ふらっとちゃっと 「マトリックス」の世界が実現!?中国・杭州からの留学生、シュ・ヨハンさん

flat-1(前列中央左)シュ・ヨハンさん
大阪大学で環境を学ぶ学生がお送りしているラジオ番組「ふらっとちゃっと」。
大学の先生や留学生をゲストに迎えたり、いま話題のテーマで討論したり、地域で行われている催しに参加して取材したり、毎月趣向を凝らしてお届けしています。

■発掘!Osaka University
大阪大学の先生や留学生をゲストに招いてお話を聞くこのコーナー。
今回のゲストは、中国からの留学生です。

「こんにちは、私はシュ・ヨハンと申します」
(大阪大学大学院工学研究科環境エネルギー工学専攻博士後期課程 環境設計情報学領域)

出身は中国の杭州。
浙江理工大学で情報学を学んだあと、研究を続けるための留学先に大阪大学を選びました。
研究テーマは「温熱環境のMR(複合現実)による可視化」。
何やら難しそうなタイトルですが・・・。
MRとはMixed Realityの略語で、AR(拡張現実)とVR(仮想現実)の中間的なものと言われています。
ARの代表的な例は、ポケモンGO。現実の世界に、デジタル情報が付加されたイメージです。
VRは映画「マトリックス」のように、架空の世界がデジタルで表現されるもの。
MRでは、現実世界に居ながらにして、リアルなデジタル情報が眼前に展開するといいます。
シュさんが取り組む「温熱環境の可視化」について、ふらっとちゃっとのメンバーが実際に体験しました。
使用するのは、ホロレンズ。
未来のサングラス、といったところでしょうか。
これをかけてみると・・・
「あっ、空気の流れが矢印になって見える!」
気温の違いも色で表示されて、一目瞭然。
これを使えば、部屋の設計や空調の検討などに大きく役立つことでしょう。
未来っぽくて、何だかかっこいい!
なお、研究室ではシュさんがこのホロレンズをかけて、何もない所でジェスチャーをしたり叫んだりする姿がよく見られるそうです。他の人には何も見えてないので、事情を知らないと「変な人!?」と思われてしまうかも。

他にも、日本のアニメが好きだったり、ゲームも大好き!というシュさん。
故郷の杭州は風光明媚な観光地で、おすすめは世界遺産の西湖だそうです。
できれば日本でIT関係に就職して、中国とも関わりを持ちながら活躍していきたい!
そんなシュさんの開発した製品を、日常的に使うようになる日が来るかもしれません。
できれば片目にかけるタイプで、相手の戦闘力が表示されるメガネがあるといいなあ・・・。flat-2

カテゴリー: ふらっとちゃっと |

公約実現!不屈のストリート魂、メイシアターに開花…シンガーソングライターMai Yamamotoさん@エール・マガジン

erumaga-maiyamamotoガンバッテイル皆さんを応援する土曜日の「エール・マガジン」(14:15 on air)!
6月9日の放送は、シンガーソングライターのMai Yamamotoさん、2回目の登場です!

前回、2015年11月の出演時に「夢は吹田メイシアターでのワンマンライブ」と発表したMaiさん。2年後をめどに、という当時の公約が実現することになりました。

Mai Yamamoto ソロコンサート at メイシアター
日時:9月30日(日曜日)午後6時開演
場所:メイシアター小ホール
料金:前売3500円、当日4000円
問合せ Mai Yamamoto オフィシャルサイト

この2年間、Maiさんが取り組んできたのはストリートライブ。
プロデューサーの指示で、初めて路上に立ったのが極寒の1月のことでした。
何もかも手探りで、本当にここでやってもいいの?という不安の中、見よう見まねで始めたストリートライブは、結局ビルの警備員に止められてしまいます。最初からキツい洗礼を受けたMaiさん、その後も途中で止められたり、歌う前に止められたり、寒くてギターを弾く指が動かなくなったり、とにかく苦難の日々を送ってきました。
「もしストリートをやってみたいという人がいても、おすすめはしないですね」
何度も何度も心を折られて、涙を流したことも。
それでも続けて来られたのは、聴いてくれる人たちがいたから。
最近は、歌う前にお客さんが待っていたり、差し入れをもらうこともあり、ようやく自分でも「手ごたえ」を感じ始めたそうです。
ストリートで体力も気力も鍛えられ、新しいつながりも生まれ、「やっぱりやって良かった」とMaiさん。他にもコラボレーションやCD作成などいろいろな活動を行い、ワンマンライブでは目標の動員50人を達成。プロデューサーから「そろそろいいだろう」とメイシアターでのソロコンサートへ、ゴーサインが出ました。
さしあたっての目標は、メイシアターを満席にすること。
そしていずれは、吹田から全国へ進出したい、まずは東名阪地域でライブをしたい、TVにも出たい。そのためには何でもやりますよ!
ストリートで培った不屈の魂を武器に、これから全国へと名乗りを上げていくMaiさん。今後も注目必至です!

カテゴリー: エール・マガジン, サタデーワイドフィーバー |

「共に生きる22コンサート」会場から!@みのたんらじお

土曜日の午前11時~12時、メイプルホールロビーから
公開生放送している「みのたんらじお」(箕面市提供)

箕面市内で週末に行われる催しの情報や、箕面のキーパーソンにお話を聞くコーナー
「みのおコレ一番」など、楽しくにぎやかな1時間です。
この日メイプルホールでは午後から「共に生きる22コンサート」が開催されるということで
朝からリハーサルや最後の練習に励む出演者のみなさんで大賑わい!!20180609_111731_1

箕面市内でイキイキと活動する皆さんをお招きしてお話を伺うコーナー「みのおコレ一番」のコーナーには
実行委員会のメンバー山野英樹さんと出演団体「箕面手をつなぐ親の会 モンキークラブ」から
坂口たえこさんと佐藤さやかさんをゲストにお迎えしました。20180609_102134_2
共に生きるコンサートは、平成9年に、吹奏学部の中学生と箕面育成園とのコラボではじまりました。
それから毎年コツコツと楽しみながら回数を重ね、今回で22回目の開催です。
会場では第1回目から今回までのパンフレットが歴史を振り返るように掲示されていました。
20180609_122359_4

今年は14組13演目のステージで、にぎやかで多彩なコンサートに成長しています。
出演団体は、障がい者団体、各種施設、中学校、演奏家のバンド
小学校の低学年から、80代と様々な世代の人が参加されています。
20180609_112135_3
出演者の坂口さんと佐藤さんは小学校の時からのお友達コンビで
毎年、コンサートでは出演と受付どちらも大忙しで担当されています。
今年はモンキークラブのステージでは
100人のメンバーから選抜20人で「なみだくんさよなら」と「みんながみんな英雄」を披露されました。
もし知っている曲だったら会場で一緒に歌ってくださいと仰っていました。

共に生きる22コンサートの様子は一部、タッキー816みのおエフエムでも放送します。
放送日時:6/15(金)10時45分から
是非お聴き下さい。

■毎週土曜日 午前11時放送(「箕面コレ一番!」のみ翌水曜日午前8時20分から再放送)

カテゴリー: 未分類 |

ロックオン!ユアボイス…2018FIFAワールドカップ大予想!阪急箕面駅前でアルゼンチンに2票!

lockon180608

あなたのハートに「ロック・オン!」
あなたの声を「ロック・オン(録音)!」
“Lock On! Your Voice”

タッキーBOX金曜日、聴けばウキウキお楽しみコーナー。
その名も「ロックオン!ユアボイス」
箕面のあちこちで出会った人の声を「ロックオン=録音」して、ラジオでみんなにご紹介!
でもいきなりマイクを向けたら、やっぱりちょっとしゃべりにくい?
そこで、毎月テーマを決めて、その質問に答えてもらい、
そこからいろいろ聞き出してくYO!
【6月のロックオンテーマ】

2018 FIFAワールドカップ大予想

開幕まであと1週間、4年に一度の蹴球祭典。
日本代表の調子は、どうももう一つな感じ。
本番までに調整し、見事な活躍期待したい。
道行く方にもインタビュー、期待のほどを聞きました。

●ノルディックウォーカーさん
日本に優勝してほしい、何が起こるかわからないから。
そのためまずはシンプルに「点を取る」ことからですね。
本田や長友、ベテラン勢のリーダーシップが鍵でしょう。
他にはやっぱりスペイン、ドイツが上がって来るんじゃないでしょうか。
今日は滝まで歩いてきました。
水量増えてて凄かったですよ。
そんな私のいでたちは、手にはストック、ノルディックウォーク。
習う時間が無かったので、自己流でやってるんだけど、やっぱり大分違いますね。

●にしやまさん
優勝はたぶんアルゼンチン。昔からの強豪国です。
選手はやっぱりメッシです、ボールを持ったらやっぱり強い!
その足さばきが面白く、ついつい見てしまいますね。
あとはスペインぐらいかな。
日本はまず予選突破、かなり微妙な状況だけど。

●くぼマーリーさん
アルゼンチンが優勝します!
ヨーロッパで活躍するスター選手が揃ってる。
以前、優勝してからかなり年月経ちました。
もうそろそろ来る頃だろう、そんな風に思っています。
日本はかなり厳しいでしょう、3戦全敗もあり得ます。
日本の選手で一押しは、槙野選手がいいですね。
好きなチームは大阪セレッソ。
ワールドカップ日韓大会、観に行ったことがありますよ。
長居で行われたチュニジア戦、すぐ目の前で森島ゴール!
あれは素晴らしい体験でした。

■ロックオン!ユアボイス
放送日時:毎週金曜午後4時40分/翌月曜朝7時35分(番組「タッキーBOX」内)

カテゴリー: タッキーBOX, ロックオン!ユアボイス |

ミラーレスカメラで「お仕事撮影」が可能に@カメラとお散歩

毎月第一水曜日11時からお送りする「カメラとお散歩」ではスタジオに
写真家 宮本陽さんをお迎えして、カメラの楽しみ方や撮影エピソード、
ワンポイントアドバイスなどを聞かせていただきます。
180606_cameraWeb

今月のテーマは「ミラーレスカメラで”お仕事撮影”が可能に」

2016年8月の放送でも、ミラーレスについてお話しをしていますが、
ミラーレスについて知っておこう@「カメラとお散歩」
ここ一年ほどで急激に環境が変わってきたため、最新の状況をもとに
お話ししていただきました。

1.ミラーレスのデメリットは解消されつつある
ミラーレスはファインダーがEV(電子ビューファインダー)なので、
実物の動きとファインダー表示にはタイムラグがあります。そのため、
スポーツなど動きの早い被写体には向かないとされてきました。
しかし、技術革新のおかげで、最新機種ではタイムラグがかなり少なく
なってきています。もちろんゼロではありませんが、スポーツやダンス撮影などの
シビアな撮影でなければ問題がないレベルです。そもそも静物や風景撮影の場合、
タイムラグはほとんど影響しないとも言えます。
また、ミラーレスはバッテリーの持ちが悪いといった点もデメリットとされていましたが、その点も改良されています。

2.仕事内容によっては、ミラーレスのほうが良いケースも
小型・軽量化されたミラーレスは撮影者にとって体力的な負荷が軽減されます。
職業での撮影は数千枚単位の撮影を行うこともあります。
しかも一枚ごとに精神を集中しての撮影なので、大変なハードワークです。
これに加え、従来のデジタル一眼レフのような重い機材を持って半日・一日撮影することは
大変な負荷となります。物理的な負荷が軽減されるのは大きなメリットといえます。
また、電子ファインダーは、絞りの効果や色などがシャッターを切る前に見えているので、
確認作業が楽になるといったメリットもあります。
一眼レフでも、撮影直後に確認は可能ですが、まず一枚を撮る必要があります。
とはいえ、クライアントの側から見た場合、問題点がないわけではありません。
極端な例で言えば、スマートフォンのカメラで撮影しているのを見たらクライアントは
どのように感じるでしょうか。デジタル一眼レフのような大きな機材で撮影するのと、
結果が同レベルに仕上がるとしても、顧客の満足度に違いが出てくることもあるでしょう。
そういう点から、”仕事内容によっては”という但し書きがつくわけです。

3.ミラーレスがどうしても超えられない壁
 タイムラグを承知で、シャッターを早めに押す「勘」が必要であること。
 絶えず液晶画面で確認しながらの撮影であるため、撮影者の目が疲れること。
 ミラーが動くことによって起こるシャッター音と、電子音でのシャッター音では
心地よさ、満足度が違うこと。
 ミラーレスの代表メーカーは電器メーカー系が多く、カメラメーカーとしての経験がたりないためのトラブルが見受けられる点。

以上のようなプラス面マイナス面を考慮した結果、
ミラーレスで”お仕事撮影”が可能であると言えるでしょう。
ただし、従来型の一眼レフも、高画素機として生き残るものと思われます。

もっと詳しいお話が聞きたい方や、宮本さんの写真講座にご興味がある方は
宮本さんのウェブサイトをご参照ください。

And EM アンド・エム

「カメラとお散歩」毎月第一水曜日 午前11時〜
再放送 当日午後7時40分〜

**質問&作品 募集!!**
「カメラとお散歩」ではカメラや写真撮影に関する質問、ならびに
あなたの作品を募集しています。
いただいた作品には宮本さんからの講評やワンポイントアドバイスがいただけます。
なおご質問の際には、お使いの機種やどのような状況でのことかなど
なるべく具体的に教えてくださいね。
メールの件名は「カメラとお散歩」係。
816@minoh.netあてにお寄せください。
お待ちしています。
(文責:千波留)

カテゴリー: カメラとお散歩 |

上方文化評論家・福井栄一さん@植田洋子とTea For Two

ステキなゲストをお迎えして、楽しいトークと素敵な音楽をお届けします。
お茶でも飲みながらステキな午後をお楽しみください。
今週は、約半年ぶりに上方文化評論家・福井栄一さんをお迎えしました。

DSCF8686-1

11/3「文化の日」に生まれ、世界初の上方文化評論家として活躍している福井さん。
昨年12年かけて出版してきた干支シリーズがついに完結しました。
12冊ずらっと本棚に並ぶ様子は実に壮観ですよ。
今回は天神さんや天神祭のお話、また次に出版される本のお話も伺いました。

毎年7月25日に行われる天神祭。
福井さんはお仕事で、船渡御での講演や沿岸のホテルなどで船に乗る人たちへ予備知識をレクチャーしているのです。

大阪では日本三大祭りの一つと言われていますが法律で決まっているわけではないので、地域によってあげるお祭りは違ったりするのだとか。
旧暦では菅原道真のお誕生日である6月25日に行われていたそうです。
そして何の因果か、亡くなったのも2月25日と、日付が共通していたのです。
そのため毎月25日は「天神さんの日」として、露店などが立ち並ぶそう。

日本には八百万の神様がいると言われています。
それならば25日だけでなく、他の日も違った神様仏様の縁日に違いない。
ということで福井さんがクイズを出題!
8日、10日、13日、18日、21日、22日、24日、28日はそれぞれどなたの縁日でしょうか?





正解をご紹介します!
8日は薬師如来さん、10日は地域によって恵比寿さんの縁日でもこんぴらさんの縁日でもあります。
13日は虚空蔵菩薩さん、18日は観音さん、21日は弘法さん、22日は聖徳太子、24日はお地蔵さん、28日はお不動さんです。
みなさんはいくつ正解しましたか?

昔の人がいくら信心深かったといっても全部の縁日には行けなかったとは思いますが、生活のリズムにはなっていたのでは?と福井さん。
縁日を理由におでかけして、美味しいご飯でも食べていたのではないでしょうか?と。
また、神様仏様も人々の願いを叶えるのに忙しいので、縁日など願いを聞く気満々の日にお参りをした方が叶いやすいかもと笑っていました。

そんな福井さんの新しい本「奈良奇談集(仮題)」が夏頃に出版されます。
奈良の30ヶ所から40ヶ所ほどの名所・旧跡の奇妙なお話を現代語訳して集めている異色の奈良ガイドブックになっているそう。
どんなお話が読めるのか、今からわくわくですね。
また出版された際にはTFTに来てくれるそうです!

上方文化評論家・福井栄一さんに選曲いただいた音楽も織り交ぜてお届けしました。 

■6/6(水)午後3時放送(再放送は6/6(水)午後9時、6/10(日)午後5時)

カテゴリー: 未分類, 植田洋子とTea For Two |

大事なのは家族写真「フォト・C・スタジオ」@和氣貴志のぐるぐる商タイム

【6月4日放送】

箕面市内の元気なお店や会社を生中継でご紹介する
「和氣貴志のぐるぐる商タイム」。
お得な情報も放送中!!
【毎週月曜日11:00~OA】

フォト・C・スタジオ

業種:写真業(写真撮影及び用品、機器の販売)
住所:稲6-6-14
TEL:072-730-2189
営業時間:9:00~18:00

「商タイム」:一生写真館で

創業以来、撮影したすべてのお写真を
保管しているので、例えば、お宮参りから
成人式まで、成長の過程をカタチに残せますよ。
一生の大事な瞬間をこの写真館で残しませんか?

01_s

02_s

03_s

カテゴリー: わきたかしのぐるぐる商タイム |

コスプレトーク!@平成琴姫のおめざメロディ

 大正琴をリニューアルした完全オリジナル楽器「平成琴」を持ってパフォーマンスする「平成琴姫」がお届けする番組「おめざメロディ」。2018年6月3日の放送は!?
S__16154668S__16154667良いコスプレの心得をきいたコスプレの話し。
ゆずってたまるかマイフェバリットソング!

♪毎週日曜あさ9時30分~10時放送。再放送・毎週日曜19時30分~20時
平成琴姫official Website

カテゴリー: 平成琴姫のおめざメロディ |

サロモシンガー・cyanさん、メジャーデビュー!めざすはシアンブルーの青空@エール・マガジン

cyan-1ガンバッテイル皆さんを応援する土曜日の「エール・マガジン」(14:15 on air)!
6月2日の放送は、サロモシンガーのcyan(シアン)さん、1年ぶりのご登場です!

サロモシンガーとは、聞き慣れない言葉ですが…。
「美容室のことをサロンといい、そのモデルを略して『サロモ』。シンガーソングライターもやっているので、そのままくっつけて『サロモシンガー』にしました」
友人の誘いでサロモを始めたのが3年前。最初は「とにかく可愛く写ろう」としていましたが、次第に服に合わせて表情を変えられるようになってきたそうです。
「ライブでも、この曲のときはこういう雰囲気・こういう表情で、と考えるようになりました」
サロモの活動が、cyanさんの音楽活動にも良い影響を与えているとのことです。
その歌唱力は折り紙付きのcyanさん。歌唱力コンテストのTV番組では、初代~7代目までの優勝者だけが出場するチャンピオン大会で、あっさりとグランドチャンピオンを獲得したといいます。また、韓流スターのリュ・シウォンに楽曲提供するなど、ソングライターとしても認められています。
そんなcyanさん、いよいよ6月6日にメジャーデビューが決定しました!
メジャーデビューシングル「青空/誰より、ずっと」を引っ下げて、今後各地でライブなどの活動を行っていくとのことです。
一見、トントン拍子のように見えますが・・・
「ここまでの道のりは、短くはなかったです」
上京して、今年で13年目。音楽活動を続ける上で、どうすれば目標にたどり着けるのか、悩んだりもしました。
「でも、やめたいと思ったことは一度もありません。絶対、努力は報われる!そう信じてやってきました」
続けていくコツは、いいイメージをふくらませること。私、妄想は得意なんですよ?といたずらっぽく笑うcyanさん。
そして、番組ではcyanさんの特技もご披露いただきました。
それはなんと、アナウンスのものまね。
球場、選挙、廃品回収、デパートなど、いろいろなレパートリーがあるそうですが・・・

<選挙>
「わき、わき たかしでございます」
<プロ野球>
「1番ン…ライト…わき…」(セクシーな吐息がコツ!?)
<高校野球>
「1番 レフト わきくん くん くん 

けっこう本格的!
そうこうしているうちに、もうお別れの時間です。
最後に、cyanさんの今後の夢を教えてください。
「日本武道館でコンサートをすることです」
それはcyanさんがまだ下積み生活を送っていた頃のこと。一人の友人に言われた「悔しかったら武道館に立ってみなよ」という言葉が、夢の源となりました。
3年前に亡くなったという友のその言葉を胸に、cyanさんはようやくメジャーデビューという、夢へのスタートラインに立ちます。
見つめるのは、はるかな高み。そこに広がるシアンブルーの青空をめざして・・・。

cyanさんのオフィシャルサイト
cyan-2

カテゴリー: エール・マガジン, サタデーワイドフィーバー |

もうすぐ本番!ダンスワークショップレッスン生のみんなが登場@みのたんらじお

毎週土曜日あさ11時からメイプルホールロビーより公開生放送でお送りしてる「みのたんらじお 」(箕面市提供)
オススメの週末情報をご紹介したり、ゲストをお迎えして楽しいおしゃべりで過ごす1時間です。
今週は初登場!合田都がパーソナリティーを務めました。(月・火の朝8時から放送のモーニングタッキーパーソナリティー)

箕面市内でイキイキと活動するみなさんをお迎えしてお話を伺うコーナー「みのおコレ一番!」にはいよいよ7月1日メイプルホール大ホールにて幕が上がります「Steage of Dreams〜元タカラジェンヌと舞台へVo.3」へ出演する子どもたちが登場してくれました。

20180602みのたん①

大川紗花さん、菰田芽久実さん、茶ノ前杜姫さん(小学校5年生)古閑心澄さん(小学校4年生)、小林悠華さん(小学校2年生)はダンスワークショップレッスン生です。

ダンスワークショップレッスン生は憧れの宝塚歌劇団OGとともに同じ舞台に上がりスポットライトを浴びたい!と集まった34人で、タカラジェンヌの方々を先生に、昨年12月からダンスレッスンに取り組んでいます。ダンスの指導は元花組の初花美咲さんと銀華水さんで、当日の舞台の振り付けも担当されています。

「Steage of Dreams〜元タカラジェンヌと舞台へ」は今年で3回目。7月1日(日)のメイプルホール大ホールの舞台公演がいよいよ迫ってきました。みんなの今の心境はいかに・・・?

まずは参加したきっかけから聞いてみると、「タカラジェンヌに憧れてて一緒にやって見たいと思ったから」「楽しいそうだったから」「お姉ちゃんがダンスをしているので私もやって見たくなった」と教えてくれました。そしてほとんどのみんながダンス初心者。「大変なところは?」の質問には「振り付けを覚えるのが大変」「振り付けを覚えても音楽と合わせると遅れたり上手く合わない時があった」「だんだんと踊りが激しくなっていって難しくなってきた」と。でも「楽しいところは?」の質問には「激しいダンスが上手く踊れるようになって来た時!」「振り付けを3回ぐらいで覚えられるようになった時!」と逆に難しい事を乗り越えた時が楽しい時だと教えてくれました。みんなすごいですね!

20180602みのたん②

7月1日の舞台出演を目指してダンスレッスンを受けるプログラム(ワークショップ)なので、練習はハード。ストレッチをしたらすぐに振り付け開始。3、4回で覚えていかないといけません。おうちでも練習したりしてレッスンの回数を重ねるごとに
形になっていっているそうです。

みんなに将来の夢を聞いてみると、5人とも「タカラジェンヌ!」「宝塚に入りたいです」と教えてくれました。そしてダンスを続けて行きたいそうです。この舞台をきっかけに未来のタカラジェンヌが箕面から誕生するかもしれませんね。

20180602みのたん③

みんなの努力と情熱が詰まった一度きりのショータイム「Steage of Dreams〜元タカラジェンヌと舞台へVo.3」は
7月1日(日)メイプルホール大ホールにて午後2時30分開演です。
ただいまチケットを絶賛発売中です。メイプルホール、グリーンホール、各生涯学習センターにて購入できます。
大人2500円、大学生高校生が1500円、小学生中学生が1000円です。お得なペアチケットもあるそうですよ。
詳しくはメイプル文化財団まで。(電話721−2123)

本番まであとちょうど1ヶ月。カッコイイ憧れのタカラジェンヌのみなさんとともに素晴らしい舞台を見せてくれることでしょう。みんな頑張ってね!

2018年6月2日(土)あさ11時から放送「みのたんらじお」

カテゴリー: みのたんらじお |