A Springtime Of Love@「Monthly国際交流コンサート」

毎月第3日曜日の午後2時から4時まで、サンクス箕面2番館地下1階の
サテライトスタジオから公開生放送でお送りしているMonthly国際交流コンサート。
今月は「A Springtime Of Love」をお送りしました。
ご出演はPhillip Strangeさん(Pf)、吉田真理子さん(Vo)。
吉田さんはみのおエフエムには初登場、
フィリップさんは2014年6月以来、約4年ぶりのご出演です。
180415_kokuryu1
ずっと音楽が大好きだったとおっしゃる吉田さんは、ピアノを皮切りに、
ホルンなどの楽器を演奏されていました。
7年ほど前にボーカリストとしてデビューされてからは、
それまで「音」としてとらえていた音楽に歌詞が乗り、
また違った世界が見えてきたそうです。
吉田さんが歌うジャズやポップスの歌詞は英語。
「ずっと洋楽が好きで、幼い頃から耳で覚えた英語が今役に立っているのかもしれません」
とおっしゃる吉田さんは、2015年にファーストアルバム「Timeless My Tune」をリリース。
時がたっても色あせない曲の数々を収録しました。
このCDはウェブ販売は行わず、ライブ会場などで販売されています。
ぜひライブ会場へ!
180415_kokuryu2Web

一方のフィリップさんはこれまで、オリジナル曲のアルバムを何枚もリリースされています。
そんなフィリップさんが2011年にリリースしたのは、スタンダードナンバーを集めたアルバム
「One Summer Afternoon」。
これはフィリップさんがお父様に捧げたもの。
管楽器の演奏家だったお父様は、フィリップさんが子どものころから
スタンダードナンバーの良さを教えてくれました。
ずっとオリジナル曲にこだわっていたフィリップさんですが、
お父様が80才のお誕生日に、何をプレゼントしようかと悩んだ末、
物ではなく、お父様がお好きだったスタンダードナンバーを集めたアルバムを作ると決めたそうです。
もちろんお父様はこのプレゼントを喜んでくれたそうですよ。
180415_kokuryu3Web
フィリップさんの美しいピアノ、豊かな世界観のある吉田さんのDuoに
会場は大いに盛り上がり、放送時間が終わった後もアンコールの拍手が鳴り止みません!
オンエアには乗らなかった「Fly Me To The Moon 」は会場にお越しのお客様だけに
プレゼントされた一曲です。
最後までお付き合いくださった皆様、ありがとうございました!

次にフィリップ・ストレンジさんと吉田真理子さんのDUOが聞けるのは6月18日(月)、
堂島クレセントで。
その前に吉田さんは、5月12日に開催される
第19回神戸新開地ジャズヴォーカルクイーンコンテストの決勝に出場されます。
デモ音源での予選を勝ち抜いた11人が競うコンテスト。
「もともと歌は競い合うものではないのですが、
一つの大きな経験として挑戦させていただきます」
とおっしゃる吉田さん。いい結果が出ますように!
会場で吉田さんを応援したい方はこちらをご参照ください。

第19回神戸新開地ジャズヴォーカルクイーンコンテストHP

お二人のライブ情報などはこちらをご参照下さい。
吉田真理子さんのブログ→Marikoのブログ

フィリップ・ストレンジさんのFacebook→フィリップ・ストレンジ(Phillip Strange)

(文責:千波留)

■Monthly国際交流コンサート:毎月第3日曜午後2時~4時生放送
(再放送 当日午後9時~11時、翌月曜午後2時~4時)

カテゴリー: Monthly国際交流コンサート |

ピックアップ放送回!@平成琴姫のおめざメロディ

 大正琴をリニューアルした完全オリジナル楽器「平成琴」を持ってパフォーマンスする「平成琴姫」がお届けする番組「おめざメロディ」。2018年4月15日の放送は!?
2018-4月_180414_02382018 4月_180414_0213おめざピックアップ放送回!
スジナシストーリーぴったんこクイズ

♪毎週日曜あさ9時30分~10時放送。再放送・毎週日曜19時30分~20時
平成琴姫official Website

カテゴリー: 平成琴姫のおめざメロディ |

「摂津のすぐれもん」を大調査!関西大学政策創造学部 橋口ゼミ@エール・マガジン

hashiguti-1ガンバッテイルみなさんを応援する土曜日の「エール・マガジン」(14:15on air)、4月14日(土曜日)は、関西大学政策創造学部の橋口ゼミのみなさん登場!
橋口勝利教授のもと、地域に密着して地域の課題を解決するための研究レポです。

新年度になり、メンバー一新!
今回橋口ゼミ10期生から、3回生の福井雄大さん、駒田華穂さん、椿八詠乃さん、太田千裕さん、荒井美翔さんにご参加いただきました。
みなさんは「摂津班」として、大阪府摂津市の地域活性化をテーマに取り組んでいます。
工業地帯でさまざまな工場が立ち並ぶ一方、あまり行ったことがない・よく知らないというイメージを持たれがちな摂津市。実は元気な中小企業が、独自の商品を積極的に開発しているといいます。
そんな商品を認定した摂津ブランド、その名も「摂津優品(せっつすぐれもん)」。
メンバーのみなさんはそれぞれの企業を訪れ、商品開発や地域への思いなどを各社の社長にインタビューしてきました。
オーディオアンプ、ゴルフのティー、釣竿のグリップ、焼き肉のグリル、大人石けん…それらは、中小企業の横のつながりがある摂津だからこそできたものだそうです。
「インタビューの中で、逆に教わることがたくさんありました」
「社長さんたちの人柄や、人間的な温かみを感じました」
調査を進めながら、その魅力に気づいていった学生のみなさん。
ぜひ、いろんな人にもっと摂津を知ってほしい・・・!そう熱く語っていただきました。

カテゴリー: エール・マガジン, サタデーワイドフィーバー |

ロックオン!ユアボイス…「みのおポスト」をご存知ですか?

lockon-1

あなたのハートに「ロック・オン!」
あなたの声を「ロック・オン(録音)!」
“Lock On! Your Voice”

タッキーBOX金曜日、ハートもふるえるキュートなコーナー。
その名も「ロックオン!ユアボイス」
箕面のあちこちで出会った人の声を「ロックオン=録音」して、ラジオでみんなにご紹介!
でもいきなりマイクを向けたら、やっぱりちょっとしゃべりにくい?
そこで、毎月テーマを決めて、その質問に答えてもらい、
そこからいろいろ聞き出してくYO!
【4月のロックオンテーマ】

みのおの有名人といえば?

4月13日(金曜日)。
小野原の多文化交流センター、その1階にある「コムカフェ」。
くつろぐ人にインタビュー。

「箕面の有名人?やっぱり西川きよしさんでしょう」
テレビをつけたら毎日のようにその姿を見ますよね。
そういえば生で見たことも。
母が入っていた市内の特養、西川ファミリーやって来て、入所者にお話されてました。
毎年そんな風にして、慰問に来られてたそうです。
今日はボランティアで来てます。
在住外国人向けの情報紙「みのおPOST」、その編集に関わって、かれこれ5年になりますね。
市の広報紙の記事を抜粋、わかりやすい言葉に直し、英語に翻訳しています。
中国語と韓国・朝鮮語版も作ってるんですよ。
私は定年退職後、何か役に立てればと思い、参加を思い立ちました。
会社勤めの頃から英語は使ってましたので。
でも海外に行ったことなくて…教科書英語ってとこかしら。
家は箕面の西の端、ここは箕面の東部だから、違う地域に来て箕面のことをより知れたのが良かったです。

■ロックオン!ユアボイス
放送日時:毎週金曜午後4時40分/翌月曜朝7時35分(番組「タッキーBOX」内)

lockon-2みのおPOST

カテゴリー: タッキーBOX, ロックオン!ユアボイス |

まちのラジオ第2週 「月はぼくらの宇宙港」…最新の月探査計画とは?大阪大学理学研究科宇宙地球科学専攻准教授・佐伯和人さん

saiki-1荻島さん/五十嵐さん/佐伯准教授/桑江さん/平良さん
箕面の主な活動グループが週替わりでお送りする「まちのラジオ」。毎月第二木曜は、大阪大学社学連携事業。大学と社会のつながりをテーマに放送しています。
今回のゲストは、大阪大学理学研究科宇宙地球科学専攻・准教授の佐伯和人(さいき・かずと)さんです。

●少年時代…ホムンクルスづくりに挑戦!?
愛媛県出身の佐伯さんは、少年時代から数々の伝説(?)を残してきました。
「拾ってきた石を冷蔵庫に入れたりしてましたね」
これはちょっと困りもの。そこでお母さんは、佐伯さんのお兄さんに説得するよう頼みます。
お兄さんは佐伯さんを連れ出して、こう言います。
「あの松山城の石垣をごらん。何百年も経っているのに腐ってないだろう?だから、石は冷蔵庫に入れなくてもいいんだよ」
その言葉に納得して、ようやく冷蔵庫への石入れは収まりました。
他にも、何かの本に書いてあった「ホムンクルス(人工生命体)」を自分でも作ってみようと、空きびんにマヨネーズやコショウ、雑草などを詰めて調合。床下に安置して、いつできるかな…と楽しみにしながら、いつしかすっかり忘れて放置状態に。
「久しぶりに思い出して、恐る恐る取り出してみたところ・・・」
それはなんかちょっと見たくない感じのものに変質していたのです!
恐ろしくなり、そのまま元の場所に戻して、何も見なかったことにしたという佐伯さん。結局そのびんがどうなったかは、今でも謎のままだとか。
ひょっとしたら、本当にできていたのかもしれませんね。ホムンクルス。

●東大~フランス~秋田~大阪大学へ
 進学した東京大学で、鉱物学や火山、隕石の研究者としての道を選んだ佐伯さん。宇宙を研究したいという希望はあったものの、天文学専攻は狭き門、東大生の中でも本当に一握りの優秀な人しか進めなかったのでした。
「でも、宇宙探査に関わろうと思ったら、天文学者やJAXAのスタッフ以外にも、いろんな道があるんです」
 鉱物から、惑星がどうやってできたかを調べる。これも立派な宇宙の調査です。
小惑星「イトカワ」に着陸し、地球にサンプルを持ち帰った探査機「はやぶさ」。その開発にも佐伯さんは少し関わったといいます。
 その後、研究者としてフランスで1年間、帰国後は秋田大学で、衛星写真の解析を手掛けてきました。
 大阪大学への転任に際し、箕面に居を構えることにしたのは、もっぱら奥さんの勧めによるものだとか。山が近く、自然が豊かで、教育環境もすばらしい!
…こうして佐伯さん一家は、箕面の人となったのでした。

●著書「月はぼくらの宇宙港」が課題図書に!
 saiki-2佐伯さんが、子ども向けに書いた著書「月はぼくらの宇宙港」。月探査の最新情報や、新たに浮かんだ謎、宇宙港としての活用が期待される月の未来・・・。家庭で手軽にできるミニ実験コーナーもあり、宇宙に興味のある子どもたちにはまたとない一冊です。
 この本がなんと、2017年の全国の課題図書に選ばれました!
「それまでは本屋に行っても全然並んでなくて、しょんぼりしてたんですが」と佐伯さん。全国の中学生が読んで、読書感想文を書くという願ってもない展開となりました。

●月探査計画と新たな謎
 2007年に日本が打ち上げた月探査機「かぐや」。搭載されたカメラの開発チームに、佐伯さんは参加しました。特殊なカメラということもありましたが、難しかったのは実証テスト。月面に行ってテストするわけにはいかないので、真空や放射線の環境を再現しながらのテストが求められます。
 苦労のかいあって「かぐや」は無事打ち上げられ、月探査で大きな成果を上げました。
 現在は中国やアメリカなどで月探査への関心が高まり、探査計画が競って発表されています。日本でも負けじと、月着陸実証機「SLIM」計画が進行中で、順調なら2020年には、日本初となる重力天体への着陸が実現します。
 このSLIMに搭載が検討されているカメラを、佐伯さんは現在手掛けています。採用にはたくさんのハードルがありますが、実現すればこれは大きな成果。朗報を待ちたいところです。
 これまでの観測などから、月面には大きな空洞が存在したり、水の存在が予想されています。一方、月の表側と裏側の地殻成分の違いなど、まだ解明されていない大きな謎も残っており、人類の研究課題として、月は今なお空にかかり続けています。
 いずれ人類が自由に月に行くようになり、月の資源を利用して、そこから他の天体に向けて飛び立っていく…そんな「宇宙港」としての役割が期待されている、月。いつになるかはわかりませんが、そんな未来を思い描くのは楽しいことです。佐伯さんたちの研究が蓄積していくことで、それはいつか実現するでしょう。

●他の天体に行けるとしたら?
番組には、佐伯さんの研究室から学生の五十嵐優也さん、荻島葵さん、番組アシスタントとして平良理子さん、桑江良周さんに参加していただきました。
最後に、みなさんに質問。
もしもどれか一つ、地球外の天体に行けるとしたら?
荻島さん「やっぱり、自分が研究している月ですね」
五十嵐さん「ぼくは火星かな」
桑江さん「地球と似ているという、金星に行ってみたいです」
平良さん「私は・・・ブラックホール!」
・・・吸い込まれたら出て来られないよ!?
せっかくなので、佐伯さんにも。
「そうですねえ、木星の衛星『エウロパ』や、土星の衛星『エンケラドス』かな。水があると言われているので、そこに行って宇宙魚を釣ってみたいですね」
いますかねえ・・・宇宙魚・・・。

ホームページ「佐伯和人の惑星地質学・鉱物学研究室」

カテゴリー: まちのラジオ, 大阪大学社学連携 |

キャリアチェンジ犬 オスカーくん@「聞かせて!ペット自慢」

毎月 第2水曜日の「デイライトタッキー」内でお送りする「聞かせて!ペット自慢」では、ワンちゃん、ネコちゃんなどみなさんの家族の一員のご自慢話を聞かせていただきます。

先月、デイライトタッキー水曜日では、盲導犬育成の前段階を担当するパピーウォーカーボランティアについてご紹介しました。
パピーウォーカーボランティアをご存知ですか?(2018/03/21)

盲導犬関連のボランティアには、他にもキャリアチェンジ犬ボランティア、リタイア犬ボランティアがあります。
今月は、キャリアチェンジ犬ならびにリタイア犬ボランティア歴三十数年の豊中市在住 
太田敦子さんにお電話を結んでお話をお聞きしました。

キャリアチェンジ犬とは、盲導犬育成訓練を受けたものの、性格や体調などの理由で盲導犬にならなかった犬のこと。リタイア犬とは約10年盲導犬として働いて引退した犬のこと。それぞれの犬を家族に迎え入れるボランティアがあるのです。
太田さんがそれらのボランティアを始めたのは大学生の頃。同級生が、盲導犬ボランティアをしておられたのだそう。
もともと太田さんのお宅は犬がいないときがないほどの犬好きさん。ボランティアについては何の抵抗もなかったそうです。

現在太田さんのお家にいるのは、ラブラドールのオスカーくん 4歳。
180411_pet2Web
オスカーくんが太田さんの家に迎え入れられたのは昨年の夏のこと。キャリアチェンジ犬で、ボランティアで太田さんのお家に迎え入れられた7代目わんこです。性格はおとなしくて、
とても純真なんだそうですよ。オスカー君は盲導犬だけではなく、介助犬の訓練も受けたことがあるそうで、いつも人の役に立ちたいと思っているようです。

太田さんの経験からいうと、キャリアチェンジ犬はおとなしい子が多く、リタイア犬はやんちゃな子が多いとのこと。リタイア犬がやんちゃなのは盲導犬時代にユーザーさんに連れられて、いろいろな世界を知っていることと、その時に自分の欲を封印してユーザーさんのために頑張っていた反動かもしれませんね。

太田さんがボランティアとして気をつけていることは、わんこにもプライドがあるということ。それを最大限尊重したいと思っているそうです、また、家族に迎え入れた子達に、いろいろなことを教えてもらったり、支えてもらったと感じているそうです。
特にオスカーくんの先代、マイクくんは穏やかな良い子で、幼いお子さん達を見守るように優しく接してくれたそうです。マイクくん16歳の夏の日、そのお子さんとお庭に出したプールで遊んでいる時に天国へ旅立ったというエピソードに、千波留は涙が止まりませんでした。盲導犬として生きて来た生涯にふさわしい最期ではないですか。
今、一緒に暮らしているオスカーくんにかける言葉は「いつまでも純真でいてね」。
オスカーくん、そして太田さんのご家族に幸多かれ!
180411_pet1Web

盲導犬のパピーウォーカー、キャリアチェンジ犬、リタイア犬それぞれの受け入れに興味のある方は、ぜひ、こちらをご参照ください。

社会福祉法人 日本ライトハウス盲導犬訓練所
電話 0721-72-0914

ホームーページもご参照ください。

日本ライトハウス公式サイト

近畿圏外にお住いの方はぜひ、検索してお近くの団体をお訪ねください。

「聞かせて!ペット自慢」毎月第二水曜日 午前11時~
             再放送 当日午後7時40分~

(文責:千波留)
**出演者募集!!**
ペット自慢出演者を募集します。
写真添付、ご連絡先明記の上、「聞かせてペット自慢」のコーナにメールをお送りください。
アドレスは816@minoh.netです。
お待ちしています。

カテゴリー: 聞かせて!ペット自慢 |

しあわせの道しるべ:第31回(4/8放送)吉田有希さん

『しあわせの道しるべ』(30分番組)

第2日曜 15:30〜
(再放送:同日夜22:30〜、翌月曜15:30〜)

誰にでもある人生のターニングポイント。
そのとき、何を感じ、どう選択していったのか。

フリーライター・コーディネーター 中村のりこが、
公私で出会う素敵な方々を毎月ゲストにお迎えして、
その方の人生の転機についてお話を伺っていく対談番組です。

大きな波を起こすものではないけれど、
ラジオを聞く人の心に、小さな道標ができる。
そんな番組をめざしています。

今回のゲストは・・・
自力整体ナビゲーター
吉田有希さん

02

<吉田有希(よしだゆき)さんプロフィール>
大阪府吹田市生まれ。
京都精華大学美術学部卒業。
東洋医学がベースにある、自分で自分の体を整える「自力整体」のナビゲーター。
東洋医学をわかりやすく伝えるため、東洋医学講座も開催している。
ブログ『簡単!自分メンテナンス

吉田有希さんの著書

「からだイキイキ★トウヨウイガク」
東洋医学のいろは・体の不調の原因が4コマでわかる本

※上の写真で有希さんが手にしているのは、
からだの五臓の特徴をキャラクターにした
「まもるんじゃー5」。
有希さんの手作りのパペットたちです♪
←著書にもこの子たちが登場していますよ。

 

忙し過ぎる日々が続き、呼吸が困難に・・・

大学卒業後、20代後半から30代にかけて、
印刷会社でデザイン担当として忙しく版下作業を続ける日々でした。
そんなある日、デスクワークと過剰勤務で息ができない状態に・・・!
病院に行っても理由がわからず、謎の体調不良は続くばかり。

自分の体は自分で治したいと模索するうちに、「自力整体」に出会います。
その方法を自分に実践する内に、体調の改善を実感し、
自力整体ナビゲーターに転身することを決意し、印刷会社を退社。

その後、自力整体の研修で出会った東洋医学に感動し、
たくさんの人にその良さを広めたいと思い、
現在は、「自力整体教室」と共に
カルチャーセンターなどで「東洋医学講座」も開催中です。

2017年には、難しく考えがちな東洋医学を
4コマまんがで解説した
「からだイキイキ★トウヨウイガク」を出版されました。

体の不調が悪いとどういう症状が表れるか、
それにはどういう原因があるのか、
文字だけではわかりにくいことも
4コマまんがでわかりやすく紹介されています。
自分の体質チェックもできますよ♪

◆自力整体とは…
自分の体を自分でほぐして整える、体操法。
東洋医学由来のツボや経絡を刺激して体の巡りや詰まりを改善する。

◆東洋医学とは…
病気予防の統計学。漢方や鍼灸、整体などの元にある考え方。
体を全体でとらえ、体調・体質や不定愁訴などにアクセスできる。

03
タッキー816みのおエフエム
「ラジオ君とラジコちゃん」

東洋医学のキャラクター
「まもるんじゃー5」

なかよく集合!

 

忙しさの中の息抜きだったバンド活動

放送では、バンドで作詞とボーカルを担当された
楽曲『織月(おりつき)』も披露いただきました。
有希さんの透き通ったヴォーカルにビックリ♪
音楽活動もぜひ続けてもらいたいものです♪

【吉田有希さんからの“道しるべ”メッセージ】
私は今まで、無理をせずに、今の自分にできることを精一杯やってきたので、「できることは精一杯する」ということを心がけています。
あとは、人のために自分を出し惜しみしないようにしてからは、本当に飛躍につながっているなと思っています。

自力整体教室、東洋医学講座など
最新情報は吉田有希さんのブログをチェックしてくださいね♪
簡単!自分メンテナンス

有希さん、ありがとうございました♪

【♪放送された音源はこちら♪】

04

次回の『幸運(しあわせ)の道しるべ』は…
 5月13日(日)15:30〜
 (再放送:同日夜22:30〜、翌月曜15:30〜)
次回もお楽しみに!

(文責:中村のりこ)

カテゴリー: しあわせの道しるべ |

ふらっとちゃっと 新メンバーは走攻守(?)揃った逸材ばかり!?

flat-0(前列)鈴木さん/大前さん/門田さん/黒川さん
大阪大学で環境を学ぶ学生がお送りしているラジオ番組「ふらっとちゃっと」。
大学の先生や留学生をゲストに迎えたり、いま話題のテーマで討論したり、地域で行われている催しに参加して取材したり、毎月趣向を凝らしてお届けしています。

4月になり、番組に新メンバーが今年もドドドドと参加してくれました。
全員、環境エネルギー工学科所属の4回生。いずれも頼もしい面構え・・・。

■情熱のルービック・キューバー!?門田怜(かどた・れい)さん
吹田市出身。中学時代は卓球で大阪ベスト16に入るという活躍を見せましたが、高校では部活が禁止(選抜コースのため)で活動できず。大阪大学に入り、これでやっと卓球ができる・・・と再開しようとするも、高校時代のブランクは大きく、ついていけずに断念。今はポルダリング(壁登り)にはまっているそうです。
そんな門田さんの特技は、ルービック・キューブ!?

■独走のアイアン・ウーマン!?鈴木亜未子(すずき・あみこ)さん
静岡出身。とにかく子どもの頃から走るのが好きで、小学生のときに学校対抗の駅伝選手に選ばれます。本レースは他にもっと速い子がいたので控えに回りましたが、控えメンバーだけのためのレースではぶっちぎりの1位。中学~大学までずっと陸上部で走り続けてきた鈴木さん、趣味は一人旅だといいますが・・・。
「多少の距離ならどんどん歩いて、気がつくと20キロメートル歩いてたなんてことも。他の人がついてこれないので、一人旅になっちゃいますね」

■湖国のダンシング・ガール!?大前ひかり(おおまえ・ひかり)さん
滋賀県出身。小さい頃からダンスを習い、高校ではバトントワリング、大学でもダンスサークルで活動と、根っからの踊り好き。ぜひラジオでも披露してください!?

■九州のハイブリッドマン!?黒川祐輔(くろかわ・ゆうすけ)さん
大分県出身。中学時代はソフトテニスで、地区の強豪を破る活躍を見せます。その一方、子どもの頃からピアノも習っていて文武両道!?
なお、先輩メンバーの大西君もピアノとソフトテニスの両刀つかい。今度、連弾に挑戦しては?

みなさん、これからの番組作りへの意欲なども語っていただき、にぎやかなトークになりました。
これから、どうぞよろしくお願いします・・・などと言っている間に、もうエンディングに。
門田さん、せっかくだから、番組内でルービックキューブのタイムアタックやっちゃってよ!
「えっ、マジですか」flat-2flat-3flat-4
よーい・・・スタート!

カチャカチャカチャカチャ

マジ早!

「できましたァ!」

34秒77!!

すごい!本当に時間内に完成させおった・・・!
なんたる逸材。これは、来月以降の番組が楽しみです!

flat-1みんなで「ジョジョ立ち」!

カテゴリー: ふらっとちゃっと |

Road to Chaina!@平成琴姫のおめざメロディ

 大正琴をリニューアルした完全オリジナル楽器「平成琴」を持ってパフォーマンスする「平成琴姫」がお届けする番組「おめざメロディ」。2018年4月8日の放送は!?
inFukuokaただいま挑戦中!Road to Chaina !
どんな痛車が好きですか?
るかの読み聞かせフェアリーテイル
ゆったんのスジナシストーリー

♪毎週日曜あさ9時30分~10時放送。再放送・毎週日曜19時30分~20時
平成琴姫official Website

カテゴリー: 平成琴姫のおめざメロディ |

めざせミュージシャン!高校1年生 上田真生さん@エール・マガジン

たくさんのマイクの前で話す上田真生(うえだ まいく)さん

たくさんのマイクの前で話す上田真生(うえだ まいく)さん

ガンバッテイルみなさんを応援する土曜日の「エール・マガジン」(14:15 on air)!
4月7日の放送は、まさに高校生になったばかり!高校1年生の上田真生(まいく)さんをお迎えしました。

2016年11月、上田さんは、箕面第六中学校2年生のとき、タッキーへ職場体験に来てくれました。(そのときのブログはコチラ!)
ラジオが好きだという中学生は、吹奏楽部に所属し、話すことが大好きでクラスの人気者。
「真生(まいく)」の名のとおり、マイクの前でも物怖じすることなく明るく学校のこと、自分のことを伝えてくれました。
その後、箕面市の青少年弁論大会出場や生徒会の活動などで、たびたびタッキーの電波に登場。
そして、高校生になったのを機に、改めてゲストとしてお迎えしました。

なんと日常の言葉をまとめた語彙ノートを作って、知らなかった言葉や気になった言葉を書きとめ、自分で調べて、自ら会話に取り入れているんだとか!
トーク界の藤井聡太プロを彷彿させるまいくさん。これからどんな道を歩んでいくのでしょうか。
高校では自分がしてみたいことをどんどんする。将来はミュージシャンになりたいから、ピアノ、ドラムと学んできた。次はギターにも挑戦したい。軽音楽部や自分自身で活動していきたい、と話してくれました。
そして、自分と同じように厳しい目で、同じような音楽性をもつ人とバンドを組んで、ファンになってくれる人が楽しめて、繋がっていけるような音楽活動をしていきたいとしっかりと伝えてくださいました。
タッキーの新番組「発信!じゅーだいスクランブル」にも出演が決定。第5土曜日13:30放送です。
箕面の高校生、上田真生さんの今後にご期待ください!

■エール・マガジン…毎週土曜日14:15~15:00放送(翌週木曜日14:15再放送あり)

カテゴリー: エール・マガジン, サタデーワイドフィーバー |