上方文化評論家・福井栄一さん@植田洋子とTea For Two

2018/06/06

ステキなゲストをお迎えして、楽しいトークと素敵な音楽をお届けします。
お茶でも飲みながらステキな午後をお楽しみください。
今週は、約半年ぶりに上方文化評論家・福井栄一さんをお迎えしました。

DSCF8686-1

11/3「文化の日」に生まれ、世界初の上方文化評論家として活躍している福井さん。
昨年12年かけて出版してきた干支シリーズがついに完結しました。
12冊ずらっと本棚に並ぶ様子は実に壮観ですよ。
今回は天神さんや天神祭のお話、また次に出版される本のお話も伺いました。

毎年7月25日に行われる天神祭。
福井さんはお仕事で、船渡御での講演や沿岸のホテルなどで船に乗る人たちへ予備知識をレクチャーしているのです。

大阪では日本三大祭りの一つと言われていますが法律で決まっているわけではないので、地域によってあげるお祭りは違ったりするのだとか。
旧暦では菅原道真のお誕生日である6月25日に行われていたそうです。
そして何の因果か、亡くなったのも2月25日と、日付が共通していたのです。
そのため毎月25日は「天神さんの日」として、露店などが立ち並ぶそう。

日本には八百万の神様がいると言われています。
それならば25日だけでなく、他の日も違った神様仏様の縁日に違いない。
ということで福井さんがクイズを出題!
8日、10日、13日、18日、21日、22日、24日、28日はそれぞれどなたの縁日でしょうか?





正解をご紹介します!
8日は薬師如来さん、10日は地域によって恵比寿さんの縁日でもこんぴらさんの縁日でもあります。
13日は虚空蔵菩薩さん、18日は観音さん、21日は弘法さん、22日は聖徳太子、24日はお地蔵さん、28日はお不動さんです。
みなさんはいくつ正解しましたか?

昔の人がいくら信心深かったといっても全部の縁日には行けなかったとは思いますが、生活のリズムにはなっていたのでは?と福井さん。
縁日を理由におでかけして、美味しいご飯でも食べていたのではないでしょうか?と。
また、神様仏様も人々の願いを叶えるのに忙しいので、縁日など願いを聞く気満々の日にお参りをした方が叶いやすいかもと笑っていました。

そんな福井さんの新しい本「奈良奇談集(仮題)」が夏頃に出版されます。
奈良の30ヶ所から40ヶ所ほどの名所・旧跡の奇妙なお話を現代語訳して集めている異色の奈良ガイドブックになっているそう。
どんなお話が読めるのか、今からわくわくですね。
また出版された際にはTFTに来てくれるそうです!

上方文化評論家・福井栄一さんに選曲いただいた音楽も織り交ぜてお届けしました。 

■6/6(水)午後3時放送(再放送は6/6(水)午後9時、6/10(日)午後5時)