劇団「すずしろ」アワー こうじかつみの『世界の旅と音楽』オランダ編

2018/09/08

 シニア劇団「すずしろ」の有志のみなさんが、趣向を凝らしたテーマでお送りする・劇団「すずしろ」アワー。2018年9月8日は、こうじかつみ「世界の旅と音楽」。
 こうじかつみさんのナビゲートで海の向こうへテイクオフ!ご自身が旅した国を音楽とともにご紹介くださっています。
 今回はオランダへ。suzushiro1809-1日本が鎖国時代、貿易が許されていたのはオランダと中国でした。
西欧各国の化学、医学、産物、兵器などを長崎の出島を通じて日本に紹介し、引き換えに日本のものを世界に輸出し富を得ました。
飛行機からオランダを見下ろすと、縦横に走る運河や河川、湖水地帯が目に付きます。
ネーデルランドとは、低い土地という意味なんだそうです。
 運河が美しい、小さな街ユトレヒト、キンデルダイクの風車群、キュウケンホフ公園、首都アムステルダム、レッドライト地区、古都デルフト、街の名前を有名にした二つのブルー(デルフト焼き、フェルメールブルー)などを旅しました。
音楽も、もちろんオランダにちなんで。
ジャズシンガー アン・バートン「It’s Easy to Remember」「Sunny」、3人の道化師の踊り」、世界的に人気のDJアーミン・ヴァン・ブーレン「Rising Star Touchi me」、ジャック・ブレル「アムステルダム」、映画「真珠の耳飾りの少女」から「フェルメールのアトリエ」を。
 今回もしばしオランダの人となった「世界の旅と音楽」の時間でした。
 次回の劇団「すずしろ」アワーは9/22放送。『ケンケンキョンキョンの音楽大好き!』です。お楽しみに!

◇劇団「すずしろ」アワー 第2・4土曜朝10:00放送(再放送・翌金曜15時)
◇劇団「すずしろ」のブログ