HPFの夏…箕面東高校演劇部「ランランルー・ラジオ」(ハイスクールプログラム第1週)

2018/07/06

minohiga-1箕面のいろいろな高校が、週替わりで番組づくりに取り組む「ハイスクールプログラム」(金曜夜9時30分~10時/再放送:日曜夜7時)。第1週は箕面東高校演劇部の部員が「ランランルー・ラジオ」と題してお送りしています。

7月。
今年も、暑い季節が巡ってきました。
ちょっと気が早いけど、みんなの夏休みの予定は?
小林「父の単身赴任先、四国に遊びに行きます」
伊原「海に行きたいです」
横野「 〃 」
杉木「 〃 」
水着はどうしようかな、花火もしたいな・・・と楽しみなようす。
長いようで短い高校生活、ぜひ思い出に残る夏にしてほしいものです。

■ラジオドラマ「きらきらひかる」
高校の同級生、男女4人で星を見に来た夜。
織姫と彦星は、一年に一度会えるけど・・・
「オルフェウスとエウリデュケは、もう二度と会うことはできない」
私たちも・・・?
いや、そんなことないって。
これからも会えるさ。
また一緒に来ような。
・・・うん。

■HPFの夏
今年も「HPF(Highschool Play Festival)」のシーズン到来です。
大阪府の高校演劇部による競演。
箕面東高校の出演は・・・?

HPF箕面東高校演劇部公演「Races」
作:横野優希

日時:7月31日(火曜日)午後6時30分開演
場所:ウイングフィールド(大阪市中央区東心斎橋2-1-27周防町ウイングス6F)
料金:参加協力費 大人1000円、学生500円

「異種族間の恋愛がテーマで、狼女や人間が登場します」(作者)。
1年生の小林さんは「緊張します!」。
それに対して3年生は
「もう緊張なんてしないよね」
「セリフは飛ぶけどな」
3年生にとっては、最後のHPF。去年の今頃、とりばみセンパイがそう言ってたのが、ついこの間のことみたい・・・。
高校演劇に関わる時間も、残り少なくなってきました。
「それまでに、いかに後輩たちを焚きつけられるかだよね」
・・・奮起せよ、部員諸君!minohiga-2