2011年06月29日の日記

<<  2011年06月 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

2011年06月30日(木)
発見!技あり日本@嬉野茶のお話
あひるの会がお送りする「ラジオ歌声広場」(まちのラジオ第五週)
2011年06月29日(水)
6月29日(水)モーニングタッキー・ビバ!弁当!!
左手のピアニスト 智内威雄さん(植田洋子とTea For Two)
2011年06月28日(火)
和気貴志のぐるぐる商タイム@螢廛蹈好織奪奸\顕峪業部
2011年06月25日(土)
みのたんらじお 6月第4週
ハートリング活動 野口英一さん@エール・マガジン
2011年06月24日(金)
タロリーナ・アケミの週末タロット占い(6/24)
2011年06月23日(木)
6月23日(木)モーニングタッキー・ゲスト
6/23(木)放送 まちのラジオ第4週
いきものばんざい!(モーニングタッキー)
6月23日(木)モーニングタッキー・ビバ!弁当!!
2011年06月22日(水)
11.06.22 Swingin' Jazz Express
2011年06月21日(火)
和気貴志のぐるぐる商タイム@ミドリファミリーショップ箕面駅前店
2011年06月20日(月)
法泉寺副住職 山下正和さん(モーニングタッキー)
2011年06月19日(日)
やまじまん&Speak Easy Band「あの日に帰りたい」@Monthly国際交流コンサート
2011年06月18日(土)
6/18(土)放送 みのたんらじお
LADA PETA ZUE@エール・マガジン
2011年06月17日(金)
タロリーナ・アケミの週末タロット占い(6/17)
2011年06月16日(木)
6/16(木)放送 まちのラジオ第3週
箕面高校放送部のみなさん(佐藤栄子のビバ!ブカツ)
2011年06月15日(水)
6/15(水)放送 植田洋子とTeaForTwo
6月15日水曜日 歳時記つれづれ・・・・第三水曜日のテーマは、お料理
2011年06月14日(火)
和気貴志のぐるぐる商タイム@日本政策金融公庫 十三支店
2011年06月12日(日)
塾の戦略・企画者 辰巳和功さん@ふらっとちゃっと
2011年06月11日(土)
みのたんらじお 6月第2週
山田善春さんのラジオ科学教室 VOL.34 @エール・マガジン
2011年06月10日(金)
タロリーナ・アケミの週末タロット占い(6/10)
2011年06月09日(木)
大阪大学の山中浩司教授(まちのラジオ第二週)
コーギーの空ちゃん@聞かせて!ペット自慢
2011年06月07日(火)
植田洋子さん@箕面の先輩!おじゃましま〜す!
和気貴志のぐるぐる商タイム@箕面山七日市
2011年06月04日(土)
箕面市グラウンドゴルフ協会から@エール・マガジン
6/4放送 みのたんらじお
6/4放送 みのたんらじお
2011年06月03日(金)
タロリーナ・アケミの週末タロット占い(6/3)
2011年06月02日(木)
箕面西南マジッククラブ
2011年06月01日(水)
6/1(水)放送 植田洋子とTeaForTwo

左手のピアニスト 智内威雄さん(植田洋子とTea For Two)
ステキなゲストをお迎えして、楽しいトークと素敵な音楽をお届けします。
お茶でも飲みながらステキな午後をお楽しみください。
今週は、箕面在住の”左手のピアニスト”智内威雄(ちない・たけお)さんをお迎えしました。
 画家の父、声楽家の母の間に生まれ、3歳からピアノを始めたという智内さんは、東京の音大を卒業後、ドイツのハノーファー音楽大学に留学し、国際コンクールでも入賞を果たすなど、将来を嘱望されていました。そんな折りに、突然右手が思うように動かせなくなったという智内さん。ジストニアという難病で、それからはリハビリに明け暮れる日が続きました。そんな智内さんに、ドイツの恩師が伝えた「左手のためのピアノ曲」が、その後の人生を変えたといいます。
「左手だからこそ表現できる、そんな音楽があることを初めて知りました」
左手のピアノ曲を発掘し、技術を研究しながら、試行錯誤で習得していく…そんな智内さんに「演奏を聴きたい」と声がかかるようになり、次第に依頼が舞い込むようになって、左手のピアニストとして活動していくことを決意されたそうです。
 演奏活動で忙しい中、智内さんが取組んでいるのは、左手のためのピアノ曲を集める「アーカイブプロジェクト」。演奏のようすを撮影し、インターネットで動画を誰でも見られるようにしています。
 「私以外にも、左手のためのピアノ曲を必要としている人は多くいます。そんな人たちのために、こういった演奏の資料を残すことが大切だと思いました」と智内さん。このような努力によって、将来多くの優れた左手のピアニストが生まれることでしょう。「自分の人生は、交響曲に例えるとまだ第一楽章の半ば、といったところでしょうか。私の後を継いだ人たちが、左手のためのピアノ曲をより充実させ、高めていく。そうなることを望んでいます」
壮大なシンフォニー…それはまだ、始まったばかり。智内威雄さんの、今後のさらなる活躍を期待しています!

↓智内威雄さんのホームページ(アーカイブプロジェクトも見られます)
http://tchinai.net/
2011年06月29日(水)   No.2801

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能

【 TOP PAGE 】


タッキー