2010年01月28日の日記

<<  2010年01月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

2010年01月30日(土)
フォークデュオ 赤尾健太さん&伊藤麻優さん@エール・マガジン
みのたんらじお 1月第4週
2010年01月29日(金)
「劇団すずしろ」オフオフブロードウェイへの道・1月号
タロリーナ・アケミの週末タロット占い(1/29)
2010年01月28日(木)
能楽師 山本哲也さん@まちのラジオ
萱北ジャンプ魂のみなさん(ビバ!ブカツ)
ボーイくん@「聞かせて!ペット自慢」
2010年01月27日(水)
西へ!東へ!生涯学習を楽しむ市民グループを探険!@タッキーたんけん隊・その3
西へ!東へ!生涯学習を楽しむ市民グループを探険!@タッキーたんけん隊・その2
西へ!東へ!生涯学習を楽しむ市民グループを探険!@タッキーたんけん隊
1月27日放送 スマイル健康!エンジョイ子育て!
2010年01月26日(火)
和気貴志のぐるぐる商タイム@ジュネ毛糸店
2010年01月24日(日)
ケルトの笛の演奏家・hataoさん(DJカーニバル)
2010年01月23日(土)
みのたんらじお@こども会フェスタ!(メイプルホールロビー)
セラピスト・占い師 朝ちゃん@エール・マガジン
2010年01月22日(金)
タロリーナ・アケミの週末タロット占い(1/22)
2010年01月21日(木)
NPO千の風のみなさん(まちのラジオ・ゲスト)
ラブちゃん@「聞かせて!ペット自慢」
2010年01月20日(水)
デンマークから、アレクサンダー・バン・ベンツさん
村田和美さん(植田洋子とTea for twoゲスト)
1月20日放送 スマイル健康!エンジョイ子育て!
2010年01月19日(火)
和気貴志のぐるぐる商タイム@ 肉の三田亭
みんなで川柳 1月号
2010年01月17日(日)
リッキービートルズライブVol.19@国際交流コンサート
2010年01月16日(土)
みのたんらじお
山田善春さんのラジオ科学教室VOL.25
2010年01月15日(金)
タロリーナ・アケミの週末タロット占い(1/15)
2010年01月14日(木)
箕面東高校弓道部のみなさん(ビバ!ブカツ)
「NALCわかばの会」のみなさん(まちのラジオ第二週)
石田ヒロキのSwingin' Jazz Express
元気くん&愛ちゃん@「聞かせて!ペット自慢」
2010年01月13日(水)
アルパ奏者・増永雅子さん(gooddayみのおスペイン語ゲスト)
1/13放送 スマイル健康!エンジョイ子育て!
2010年01月12日(火)
e-nation(イーネーション)箕面店
2010年01月10日(日)
箕面の山パトロール隊 佐藤直さん@ふらっとちゃっと
2010年01月09日(土)
みのたんらじお
2010年01月08日(金)
タロリーナ・アケミの週末タロット占い(1/08)
2010年01月07日(木)
桜塚高校OB・OG吹奏楽団@まちのラジオ
ショコラちゃん@「聞かせて!ペット自慢」
2010年01月06日(水)
福井栄一さん(植田洋子とTea for twoゲスト)
1/6放送 スマイル健康!エンジョイ子育て!
ピアニスト 村松健さん@モーニングタッキー
2010年01月05日(火)
止々呂美から射塲孝雄さん
もうすぐ106歳!小林たづ代さん@みのおの先輩!おじゃましまぁ〜す!
劉正宣さん(Gooddayみのお・中国語ゲスト)
2010年01月03日(日)
関西クラシック音楽同好会 西沢嘉祐さん
2010年01月02日(土)
サタワイ新春まつり開催!

能楽師 山本哲也さん@まちのラジオ
 箕面の主な活動団体のみなさんが週替わりで制作・出演する「まちのラジオ」。
第4週は「箕面市文化団体連絡会」が、「ラジオでつなごう箕面の文化」と題してお送りしています。

 今月は、箕面在住の能楽師 山本哲也さんをお迎えしました。
演者としてのみならず、次世代に『能』を伝えるために日本各地で活動されています。
能楽は意外とアクティブだと話す山本さん。
その一方で、無音を意識的に作り、シンプルな音を効果的に聞かせること、
「静」と「動」を表現することに醍醐味があるといいます。
実際に山本さんらTTR能プロジェクトが発売したCDを聞きながら、解説していただきました。
2月には、地元 箕面で謡と小鼓の体験講座 が開かれます。
日本の伝統文化のプロフェッショナルが箕面にいらっしゃる!
そして、市民や子どもたちにも体験の場を作ってくださる!ぜひ、体験してください!

☆山本さんのウェブサイト
■放送日時:1/28(木)午後3時放送(再放送は1/31(日)午後4時)
2010年01月28日(木)   No.2072

萱北ジャンプ魂のみなさん(ビバ!ブカツ)
大阪府の子どもたちが大なわとびで競い合う「第7回おおさか子どもジャンプアップ大会」(2009.12.25(金)門真市のなみはやドームで開催)。箕面から出場した萱野北小学校5年2組のチーム「萱北ジャンプ魂」が、準優勝というすばらしい成績を残しました。

円陣組んで「行くぞー!」
大会への参加を提案したのは、5年2組担任の日野先生。
「3年前、北小学校のチームがこの大会で優勝したと聞き、高学年を受け持ったらぜひ挑戦してみたいと思っていました」
半年前から練習に取り掛かりましたが、最初は数回跳ぶのがやっと。こんなので、本当に大会に出られるの・・・?最初は半信半疑だった子どもたち。それでも、休み時間や放課後、夏休みにも学校で練習を重ね、記録が伸びていくに連れて子どもたちも手ごたえを感じ始めました。
大会へは、事前に跳んだ最高の回数を申告します。各校一チームしか参加できないため、5年1組と5年2組のどちらかが学校代表となります。競り合いの結果、5年2組の記録が上回りました。
5年2組が跳んだ432回の申告は、大阪府で4位の記録。堂々と本大会に進めることになりました。大会の前日、メンバーの一人が足をケガして急きょ欠場となるアクシデントもありましたが、跳べなくなったその子の分までがんばろう、そんな思いで大会に臨んだ萱北ジャンプ魂でした。

12月25日、大会当日。
会場のなみはやドームには、府下のチームが集結し、大変なにぎわい。ともすれば雰囲気に飲まれそうになる、そんな彼らを勇気づけたのは、応援に駆けつけた保護者や5年1組の子どもたち。萱北ジャンプ魂は声援に応えます。3分の間に連続で跳んだ回数を競う予選で、なんと355回という驚異的な記録を叩き出したのです。ダントツの一位通過で、最後の戦い・決勝戦に臨みました。
時間無制限、一回きりのトライアルが決勝ルールです。彼らの前に立ちふさがった最大のライバルは「風魔神」。交野市立交野小学校のこのチーム、先に跳んで出した記録は929回。萱北ジャンプ魂の前に、大きなハードルを残して結果を待ちます。
しかし彼らはくじけませんでした。「練習では千回を超えたこともある、普段どおりやればきっと勝てる」最後の跳躍が始まりました。無心で跳び続ける選手たち。見つめる観衆。声援。


縄は、755回を跳んだところで止まりました。



届かなかった…!
その場に、泣き崩れる選手たち。残念、優勝はなりませんでした。泣きつづける子どもたちに向かって、担任の日野先生は声をかけます。
「もっと胸を張ろうよ。君たちは、すごいことをやったんだよ」
萱北ジャンプ魂、準優勝。そう、これは素晴らしい成績です。
惜しかったけど、次の大会ではリベンジを果たして優勝したい。子どもたちの胸に、新たな目標が生まれたようです。
「今度は『風魔神』に勝って、宇宙一になりたいです」
え?どうして「宇宙一」なの?
「だって、宇宙では他にこんな大会やってないだろうから…」
なるほどー。

実際にとぶところを見せてもらいました。
大なわの長さは、約17m。両端に棒がついていて、この棒を持って回します。
初めに回し手が大きく声をかけ、呼吸を合わせてスタート。タン、タン、タン…回転が速い!通常の大なわとびの二拍子とびではなく、一拍子でとび続けます。「もっと声出してー!」「外にふくらむなー!」「集中ー!」20人の選手は、自らも大きく声を出しながらとびます。見守る子どもたちも絶えず声援を送り、数をカウントし、選手にアドバイス…そのようすは、あたかも「全員でとんでいる」ような印象を受けました。
インタビューしながら感じたのは、クラスに流れる居心地のいい雰囲気。一つの目標に取り組み、結果を残したことで、みんなの結束が高まった。そんなことを肌で感じました。全員が真剣に取材に応えてくれた5年2組・萱北ジャンプ魂のみなさん、本当にありがとうございました。

萱北ジャンプ魂、次は優勝だ!
2010年01月28日(木)   No.2070

ボーイくん@「聞かせて!ペット自慢」
第1〜第4木曜日にお送りする「聞かせて!ペット自慢」では、ワンちゃん、ネコちゃんなど
みなさんの家族の一員のご自慢話を聞かせていただきます。
今日は桜にお住まいの入沢 史子さんにお電話をつなぎました。

入沢さんご夫妻と、一緒に暮らしているのは、ゴールデンレトリバーのボーイくん10歳 男の子。

ご友人宅にゴールデンの赤ちゃんが生まれ「ちょっと見せてもらうだけ」だったはずが
あまりの可愛さに旦那様がノックダウン。
柴犬の朝太郎くん、猫のビッキーちゃんという先住者がいるので、どうなるか危ぶまれましたが
無事に家族になれました。朝太郎くんとビッキーちゃんは既にお星さまになり、現在ボーイくんは一人っ子。
ゴールデンレトリバーは成長が早く、毎朝起きてみる度にむくむく大きくなり、今となっては
「もっと抱っこ出来るときにしておくんだった」と思うこともあるそうです。
ドッグフードが合わなくて、お腹をこわすことが多かったボーイくんのため、あれこれ研究した史子さん。
ついに出会えたのが「生食」。肉も野菜も可能な限り生の状態で食べさせる…よく考えたら
犬のルーツ、狼と同じ食生活ですから、理にかなっているのかも。
以来、ボーイくんはいたって 元気。

ところで、ボーイくんは先週登場のラブちゃんの彼氏です。
ボーイくんが生後半年で出会って以来、約10年間のお付き合い。
いつもは黙って眠るボーイくんがラブちゃんと会えた日は寝言を言うのですって。
今もときめいていられるって、素敵。
「ボーイは穏やかで、周囲への思いやりを感じます。彼がいるから私たちがいる…
ちょっと大げさですが、そう思うんです。長生きしてね」と史子さん。

美男美女、ラブちゃんとボーイくんのツーショットを拝見したいです。
(千波留)
■聞かせて!ペット自慢 第1〜第4 木曜9:30〜
**出演者募集!!**
ペット自慢出演者を募集します。写真添付、ご連絡先明記の上、メールをお送りください。
メールの件名は「ペット自慢」で:816@minoh.net
お待ちしています。
2010年01月28日(木)   No.2069

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能

【 TOP PAGE 】


タッキー