ロックオン!ユアボイス…「異世界転生★職選び」道子さんのリトアニア旅行記

2019/09/13

lockon_190913-1

あなたのハートに「ロック・オン!」
あなたの声を「ロック・オン(録音)!」
“Lock On! Your Voice”

タッキーBOX金曜日、心ときめくお楽しみコーナー。
その名も「ロックオン!ユアボイス」
箕面のあちこちで出会った人の声を「ロックオン=録音」して、ラジオでみんなにご紹介!
でもいきなりマイクを向けたら、やっぱりちょっとしゃべりにくい?
そこで、毎月テーマを決めて、その質問に答えてもらい、
そこからいろいろ聞き出してくYO!
【9月のロックオンテーマ】isekaiあなたはゲームやファンタジーの世界に生まれ変わりました。lockon_190913-2
戦士、盗賊、僧侶、魔術師、この中で一つ職業を選ぶとしたら?

9月13日(金曜日)、箕面市半町・箕面川沿いの「アトリエリュシオル」を訪問。
主宰の夏本道子さんに、お話いろいろ伺いました。

「職業ひとつ選ぶなら、私は断然魔術師ですね」
マヤ暦によれば、私は「青い夜の白い魔法使い」。
mage生まれた日により決まるので、ぜひ自分の誕生日で調べてみて。
ここリュシオルは私の自宅で、リビングルームでコンサートをちょくちょく開催しています。
ついこの間、9月7日(土曜日)にはウクライナのバンドゥーラ奏者、カテリーナ・グジーさん。75本の弦をかき鳴らしつつ歌うその声の美しさ、使命を持って歌う生きざまに涙があふれるコンサートでした。

カテリーナさんとバンドゥーラ

カテリーナさんとバンドゥーラ

海外のアーティストがよく来てくれまして、イギリス人のライアー奏者ジョン・ビリングさんを皮切りに、アイルランドからはハープの女王ジャネット・ハーピソンさん、フィンランドからは伝統楽器カンテレ奏者のミンナ・ラスキネンさんや国民的グループ”カルデミンミット”のアンナさんなど、世界的な音楽家たち。「音の響きがとてもいい!」とリュシオルを気に入ってくれてます。

■リトアニア旅行&カンクレスワークショップ
 8月に私はバルト三国のひとつ、リトアニアを訪れました。
もともとリュシオルでは北欧の歌の勉強会をやってて、リトアニアの歌も歌っていました。それがきっかけで、ジェッミーナさんというリトアニアのカンクレス奏者とつながり、ワークショップに誘われたんです。
カンクレスは伝統楽器で、共鳴胴付きの細長い板に金属弦を張ったシンプルなもの。同種の楽器がフィンランドではカンテレ、エストニアではカンネル、ラトビアではクアクレと呼ばれています。世界三大叙事詩のひとつ「カレワラ」にも登場する、紀元前からの古い楽器です。lockon_190913-3lockon_190913-3a ワークショップは1週間、白樺林に囲まれたロッジで、ほとんどはだしで過ごしました。メニューは1日16時間、朝6時からマントラを唱え、ヨガをしてから朝食摂って、カンクレスの授業の他に世界の楽器の講義の時間も。午後は練習の合間に、海に泳ぎに行ったり、夜はみんなで手をつないで歌ったり、野外映画を楽しんだり。楽器だけじゃなくリトアニアの文化を丸ごと体験できました。lockon_190913-4
リトアニアの人たちは、本当に心が穏やかで優しくて、ちょっとシャイなところは日本人と似てるかも。手仕事で物を作り出す文化が普通に根付いてて、歌も踊りも大好きで、思わず抱きしめたくなる人たちでした。
リトアニアを知れば知るほど、悲しい過去の歴史がいっぱい。だけど未来はきっと明るい、これからの国だと思います。
物価は驚くほど安くて、食材はとても新鮮で、食べ物は日本人が飛び上がるくらい美味しいの!ビールやお酒も美味しくて、ここだけの話「海外旅行の穴場」。
・・・内緒にしておきたいから、絶対誰にも言わないでね?
※ラジオで放送しています

アトリエ リュシオル(フェイスブック)

■ロックオン!ユアボイス
放送日時:毎週金曜午後4時30分/翌月曜朝7時25分(番組「タッキーBOX」内)