ジェントルマン!な新人団員 沼尾俊夫さん@劇団「すずしろ」アワー『すずしろヒストリー』

2019/05/11

 2度目のニューヨーク公演をめざすシニア劇団「すずしろ」の有志のみなさんが、趣向を凝らしたテーマでお送りする・劇団「すずしろ」アワー。
5月11日は「すずしろヒストリー」。
秋田啓子さんが、すずしろゆかりのかたをゲストに迎え、お話を伺います。
今回は、劇団期待の新人、沼尾俊夫さんと。
1905suzushiro1
見た目も中身もジェントルマン、な沼尾さん。
どうしてこんなジェントルマンがすずしろに入団したの?
秋田さんのみならず、団員全員が疑問に思ったとか。
入団のきっかけは飲み屋さん。
沼尾さんいきつけのお店と、劇団員が毎週練習後に一杯ひっかけに行くお店が同じだったことが運命を決めます。
お店で顔見知りになり、団のワークショップに参加することに。
これまで演劇に全く興味がなく、ワークショップに参加しても団員のみなさんの芝居への情熱にしり込みしたという沼尾さん。
「自分にはむいていない」という結論を出しながら、ズルズルと現在に至るそうです(笑)
しかし、演出家の倉田操さんの指導はたいへん論理的で、なるほどと納得できたそうです。
すずしろに入団し、オーバー70で予想もしない人生を歩んでいるそうですが、
人に感動を与えることができる、自分の別の面を再発見できる、演目を完結させるためのチームワークが得難い、そんな魅力もすでに感じていらっしゃいます。
人生100年に向けて走る、沼尾さんと秋田さんでした。

劇団「すずしろ」のホームページ、ぜひご覧くださいね!→コチラ