ギタリスト・米阪隆広さん@植田洋子とTea For Two

2018/06/20

ステキなゲストをお迎えして、楽しいトークと素敵な音楽をお届けします。
お茶でも飲みながらステキな午後をお楽しみください。
今週は、ギタリストの米阪隆広さんをお迎えしました。

DSCF8793-1

関西を中心に活動しているプロのギタリスト・米阪隆広さん。
池田市の石橋で「米阪ギター教室」という教室もしています。
本日は愛用のギターと共にこのスタジオへとやってきてくれました。

ギターの音色は心を揺さぶる、と米阪さん。
ギターは指で直接弦に触れます。
そのため指や爪の形などで音は変わり、その人だけの音があります。
「あの人にしか出せないあの音が聴きたい!」、そう言われたくて現在も研究中だと米阪さんは語りました。

米阪さんとギターとの出会いは高校生の時。
家族のギターを見つけ、ポロポロと自己流で弾いてみたのが始まりだそう。
大学は音楽とは関係のない経済学部でしたが、ギター部で活動をしていたのだとか。
3回生の時にソリストをやり、人前で演奏することの魅力に取り憑かれてしまった米阪さん。
人のやっていないことをやろう!と当時から色々なことにチャレンジしていたそうです。

DSCF8795-2

今回、なんとスタジオで「ヘンリー・マンシーニ」の「ひまわり」を生演奏もしてもらいました。
曲の魅力を引き出しつつ、ギターらしくアレンジされた名演奏でした。
映画の主題曲ということもあってか、演奏会などでもとても喜ばれ、聴いている人の熱量を特に感じる曲の一つだとか。
当時20代だった方々が「青春時代を思い出した」と言ってくれるのだそう。

そんな米阪さんは、冒頭でも紹介したように池田市の石橋で「米阪ギター教室」をしています。
大手ではなかなか出来ない細やかなケアで評判の教室です。
子どもだけでなく、脳トレになるからと言って来てくれるご年配の方もいると米阪さんは言います。
見学も出来るそうなので「米阪ギター教室」でぜひ検索してみてください。

ギタリストの米阪隆広さんの生演奏と選曲いただいた音楽も織り交ぜてお届けしました。 

■6/20(水)午後3時放送(再放送は6/20(水)午後9時、6/24(日)午後5時)