箕面ふるさとカレンダー2月・蓮くん@「聞かせて!ペット自慢」

2019/02/13

毎月 第2水曜日の「デイライトタッキー」内でお送りする
「聞かせて!ペット自慢」では、ワンちゃん、ネコちゃんなど
みなさんの家族の一員のご自慢話を聞かせていただきます。

今年からは、箕面市内に全戸配布されている箕面ふるさとカレンダー2019に
掲載されているわんこにスポットを当ててお送りします。

今月は2月のカレンダーに登場した わんわんパトロール隊員の蓮くんが、
スタジオに来てくれました!
蓮くんは5歳4ヶ月の柴犬の男の子。
お話ししてくれたのは蓮くんのママ 石橋依里子さんです。
2019年2月petWeb
子どもの頃から犬が好きだった旦那様はかねて一軒家を購入したら犬を飼いたいと
おっしゃっていました。犬は初めての依里子さんは飼うなら柴犬と決めていたそうですよ。

生後4ヶ月でやってきた蓮くん。
最初旦那様はなぜか、「シロ」(毛並みは黒なのに)「マイケル」と呼んでおられました。
そのどちらもピンとこなかった依里子さん。当時読んでおられた漫画『NANA』の登場人物
本城蓮の「蓮」という字がこの子にぴったりではないかと閃いたそうです。
旦那様も「蓮で良い。いや、蓮しか考えられない」とすぐに賛成。
内心で「マイケルちゃうかったん?」とツッコミを入れた依里子さんでした。

柴犬は飼い主にしか懐かない、という説があるようですが、蓮くんは全く
人見知りをしません。誰にも愛想よく懐くため、みんなに可愛がってもらえます。
今日も、スタジオでみんなに愛嬌を振りまき、可愛い可愛いと大好評でした。

そんな蓮くんですが、最近お家では少しさびしそうにしているんです。
というのも、旦那様と依里子さんにお子さんが誕生したから。
それまでの4年間、蓮くんは人間の子どものように育てられてきました。
いわば一人っ子として愛情を一身に受けてきたわけです。
可愛がられすぎて、たまには「ちょっと自由にさせてヨ」と、迷惑そうだったことも。
今は、もっと構ってと、ピスピス鼻を鳴らしたりします。
では、やきもちを焼くかといえば、そんなことはありません。
換気扇の音などで依里子さんが赤ちゃんの泣き声に気づかずにいると、
「泣いているよ」と知らせてくれるんですって。頼もしいお兄ちゃんですね。

箕面ふるさとカレンダー2019 2月の撮影は、昨年の今頃行われました。
蓮くんと阪急電車と梅のコラボ写真を撮影するため、電車のダイヤ間隔である
10分に1回しかシャッターチャンスが訪れません。しかもその瞬間に
蓮くんがじっとしていなくてはいけないわけで、結構時間がかかったそうです。
蓮くんがカレンダーに掲載されたことで劇的な変化があったわけではありませんが、
蓮くんのお散歩では有名人のお付きをしているような気がしてウキウキするんですって。

依里子さんから蓮くんへの一言は
「これまでもこれからも大好き。大事な宝物で家族だよ。
 最近は寂しい思いをさせてごめんね。蓮兄ちゃん、これからもよろしくね」

ピラティスのインストラクター(現在 産休・育休中)である依里子さんは、
将来ご自宅でピラティス教室を開催するのが夢なのですって。
その時蓮くんは間違いなく看板犬になってくれることでしょう。

190213_ペット自慢

「聞かせて!ペット自慢」毎月第二水曜日 午前11時~
再放送 当日午後7時40分~

(文責:千波留)