まちのラジオ第3週 どっこい三味線&ごった煮座…みんなの初めて物語

2019/07/18

machiradio_190718-1箕面の元気な活動グループが週替わりでお送りする「まちのラジオ」(木曜午後3時、再放送は同日午後9時、翌日曜午後1時)。毎月第3週は、「どっこい三味線」と「ごった煮座」の二つのグループが協力して番組を制作しています。

今回は「みんなの初めて物語」。
初めて○○したときの思い出、というテーマで語り合いました。

浅井さん:初めての運転
免許取り立てのとき、妹を梅田まで送って行くことに(当時は大阪市内在住)。鼻歌混じりで運転していたらいきなりどこかの家の板壁に激突!幸い車は大丈夫でしたが、その後は「もう失敗したらあかん!」と必死の運転でした・・・。

篠山さん:東京で初めての運転
東京に住んでいた頃、兄の車を借りて出かけたら、ガソリンがほとんど無くて所持金もわずか。六本木から目黒へのややこしい道を走ってるうちに、いつの間にか一方通行を逆走・・・いっそお巡りさんに助けに来てほしい!と思ったくらい。結局、断念して引き返しました。

加納さん:初めてのピアノ発表会
まだ小さかった頃、初めてのピアノ発表会。演奏が終わらなかったという伝説を作りました。
自分の娘がピアノの発表会に出たときは、舞台に出てきてからおじぎもせず固まっていて、親子二代で人前であがる性格なのでした。

生井さん:初めてのクルーズ
先日、初めてクルーズ船の4泊5日のツアーを経験しました!なんてブルジョワな、と思われるかもしれないけど、意外にリーズナブル。食事は全部付いてるし、船内ではショーやイベントもいっぱい。寄港先での観光も、荷物は船内に置いて身軽に動けるし、交通費とホテル代込みと考えれば、全然ハードル高くないです。
え?タイタニックごっこ?・・・ビジュアル的にキツいかなと思ってやってません。

人見さん:初めてのことば
うちの孫が1歳ぐらいのとき、初めて発した言葉が、怒り口調で「れおん!」。
飼い犬の名前なんですけど、大人たちがいつも名前を呼びながら犬を叱るので、すっかりそれを覚えてしまったんですね・・・。今は1歳半で、「れおん!うるさい!」まで言えるようになりました。

熊野さん:初めての市長賞
今から30年前、私が還暦を迎えた頃に、描いた絵が大阪市長賞を受賞しました。私の絵は前衛的な抽象画で、絵画グループの他の仲間は次々と賞を取っているのに、私だけ何も無かったのでずっと悔しかったんです。受賞祝いの集まりで、しみじみと泣こうかなと思っていたら、戦中・戦後の苦労がよみがえって本当に号泣してしまいました。
その作品を箕面小学校に寄付したのですが、ある日5年生の児童が「あの絵を描いた人に会いたい」と私の家まで訪ねてきました。あいにく私は不在で、あとで家内から聞いて知りました。
それから約30年後に、今度は一枚のはがきが。あのとき訪ねてきた人からで、自分の子どもが箕面小に入学し、久しぶりに訪れた学校で、あの絵が階段の踊り場に飾られているのを見て、当時を懐かしく思い出したとのことでした。
本当に嬉しい思い出ですね。