TSK粟生サッカークラブの皆さん登場@みのたんらじお

2018/08/11

毎週土曜日あさ11時からメイプルホールロビーより公開生放送でお送りしている「みのたんらじお」(箕面市提供)
オススメの週末情報をご紹介したり、ゲストをお迎えして楽しいおしゃべりで過ごす1時間です。

この日からお盆休みがスタートされている方も多いかと思います。番組では渋滞中の車の中でも楽しんでいただけるよう、爽やかで元気になる曲をセレクトしてお送りしました。

20180811みのたん①

そして、箕面でイキイキと活動するみなさんをお迎えしてお話を伺うコーナー「みのおコレ一番!」には白のユニフォームが爽やかな「TSK粟生サッカークラブ」のメンバーから、フォワードの小林大晟さんと市岡輝さん(6年生)、ディフェンスの松元崚佑さん(5年生)、右サイドハーフの野瀬百葉さん(6年生)、ディフェンスの高岡泰成さん(4年生)、フォワードの杉本神楽さん」(4年生)、そして山本信吾監督と松田淳一コーチにご登場いただきました。

TSK粟生サッカークラブはもともと粟生幼稚園に通う園児たちを中心に結成されたサッカークラブです。
山本監督は粟生幼稚園で体育の先生をしていて、とにかく子どもたちが体を動かして楽しい!と感じてもらえるように練習でも
サッカー以外のスポーツも取り入れているそうです。チームのモットーは「全員試合出場!サッカーをみんなで楽しく!」
山本監督の元気で溌剌とした語り口からもチームみんなの仲の良さが伝わってきました。
26年の歴史を誇るTSK粟生サッカークラブからはプロになった選手も誕生しています。Jリーガーの下平匠選手、田尻健選手、芝本蓮選手です。
松田コーチはなんと初代団員で第1期卒団生!「今、子どもたちにスポーツを指導する仕事を選んだのもこのクラブで学んだことが大きいですね」と教えていただきました。

20180811みのたん②

未来のJリーガーを目指す⁈子どもたちにも色々質問していきます。
まずは挨拶がわりにみんなで輪になってリフティングやパスを見せてくれました。

20180811みのたん③

ほとんどが幼稚園の時からクラブに入団し、練習や試合を通して絆を深めてきました。でも小学生になってから入団しても大丈夫!市岡くんは4年生の時に入団しましたが、すぐにみんなと仲良くプレーできたそうです。
TSK粟生サッカークラブのいいところは?の質問には「チームワークがいい!」「みんな仲がいい!」と答えが。
ムードメーカーの高岡くんは「負けている時こそ大きな声を出して頑張る」と教えてくれました。

20180811みのたん④

サッカーの魅力は?の質問には「強い相手からボールを奪えた時!」と答えが。野瀬さんは「今まで他の習い事やスポーツをやってきたけど、このクラブで男子と一緒に練習して頑張りたいと思った」と教えてくれました。

20180811みのたん⑤

今年の夏は例年とは比べものにならないくらいの暑さで、練習も熱中症や体力に十分配慮しながら行なっているそうです。
夏休み中には幼稚園は関西サイクルセンターへ、1・2年生は兵庫へ、3・4年生は奈良へ、5・6年生は鳥取へキャンプに行くそうで、それぞれの年齢に合わせて楽しみながら過ごすプログラムを考えているそうです。この夏でみんなはまた一回り大きく成長でするんでしょうね!
練習の様子や入団についてはTSK粟生サッカークラブの公式サイトをチェックしてみてくださいね。

2018年8月11日(土)あさ11時から放送「みのたんらじお 」