ピアニスト 前田峰子さん@植田洋子とTea For Two

2019/02/20

ステキなゲストをお迎えして、楽しいトークと素敵な音楽をお届けします。
お茶でも飲みながらステキな午後をお楽しみください。
今週は、ピアニスト 前田峰子さんをお迎えしました。

DSCF2037-1のコピー

ピアニストとして活躍する前田峰子さん。
さまざまなコンサートに出演したり、箕面でピアノ教室の先生もしています。
箕面市民歴は32年で、南小学校のコーラスグループの伴奏もずっと続けています。
昨年の10月にはザ・フェニックスホールで開催された関西音楽人クラブ主催のコンサートで連弾を披露しました。
さらに12月には豊中市ロシア領事館で、ピアノの編曲は珍しいタンゴの名曲の数々を連弾。
前田峰子 タンゴ」で検索するとyoutubeでその時の演奏を3曲聴くことが出来ます。

そして驚きなのが、落語家の桂三金さんとのコラボ活動です。
ヴァイオリンとチェロとピアノのトリオで、落語のお囃子を演奏するというもの。
歩いている場面では歩いているようなクラシック音楽を選びトリオで表現する、とても珍しいコラボだったそうです。

そんな峰子さんは音楽教室を30年ほど続けています。
昔と比べてピアノを始める子どもは多くはないけれど、逆に大人でやりたい!という人が多くなったんだとか。
生徒さんの最高齢の方はなんと80歳だそうです!

さらに峰子さんはお料理の達人でもあります。
小さいころから食べることが大好きで、良くお母さんと一緒に料理もしていたそう。
ピアノの練習は時間が経つのが遅いけれど、料理ならキッチンに一日いても苦にならないんだとか。
今までも家庭料理や中華料理、フレンチ、スペイン料理など、さまざまな料理を習ってきたそうです。
特にワインが大好きで、それに合う洋食を良く作るんだそう。
当然ワインの教室にも通っていたため、知識が豊富な峰子さん。
なんとご自身でもワインのレクチャーも含めたお料理教室もしているんです。

始まりは飲み会をした時に出した料理を美味しいと言ってもらえ、教えてほしいと頼まれたことから。
「ワインは750ccだから6人で分けるとグラス一杯の125ccになる。だから私を含めて6人集まったらやります」と冗談で言ったらすぐ集まってしまったと峰子さんは笑っていました。

峰子さんは最後に、これからも音楽とお料理を同時に頑張っていきたいと語ってくれました。

ピアニスト 前田峰子さんに選曲いただいた音楽も織り交ぜてお届けしました。
 
■2/20(水)午後3時放送(再放送は2/20(水)午後9時、2/24(日)午後5時)