ふらっとちゃっと 環境大座談会・テーマは「防災」

2018/09/09

flat_180909大阪大学で環境を学ぶ学生がお送りしているラジオ番組「ふらっとちゃっと」。
大学の先生や留学生をゲストに迎えたり、いま話題のテーマで討論したり、地域で行われている催しに参加して取材したり、毎月趣向を凝らしてお届けしています。

●環境大座談会!
いつもお送りしている「発掘大阪大学」のコーナーはお休みして、今回は特別企画。「環境大座談会」と題して、フリーの討論会を実施しました。
今回のテーマは「防災について」。
6月18日に発生した「大阪北部地震」、そしてその後の「平成30年7月豪雨」、さらに相次ぐ台風の襲来。かつてないほどの立て続けの災害で、改めて防災の大切さが問われています。
メンバーからは、これらの災害後に
・非常用持ち出し袋を買った
・スマホを常に充電しておくよう心掛ける
・家具の転倒防止
このような対策を実施しているという声が上がりました。
また、日本を訪れる外国人に、災害に対する心構えをどう伝えるかという問題提起も。
地震に慣れておらず、急な災害のときにどう行動すればいいのか…。
入国時にパンフレットを渡す?読んでもらえるのかな?
バーチャルリアリティの技術で、地震の揺れをあらかじめ体感してもらっては?
6月の地震の際は、多くの留学生が箕面市の避難所に集まりました。
言葉の問題など、課題は多いのが現状です。
こうした座談会で、今後も考えていければ・・・。メンバーたちにとって、有意義な時間となったようです。