお楽しみに!

<放送の聴き方>
■ラジオで聴く(FM81.6MHz)
■PCで聴く http://fm.minoh.net/(地球儀マークをクリック!)
■アプリで聴く
無料アプリ「TuneIn Radio」をダウンロード
→「ローカルラジオ局」→「みのおエフエム」

(文責:なかむらのり子)