ハイスクールサミット 年末1時間SP・特別企画「哲学カフェ・ラジオ版」第3回、テーマは「校則」!

2017/12/29

samit-1箕面の四つの高校(箕面東高校・箕面高校・関西学院千里国際・豊島高校)が週代わりでお送りする番組「ハイスクールプログラム」(金曜夜9時30分~10時/再放送:日曜夜7時)。
第5週はスペシャルウィーク!四校合同の「ハイスクールサミット」を放送しています。
今回は年末ということで、さらにそのスペシャル版。番組枠を1時間に拡大することになりました!

【放送】※時間の変更あり
・12月29日(金曜日)午後10時~11時
・12月31日(日曜日)午後8時~9時

参加者は…
「箕面東高校演劇部1年、いはらです」「3年のとりばみです」
「箕面高校演劇部1年、だしまきです」「オムライスです」「放送部1年、ゆうきです」
「豊島高校放送部2年、やましたです」「りこです」

そして、今回も特別ゲストが参加してくれました。
「池田高校2年、すぴかです」
「コリア国際学園高等部3年、ふうこです」
「豊島高校放送部OG・大学生の、ばんです」
「科学技術学園高校1年、ほのかです」

スタジオに、過去最多となる11人が集結! これはにぎやかな収録になりそうだ!
なお、関西学院千里国際のRihoは、旅行先のデンマークからメッセージを送ってくれました。
「こんにちは、Rihoです。留学している姉を訪ねてやってきたこの国、今は午後3時半ごろには日が沈むので、一日が短い!
コペンハーゲンでは星の形の要塞や王宮、衛兵交代式などを見て、今はオールボーというまちに来ています。
日本よりもちょっと寒いけど、まちも人も食べ物も、全部とっても素敵な国。機会があればぜひ訪れてみて!」

さて今回は、「哲学カフェ・ラジオ版」に取り組むことになりました。
過去2回、番組で取り組んで、いずれも議論が白熱。大変聴きごたえのある内容となりました。
第1回の番組は、第19回近畿コミュニティ放送賞で優秀賞を獲得。
高校生の本音トークが評価されてのことでした。
第3回となる今回は、それらを上回る内容となるのか?
集まったメンバーで話し合った結果、テーマは

「校則」

と決まりました。
なお、哲学カフェのお約束は二つ。
「人の話を聞く」「人を傷つけない」
そのことを念頭に、トーク開始!
samit-2●制服について
参加校のうち、箕面高校は制服がありません。生徒はみんな私服で、中には「なんちゃって制服」を着ている人も。
「そもそも制服を着たくないから箕面高校に入った」「スカートをはきたくないので」
制服の高校では、スカートやリボンの色のバリエーションがあり、組み合わせが楽しめるところも。
箕面東高校は、女子のズボンもあるそうです。
「制服には、二つ意味があると思うんです。一つは、家庭ごとの格差が現れないようにすること。もう一つは、個性を出させないこと」
「私服だと、毎朝服を選ぶのが大変だし、制服でいいんじゃないかな」
「カーディガンの色が決まってたり、大きなワッペンはNGとか、しょうもない校則も多いよね」
samit-3●髪の毛の黒染め問題
大阪の高校で、地毛が薄い色の生徒に「黒く染めさせる」ことがニュースとなり、さまざまな議論を呼びました。
「うちの高校は髪染め禁止だけど、やっている人はちらほらいる。自分は染めたいと思わないけど」
そもそも、なんで髪を染めたいのかな?
「自己主張。個性を出すためでしょう」
「うちは通信制の学校で、社会人も多く通っています。校則もほとんどないので、クラスメートの髪が赤、金、赤、金(一同笑)」
校則は何のためにあるのでしょう?
「学校の評判を落とさないために、と先生が言ってました」
「以前、近所の学校が荒れていて、それを正すには校則が必要だったと思います」
「学校は社会に出る練習をするところ、そのためにルールを守ることを覚える必要があるから」
「ちょっと待って。大学に入ったら校則なんてほとんど無いし、みんな髪の毛染めたりパーマかけたりしてるよ?社会へ出るためというなら、その直前の大学でフリーになっちゃうのはおかしくない?」
うーむ、なるほど・・・!
メンバーの中には、ふだんあまり校則を意識せず過ごしているという人もいれば、めちゃくちゃ意識してますよ!という意見も。
制限された中で、どのように個性を出していくのか。
そもそも、生徒を信頼していないから校則があるのでは?
「日本の社会は、個性を出させない、個性を潰す社会。だから、高校は都合のいい人間を作るための『サラリーマン養成所』じゃないかな」
こんな厳しい意見も飛び出しました。
一方で、台湾に修学旅行に行ったメンバーから。
「向こうの学校を見学したら、授業中に飲食OKで、スマホもあり。とにかく自由、なのにその高校は偏差値がすごく高いんです」
これはけっこう、驚きの事実です。
日本でも、偏差値の高い学校ほど自由という印象はあり、低い学校でも校則はゆるかったりして、その中間が厳しくなっているのでは、と意見が一致しました。
現在の日本では、髪染めはほぼNGというのが「当たり前」。
そんな「校則」という当たり前を、見つめ直していくことが大事なのではないでしょうか。
samit-4以前にも増して活発な討論となった、今回の「哲学カフェ」。
参加したメンバーからも「いろいろな意見が聞けた」「違いが聞けて良かった」という感想が相次ぎました。
「こんな風に語り合う場が無かった。すごく楽しい、またやりたいです!」
ええ、ぜひまたやりましょう!

最後に、それぞれ「2018年にやってみたいこと」を言ってもらいました。
「助産師をめざして勉強する」「役者になりたいのでがんばる」「英検」「漢字検定」「声優のオーディションを受ける!」「好きな二次元アイドルのライブに行く!」「小説などの創作活動を行い発表する」「本州を飛び越えて旅をする」
それぞれの夢。語る瞳が輝いて、キラキラしています。いいねえ。
「私の夢はですねえ・・・」
おお、OGのばんさん。ここは先輩らしく!

「夢は・・・『ひとりラーメン』ですッ!」

・・・それ、2018と言わず、今日かなうから!みんなで行っといで!
「みんなで・・・それは、ひとりラーメンにならないのでは!?」samit-5