7年経った今。アサンプション国際中学校高等学校ハンドベルクワイア@みのたんらじお

2018/03/10

土曜日の午前11時~12時、メイプルホールロビーから
公開生放送している「みのたんらじお」(箕面市提供)

箕面市内で週末に行われる催しの情報や、ゲストをお招きしてお話を伺う1時間です。

箕面でイキイキと活動するみなさんをお迎えしてお話を伺うコーナー
「みのおコレ1番!」にはアサンプション国際中学校高等学校ハンドベルクワイアから
昨年8月に被災地を訪問された森柚香さん(高校3年生)、井上歩美さん(高校2年生)、
黒田絢都さん(高校1年生)、大村初さん(中学2年生)をお迎えしました。
DSCF7552_1
ハンドベルクワイアは、現在中学生8名、高校生9名の17名で、
校内のイベントや、箕面市内でのチャリティーイベント、
箕面市民合唱祭でのロビーコンサートなど様々な場面で演奏されています。
4人は昨年8月に、仙台で開催された
「日本ハンドベル連盟40周年記念アジアフェスティバル」に参加され、
フェスティバル終了後に、顧問の福田先生と一緒に、仙台の荒浜と閖上を訪問されました。
DSCF7553_3
現地で4人がそれぞれ感じた事、その中での学びや共有しておきたいことについても伺いました。
地域による復興の差や、海には今でも当時の沈んだ物が引き上げられていない現実、
過去の悲惨な歴史を正しく語り継いで、後世まで共有していく事がいかに大事か
現地を訪れ、被災者の方の声を聞く事で身をもって学べたと4人は仰っていました。
当時小学生だった4人が、中学生高校生になった今感じた
「大切な事」について、それぞれの言葉で語ってくれました。
DSCF7548_2
番組開始前や、曲が流れている間など、繁田さんとスタッフの間でも
自然と、日頃の防災への備えや、何か起こった時の対処など確認出来ました。

■毎週(土)午前11時放送(「箕面コレ一番!」のみ翌木曜日午前8時20分から再放送)