着物リメイクで今と昔をつなぐ「Atelier Lapin」…@和氣貴志のぐるぐる商タイム

箕面市内の元気なお店や会社を生中継でご紹介する「和氣貴志のぐるぐる商タイム」。
お得な情報も放送中!!
【毎週月曜日 午前11時~】
今回は、「Atelier Lapin」(アトリエラパン)さんを紹介しました。

【8月15日放送】
業種:着物リメイク
営業時間:10:00~17:00
定休日:日曜日

「商タイム」:オンラインストール

着物を処分するのは「ちょっと待った!」
リメイクすると、ドレスや小物、ストールなどに大変身しますよ。

デザイナーの小野恵美子さんが、オーダーメイドで制作。受け継いできた着物で、世界に一つだけのドレスや小物を作ることができます。
お店の名前は、「Cotani」(コタニ)です。

以前、百貨店でのイベントで、着物の残った生地でストールを作ったところ、とても好評だったそうで、オンライン会議などカメラに映るときの、首元のアクセントとして使ってほしいとの思いから、「オンラインストール」と名付けました。
DSCF2651

昔は、洋服の製造に携わっていた小野さんが、友人から「銘仙」を教えて貰い、そこからアンティーク着物の世界に入りました。現在は、イベントや個展に作品を出展しているほか、オンラインショップでの販売を手掛けています。
DSCF2661

家に眠っている着物や浴衣などを、ぜひ活用してみませんか。お問合せは、オンラインで気軽にできますよ♪

Cotani(コタニ)のホームページは、こちら

DSCF2671
DSCF2673

カテゴリー: わきたかしのぐるぐる商タイム |

「懐かしい気持ちになる曲!」@桑原怜子とコモイゼネ♪-Komolyzene-

ピアニストの桑原怜子さんが、毎回テーマに沿ったクラシック音楽をトークとともにお届けしています。
(放送日は、毎月第2日曜15:30~16:00・22:30~23:00、翌月曜15:30~16:00)
8月のテーマは「懐かしい気持ちになる曲!」

お盆の時期、実家や地元への帰省などされる機会もありますが、聴くと子どもの頃を思い出すような、懐かしい曲を4曲セレクトしました!

1曲目は、ドヴォルザーク作曲 交響曲 第9番 作品95「新世界」より第2楽章「家路」
みなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。学校や施設が閉まる時に流れる、あの曲です。

2曲目は、エグベルト・ジスモンチ作曲 「幼年時代」
ブラジルの作品ですが、なぜか日本の懐かしい風景が連想できる曲です。

そして、これからの季節にぴったりな曲「赤とんぼ」、リスト作曲 巡礼の年第1年“スイス”より「郷愁」を、桑原怜子さんのピアノ演奏でお届けしました。

プレイリストや曲の詳しい情報は、桑原さんのブログで紹介していますので、ぜひご覧ください。可愛い猫写真もたくさんあります。

☆まもなく、8月20日(土曜日)には、桑原さんのトークコンサートが開催!
よいお席は、お早めに。

<桑原怜子さんコンサート情報>
日時:2022年8月20日(土曜日) 14時開演
場所:Art Space 萌芽 Hall(兵庫県西宮市)
料金:2,500円(高校生以下1,500円)
※要予約
予約・問合せ:アートスペース萌芽(090-1954-4526)、サロン・コンサート協会(078-731-4120)

0814_komolyzene

20220820萌芽

カテゴリー: 桑原怜子とコモイゼネ |

箕面まちゼミ「ラジオCMをつくろう!」リラクゼーションさやの家 さやま りえさん@エール・マガジン

_IMG_0934ガンバッテイルみなさんを応援する土曜日の「エール・マガジン」(14:15 on air)。
箕面商工会議所主催「箕面まちゼミ」の『ラジオCMをつくろう』シーズン7。
タッキー816では「ラジオCMづくりを体験していただく」という内容で、生放送中に出演者のみなさんとお話しながら、どんなCMを作りたいか、20秒以内に伝えたいことを詰め込んで、公開でCMを作り上げていきます。
今回のご出演は・・・
リラクゼーションさやの家(いえ)さやま りえさん!
ご自宅でリラクゼーションサロンをされています。
ほかにも、クラブでピアノの生演奏をしたり、ブライダルの司会業もしているさやまさん。
ピアノ弾き語りをYoutubeチャンネルでも配信されています(さやまりえチャンネル)。
ということで、スタジオで即興で弾いていただき、CMのBGMにさせてもらうことに。
そして、CMも完成しました!

    疲れたカラダに アロマの香りと音楽で ご褒美を。
    扉をあけたらそこは リラクゼーションサロンさやの家  

女性に元気になってほしいと願うさやまさんのCM、9/10まで、サタデーワイドフィーバー内で放送します!

■エール・マガジン
初回放送 土曜14:15、リピート放送 土曜22:15、翌木曜14:15

カテゴリー: エールマガジン, サタデーワイドフィーバー |

箕面高校チアフルタイム…涙を超えて、笑顔で未来へ。3年生引退SP

HP_minoh220812a箕面のいろいろな高校が、週替わりで番組づくりに取り組む「ハイスクールプログラム」(金曜夜9時30分~10時/再放送:日曜朝9時30分、水曜午後2時30分)。第2週は箕面高校演劇部の生徒が「チアフルタイム」と題してお送りしています。
今回の出演は…

「すずめ」「りん」「まこと」

3年生部員が3人、夏休みに入ったので、みんな私服で登場!
・・・って、箕面高校はもともと私服の学校でした。

箕面高校演劇部では、8月1日(月曜日)に学校内で公演を行いました。
演目は『天使に花束を』。
2年前に行った公演のリバイバルで、現3年生部員が1年生のときに初めて出演した作品です。
その同じ作品が、3年生にとっての引退公演にもなりました。
新型コロナの影響で、予定通り上演できるか不安な中、いろいろドタバタもしたけど、それぞれに納得のいく演技ができたようです。
特に「2年生の成長っぷりが凄かった!」
ちょっと前とくらべても、見違えるくらい成長してくれた。
これなら、私たちが引退しても大丈夫、だよね・・・。HP_minoh220812b■ラジオドラマ「幽霊は眠らない」

公園で花火を楽しむ高校生たち。
すず「花火大会中止になったけど、こういうのもアリ!だよね」
みこと「そうだな」
かりん「うん。趣き深い」
すず「お、この花火の赤は、ストロンチウムだよ」
みこと「趣きのかけらもねえな」
かりん「あ、終わった。消えたら真っ暗だね・・・」
すず「幽霊とか、出ちゃうかもー!?」
みこと「まさか」
かりん「ちょっと、やめてよー!」

そういえば、幽霊はなぜ夜に出るのでしょうか?
すずは、その理由を語ります。

死後の世界は、暑さも寒さも無く、何も感じない世界。
痛みも痒みも、眠くもならない。
だから夜になると、静かな世界に取り残されたような気がして、淋しいから生きている人間の前に現れるんだって・・・

みこと(あながち、間違いじゃないかも)
すず「なーんて、今思いついたんだけどねー♪」

ここでこうして花火をするのも、今夜が最後かも。
線香花火って、消えるまでに落ちなければ、願いがかなうんだって。
「受験に合格しますように」「卒業してもずっと仲良くできますように」
はしゃぎながら語り合う、すずとかりん。
なぜかすぐそばに立っている、みことの姿が見えていないようです。
すっかり花火が終わり、片付けて帰って行く二人を見送りながら、みことはつぶやきます。
「あの二人とここで会うのも、これが最後か。また他の子どもを探すとしよう」
夜は、長いから・・・。
HP_minoh220812d■最後のラジオ収録
3年生は引退公演の終了と共に、部活も引退となります。
3年に渡って参加してきたラジオ収録も、これが最後。
そこで一言ずつ、感想を。

●りんrin
淋しくて悲しくて、特に後輩に会えなくなるのがめっちゃ淋しい。大好きな後輩たちだから。
なんだかんだで、ふだんの部活で、みんなでふざけて笑ってはしゃぎ合っていたのが一番楽しかったです。

●すずめsuzume
私は個性が強すぎるタイプなので、演劇部に入って良かったと思います。
いくらでも個性を出していい部活なので。
他校の公演を観て刺激を受けたり、自分たちの公演も観てもらったり、いろんな人と関われて充実した日々でした。

●まことmakoto
本当に演劇部で良かったと思います。役者だけじゃなくて、大道具を作ったり、こうしてラジオ番組の収録まで、多岐に渡って体験できました。地区大会でも2年生のときに賞をいただいて、嬉しかった。いろいろあり過ぎて、むちゃくちゃ濃い時間でした。

演劇部で、しあわせでした。

きれいな花火も、いつか燃え尽きて、終わりのときが来ます。
いつも面白い(納豆率高めの)ラジオドラマや、気さくなおしゃべりなど、はたで聞きながら「なんて愛らしい、楽しい子たちだろう」と思わせてくれる、そんな3年生たち。これで引退なんて言わずに、来年もその次も、高校5年生ぐらいまでやってほしい。
・・・というのはさすがに無理があるよね。
今は、これまで共に作って来た時間に感謝し、これから受験という試練を乗り越えて、輝けるそれぞれの未来へ旅立っていくみんなに、心からの祝福を送りたいものです。
今まで、本当にありがとう!!HP_minoh220812c<余談>
箕面高校といえば、放送部もがんばってるよね。「第69回NHK杯全国高校放送コンテスト」創作ラジオドラマ部門で、全国大会で奨励賞をもらったとか。
すずめ「ああ、あれ私の脚本なんですよ」
なんですと!?
すずめ「放送部から頼まれて、書いたんです。そしたら大阪大会突破して、全国に行っちゃいました・・・私の作品が全国20位以内とか、スゴイでしょ?」
そういうのは、もっと宣伝しなさーい・・・!

カテゴリー: ハイスクールプログラム, 箕面高校 |

まちのラジオ第2週 大学と市の共同運営は激レア!「大阪大学外国学図書館・船場図書館」のいまを語る

machi_220811a箕面の主な活動グループが週替わりでお送りする「まちのラジオ」。毎月第二木曜は、大阪大学社学連携事業。大学と社会のつながりをテーマに放送しています。
今回のゲストは・・・

日高正太郎(ひだか・しょうたろう)さん(大阪大学附属図書館箕面図書館課専門職員)
坂田絵理子(さかた・えりこ)さん(同課図書職員)

オープンから1年を迎えた「大阪大学外国学図書館・船場図書館」についてお話しいただきました。
(聞き手:タッキー816スタッフ 野間耕平)

2021年、大阪大学外国語学部の船場移転に伴い、キャンパスの中にあった外国学図書館も、新キャンパスの隣にある複合公共施設に移転しました。
単なる移転ではなく、箕面市立萱野南図書館の蔵書と機能も統合して、「大阪大学外国学図書館・船場図書館」が誕生しました。
国立大学と自治体による図書館の共同運営は、実は全国的にもほとんど例がありません。
先駆的なケースであり、視察の申し込みもよくあるといいます。
本来は2021年5月オープンの予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により、1カ月遅れてのオープンとなりました。
真新しい図書館を一目見たい!と多くの人が訪れ、大にぎわいだったそうですが、1年が過ぎた今はさすがに落ち着いてきました。
「・・・と私たちも思っていたんですが、入館者数を調べたら、昨年の7月と今年の7月では、今年の方がちょっと増えているんです」
なんと!
箕面市民、大阪大学の学生の利用はもちろん、近隣の吹田や豊中からの利用者も増えているそうです。

また、図書館では本に親しんでもらうための、さまざまな展示や催しなどの企画を行っています。
その中で、大阪大学外国学図書館ならではの催しが「大学の研究ゼミによる読み聞かせ企画」。
デンマーク語、ハンガリー語、中国語専攻の台湾研究ゼミなどの教員や学生が、翻訳された各言語の絵本の読み聞かせに取り組んで来ました。
その一つが「みんなあつまれ!ハンガリーのクリスマス」。
ハンガリーのクリスマスのお話を紹介したほか、クリスマスツリーの飾りをみんなで作ったり、クイズも。
参加した子どもたちはもちろん、担当した学生たちにとっても、子どもたちと触れ合う良い機会になりました。

図書館の催しや展示については、ホームページで紹介されています。
ときどきチェックするのが、図書館を楽しむコツではないでしょうか。

大阪大学外国学図書館・船場図書館ホームページ

最後に、理想の図書館や、司書のやりがいについてお聞きしました。

日高さん
「自然に探している本を見つけられる図書館が理想ですね。
棚のレイアウトや表示の工夫、整理を徹底することで、誰にとってもわかりやすい、本を探しやすい図書館を実現していきたいです」

坂田さん
「分類のはざまにあるような、どうやって探したらいいの?という本もあります。
そういった本を探すお手伝いをして、利用者さんに感謝されたときに『やったね!』と嬉しくなります」

番組では、サプライズで「文学イズ(文学に関するクイズ)」にも挑戦していただきましたが、作品や作家名を難なく当ててみせた日高さんと坂田さん。
さ、さすがです・・・!
こんな素敵な司書さんのいる「大阪大学外国学図書館・船場図書館」へ、一度ぜひ遊びに行ってみませんか。machi_220811b

カテゴリー: まちのラジオ, 大阪大学社学連携 |

外院の里わんわんパトロール隊のピックちゃん@「聞かせて!ペット自慢」

毎月 第2水曜日の「デイライトタッキー」内でお送りしている「聞かせて!ペット自慢」。
ワンちゃん、ネコちゃんなど、みなさんの家族の一員のお話を聞かせていただく時間です。

2022年8月は、林みどりさんをスタジオにお迎えして、柴犬のピックちゃん3歳の女の子のお話を伺いました。
夏休みということで、お嬢さんの横井侑衣さん、お孫さんの裕翔くんも来てくださいました。
(写真撮影の瞬間だけマスクを外していただきました)
220810_pet1
ピックちゃんのお名前は「オリンピック」が由来です。
オリンピック開催中にご家族の一員になった初代わんこのお名前を引き継ぎました。

箕面市には「わんわんパトロール」団体が4つあります。「わんわんパトロール」とは、愛犬との散歩しながら地域をパトロールして登下校時の子どもたちや、地域の見守りを行うもの。ピックちゃんは外院の里わんわんパトロール隊の隊員です。

外院の里わんわんパトロールは2008年に発足し、現在14年目となりました。夕方東公園に集合し、15分ほど情報交換をして問題点を共有するのが日課だとか。わんこのしつけやちょっとした相談事もこの時間にしているそうですよ。

壊れかけた公園のベンチや、池の表面に茂りすぎた外来種の植物など、問題を発見したら関係部署に連絡。対応していただくことで、防犯だけではなく、事故も未然に防いでいます。

わんわんパトロールの絆がピックちゃん自身を助けてくれたことも。
これまで二度「脱走」してしまったピックちゃんでしたが、その都度わんわんパトロール隊の皆さんが力を合わせて捜索してくださり、ピックちゃんは無事におうちに帰ってくることができました。
助けたり、助けられたり、コミュニティの力ですね。

優しくて我慢強く、誰にでもフレンドリーなピックちゃんはお孫さんたちとも大の仲良しです。

220810_pet4

220810_pet2

林さんがピックちゃんにかける言葉は
「我が家に来てくれてありがとう。ピックのおかげでたくさんの方たちと親しくなれたよ。これからも元気で、一緒にお散歩しようね、ありがとう」

ピックちゃんは現在3歳。コロナ禍とちょうど重なる年数です。そのため、ごく限られたところにしか出かけたことがありません。感染状況が落ち着いたら、ペットOKのホテルを予約して旅行をしたり、ドッグランでリードを外して思い切り一緒に走るのが林さんの夢だそうです。

220810_pet3
早く夢が叶いますように!


わんわんパトロールについては「もみじだより」2022年8月号P4に掲載されています。
ピックちゃんも写っていますヨ。ぜひご参照ください。
 ↓
もみじだより(2022年8月号)「Let’s わんわんパトロール」

「聞かせて!ペット自慢」
毎月第2水曜日 午前11時~
再放送 当日午後8時10分~
(文責:千波留)

**出演者募集!!**
ペットさんのお話を聞かせてくださる方を募集します。
犬・猫に限らず、いろいろなペットのお話を聞かせてください。
写真添付、ご連絡先明記の上、「聞かせてペット自慢」のコーナにメールをお送りください。
アドレスは816@minoh.netです。
お待ちしています。

カテゴリー: 聞かせて!ペット自慢 |

ブーマン&フレンズJAZZ BOUND #32 seikoさん

毎週日曜日の夜11時からお送りする「ブーマン&フレンズJAZZ BOUND」 JAZZを愛するブーマンさんが、仲間(フレンズ)とともにJAZZの名曲や、皆さんにおすすめしたい1曲をご紹介する番組です。

IMG_3302

今週も準レギュラーなった?ジャズシンガーのseikoさんが登場です。seikoさんから「ジャズを好きになったきっかけは?」と質問されたブーマンさん。
実はJAZZ好きになったのは1年前、フレンズのひとり麻生優佳さんの生LIVEを聴いてその魅力にすっかりハマってそこから色々なボーカリストの曲を聴きまくったそうです。

playlist
11PMのテーマ / Music By KEITARO MIHO
  When You Wish upon A Star / 阿川泰子

「When You Wish upon A Star」はお客さまからのリクエスト。「夢は叶えるために見るものだよ」って昔先輩に教わったと思い出も。
ジャズシンガーとして唄い始めた頃によく唄っていた曲でもあるそうです。

IMG_3299

皆さんからのメッセージやリクエストもお待ちしています ■毎週日曜日 夜11時~11時30分放送(翌週金曜日午後3時30分~4時リピート放送) 【協力:株式会社モリモト医薬・ライフストーリ株式会社】

カテゴリー: ブーマン&フレンズ JAZZ BOUND |

地域ごとに個性的なビールを!奈良醸造の志@クラフトビールCLUB@クラフトビールCLUB

_IMG_0861クラフトビールってどんなん?という飲んだことのないかたから、クラフトビールにめちゃめちゃ詳しいコアなファンまでが楽しめるトーク番組(第1日曜15時初回放送)。
クラフトビールの醸造から販売までを手がけ、ビアジャッジの資格を持つ谷和(たに・あい)と、旅のプロ・風間佳成(かざま・よしなり)がクラフトビールの魅力や最新の話題などを語ります。
今月のブルワリー探訪のゲストは、奈良市の南端にある奈良醸造の社長兼ヘッドブルワー浪岡安則さん。
_IMG_0863ホームページには「ビールは楽しい時間を演出するだけでなく、それ自体、おもしろい飲み物ではないか。〈中略〉夏の暑い盛りに喉の渇きをいやすビールから、冬の夜、身体の内側より暖を取るように少しずつ飲むアルコール度数の高いビールまで。また、極端に苦いビールや、果物をふんだんに使ったビール、酸味の強いビール、果ては野生酵母で醸したビールなど。」とあります。
そのビール造りにかける思いを短い時間でしたが語っていただきました。
奈良醸造外観1奈良醸造内部2浪岡さんは奈良醸造を立ち上げる前は公務員をされていたそうです(ビックリ!)。
10年前くらいから和ちゃんの店(クラフトビアベース)に来られていたとのこと。
ひょっとしたらその当時、僕とニアミスしていたのかもしれませんね。
そして京都醸造で修業され独立されました。
2018年6月にビールを造り始めて今年で5年目。
なかなか免許が下りなくて苦労されたそうです。今や日本で大人気の醸造所です。
クラフトビールファンにとっての必読書ともいうべきコミック「琥珀の夢で酔いましょう」の4巻に浪岡さんが登場されています。
その中で「ビール造りはロジカルな世界で、理系の知識が必要です。時間や温度や量、使う水のミネラルやイオンの値など全て数字で管理しています」と 述べられています。
浪岡さん自身は工学部出身なので、どんな流れでプルワーの道に入られたのか興味があり聞いてみました。
なんと、もともとビールが苦手だったとのこと(またまたビックリ!)。
友人からベルギービールを勧められて飲んでみたら、苦くはないし、フルーティでお腹が張らないし衝撃的な出会いだったそうです。
僕もベルギーでまったく同じ体験をしたのでよく理解できました。
ボトルの中に酵母が生きている、世界中でクラフトビールが造られている、アメリカに行って調べると小さな醸造所が多種多様なビールを造っている、などなど調べるうちに興味を持たれたのがきっかけだそうです。
ブルワーは理系が有利?和ちゃんは文系なので結構苦労しているようですね。
でもおいしいクラフトビールを造るには論理的思考とともに感性も必要だと思います。
また、奈良醸造は地域とのつながりがとっても深く、奈良産の和はっかを使ったビールを今月発売予定とのこと。
楽しみです!ビール造りを通じて奈良を再発見していると浪岡さんは言っておられました。

【奈良醸造周辺の観光情報】
醸造所に行くのは近鉄かJRの郡山で降りて、郡山イオンモール行きのシャトルバスに乗ってイオンモールへ。
そこから徒歩10分弱。大和郡山の観光と合わせて、公共交通機関を利用して行ってみてはいかがでしょうか。
大和郡山は奈良県内では数少ない城下町で、金魚のまちとしても有名です。
金魚ストリートという商店街があって、いたるところに金魚が泳いでいます。
一年中金魚すくいができるお店もあります。
金魚すくい道場_3金魚の車除け_4
城跡には天守閣はありませんが、天守台があって街を眺めることができます。
歓楽街の名残もあって木造3階建ての遊郭建築は登録有形文化財になっています。
豊臣秀吉の弟の秀長が城主を務めていたころからの和菓子屋さんなどもあって、楽しい街歩きができますよ。ぜひ一度、お訪ねください。
郡山城の櫓_5旧川本家住宅本館_6旧奥野家住宅_7
【クラフトビールイベント情報】
関西からも多くのファンが訪れる日本最大級のビールイベント「第25回全国地ビールフェスティバル in 一関」が3年ぶりにリアルで8月19日から3日間開催されると放送しましたが、コロナの影響により、地域医療の圧迫が懸念されるということで延期が決まりました(実施時期は未定)。ほんとに残念です!
岩手県といえば、もう一つ「第6回遠野ホップ収穫祭」が8月20日・21日と開催予定です。
遠野は日本有数のホップの産地として有名ですが、ホップの里からビールの里へと変貌させようと地元の企業や自治体が協力して行っていて、ホップ畑へのバスツアーなども企画されています。
このイベントもコロナの影響で中止または延期になるかもしれませんので公式ホームページをご確認ください。
【リスナーさんからのご質問】
岡山県Rさんから「グラスに注いで、きれいに泡を出すコツを教えてください」という質問をいただきました。
和ちゃんの回答は「まずグラスがきれいであることが大事、そしてビールもグラスも冷えていること。ゆっくりつぎ過ぎると泡ができない。最初はゆっくり注いで、だんだん離して注いでいくと泡が立つ、この高さを調整しながら注いでいくとおいしいビールが飲めます。二度つぎ、三度つぎをすると中の炭酸が抜けてフラットな味になってしまうのであまりお勧めしません」ということでした。ぜひお試しください。

今月のゲストの奈良醸造からリスナープレゼントの提供をしていただきました。
奈良醸造の缶ビール3本セットを1名様に直送します。詳しくはタッキー816のホームページ(コチラ)をご覧ください。
#ビールで明日を幸せに
ではまた9月4日をお楽しみに!
(文責:風間佳成)

【参考】
奈良醸造
全国地ビールフェスティバルin一関
遠野ホップ収穫祭
■クラフトビールCLUB
毎月第1日曜日15時放送(当日22時、翌月曜日15時リピート放送)

カテゴリー: クラフトビールCLUB |

久しぶりに子どもたちがスタジオへ!みのおこども文化体験フェア@エールマガジン

IMG_0914ガンバッテイルみなさんを応援する土曜日の「エール・マガジン」(14:15on air)。
2022年8月6日(土曜日)は、第16回みのおこども文化体験フェア「ラジオ放送コース」に申し込んでくれた4人がスタジオに来てくれました。コロナで中止が続いていたので3年ぶり~!
午前中の「みのたんらじお」の出演を終え、今度は船場のスタジオに集合。
左から、ぼんじりが大好物の田中芽希さん(小5)、ピザ&パスタ好きの島谷紗世さん(中1)、カレーが好物の島谷奏多さん(小4)、放送部の古賀咲太郎さん(小5)です(弟さんも記念写真に参加)。
午前中はガッツリテーマにそって話してもらったので、午後はフリートークを体験。
和氣貴志と台本なしのトークを楽しみました!
みんなラジオに興味を持ってくれたかな?
また気軽に遊びに来てね!
午前中の「みのたんらじお」のようす

カテゴリー: エールマガジン, サタデーワイドフィーバー |

第16回みのおこども文化体験フェア「ラジオ放送」参加のみなさん@みのたんらじお

minotan_220806n毎週土曜日午前11時~正午に、メイプルホールロビーから公開生放送でお送りしている「みのたんらじお」(箕面市提供)。おすすめの週末情報をご紹介したり、ゲストをお迎えして楽しいおしゃべりで過ごす1時間です。
(パーソナリティー:繁田麻衣子)

今回の番組は、帰ってきたあのスペシャル企画!
「第16回みのおこども文化体験フェア」ラジオ放送コースとして、参加者の小・中学生にラジオ体験をしてもらいました。
新型コロナの影響で、昨年のラジオ体験はリモートで実施。
このメイプルホールロビーでは、3年ぶりとなります。
参加してくれたのは、小4~中1の4人。
これも、コロナの影響で人数を絞っての募集となりました(抽選に漏れたかたは、大変申し訳ありません)。
人数は少ないけど、その分たっぷりしゃべって楽しんでください。少数Say Yeah!
minotan_220806aminotan_220806bまずは恒例、芦原公園に出て、木陰で発声練習です。
「あ、え、い、う、え、お、あ、お」
Maiko先生の指導のもと、声出しに挑む4人。
自分では出してるつもりでも、外だとあまり響きません。
「もっとおなかから声を出して!」
息を思いっきり、吸えるだけ吸い込んで。
それから、息を全部吐き出す。
そして体をほぐすことも重要です。
手を組んで、うーんと上に伸びあがって・・・。
一生懸命に取り組んで、少しは体と心がほぐれたかな?minotan_220806cminotan_220806d他にも「自己紹介シート」にできるだけ詳しく記入してもらったり、本番前の打合せを一人ずつパーソナリティーと行ったり、好きなおにぎりの具を言ってもらったり(?)。しているうちにあっという間、時刻は午前11時になりました。
いよいよ始まる、ドキドキ生放送体験!

今回、参加者には事前に、放送で発表してもらうための二つのテーマを伝えていました。
(1)1時間は語れる!・・・くらい好きなもの
(2)やっちまったゼ!・・・今だから笑って話せる失敗談

この内容を、自分の声で伝えてもらいましょう!minotan_220806e●古賀咲太郎さん(小5)
サッカーが好きで暗算が得意。将来はゲーム系のユーチューバーになりたい。
(1)1時間は語れる!・・・くらい好きなもの
「ゲームの『マインクラフト』です」
大人気のゲームで、自分で建物を作ったり、終わりがなくいつまでも楽しめます。
ついつい時間オーバーしてやり込んでしまうのが難点・・・?
(2)やっちまったゼ!・・・今だから笑って話せる失敗談
「放送委員をしているんですが、マイクをオンにするのを忘れてしゃべってしまったことです」
でも、そのときはとんでもなく間違ったことをしゃべってしまっていたので、逆にそれが流れなくてラッキーだった!?
Maiko先生「それ、大人でもやっちゃいますー!」minotan_220806fminotan_220806g●島谷紗世さん(中1)
こんがりといい色に日焼けしたスポーツ大好き少女。
将来は国際線のキャビンアテンダントになって、世界中を飛び回るのが夢。
(1)1時間は語れる!・・・くらい好きなもの
「習い事です」
スイミングに空手、部活はソフトボール。
特に空手はなんと、フルコンタクトの全国大会に出場し、準優勝!!
とにかく体を動かすことが楽しい、全部好きなんです・・・。
(2)やっちまったゼ!・・・今だから笑って話せる失敗談
小2のときに参加した、一週間の無人島生活体験。
子どもたちだけで、ごはんは海水で炊き、時間は日時計で知り、火を起こすのは火打石(!)で。
お風呂に入れないのもつらかったし、何より親に会えないので、いつも泣いていました・・・。
今は中学生なので、また行ってみたい気も。minotan_220806hminotan_220806i●島谷奏多さん(小4)
お姉さんの紗世さんときょうだいで参加。とにかく野球が大好きな少年。
(1)1時間は語れる!・・・くらい好きなもの
「野球です」
阪神タイガースのファンで、試合もよく観に行きます。
好きな選手は、近本選手。足は速いし、守備範囲も広いし・・・。
もちろん自分でも、吹田のチームに入ってプレーしています。
将来の夢は、プロ野球選手になって活躍したい!
(2)やっちまったゼ!・・・今だから笑って話せる失敗談
小1のとき、一週間で150キロメートル歩くイベントに参加。
瀬戸内海から日本海まで、リヤカーを押しながら兵庫県を縦断しました。
初日に張り切り過ぎて、足に水ぶくれができ、最後まで足が痛かった。
途中で泣いちゃったりもしたけれど、みんなに励まされて歩き通すことができました。minotan_220806jminotan_220806kminotan_220806l●田中芽希さん(小5)
放送委員で、ピアノが大好きな少女。
(1)1時間は語れる!・・・くらい好きなもの
「ポムポムプリンです」
ぽっちゃり系ゴールデンレトリバーの男の子のキャラクター。
黄色い体に、茶色のベレー帽をかぶっていて、プリンに見えます。
かわいくて、グッズも集めちゃいます・・・。
(2)やっちまったゼ!・・・今だから笑って話せる失敗談
ハリーポッターの映画に登場する、ディメンターという化け物。
観た後で怖くなり、お風呂のときに家族に一緒に入ってもらおうとしたけど誰も入ってくれなくて・・・。仕方なく、一人で入ったんですけどビビりまくりでした・・・。

芽希さんの将来の夢は「薬剤師になること」。
「小さい頃は体が弱かったけど、お母さんの看病と、お薬のおかげで元気になれました。
だから、大きくなったら今度は私が、薬剤師として誰かを助けられるようになりたいです」minotan_220806m今回も個性的で素敵な子どもたちが集まった、みのおこども文化体験フェア「ラジオ放送コース」。
みなさん、楽しいお話をありがとうございました!

・・・ということで最後に、せっかくなのでMAIKO先生
(2)やっちまったゼ!・・・今だから笑って話せる失敗談
「ええー、何があるかなー・・・。え?『繁田麻衣子カーラー伝説』?やだもうちょっとやめてくださいよ、髪にカーラー巻いたまま公開放送に来てその場で指摘されて『ええっ!?』ってなったことなんて。それともあれですが、スリッパはいたままで駅前まで行ったこととか?あと・・・」

いっぱいありすぎ

minotan_220806o

カテゴリー: みのたんらじお |