アマービレフィルハーモニー管弦楽団のお二人@植田洋子とTea For Two

2017/06/21

DSCF4319-2

ステキなゲストをお迎えして、楽しいトークと素敵な音楽をお届けします。
お茶でも飲みながらステキな午後をお楽しみください。
今週は、アマービレフィルハーモニー管弦楽団 楽団長でチェロ奏者の山岸さん、クラリネット奏者の大岩さんをお迎えしました。

アマービレフィルハーモニー管弦楽団は、大阪府茨木市総持寺台にある楽器店、アマービレ楽器から設立されました。
若手演奏家が演奏出来る場をもっと増やしたいという思いから立ち上がったオーケストラです。
素晴らしい実力を持っていても、活躍の場や力を発揮する機会がなかなかないという状況にある若手演奏家の方々。
そんな方々に少しでも演奏の場を提供出来ればと、サロンコンサートや定期演奏会を行っています。

ここまで若い演奏家たちが集まっているオーケストラはあまりないそうで、「エネルギーをもらえる」と楽団長の山岸さんは語られました。
チェロ奏者でもある山岸さんですが、始めはずっとクラシックギターを演奏していて、ギタリストになろうと思っていたのだとか。
しかし日本のトップチェリスト、上村昇先生と出会い、先生の演奏や人柄に惚れ込み、チェリストになろうと決意されたそうです。

クラリネット奏者の大岩さんは、何故だかずっとクラリネットをやりたい!と思っており、吹奏楽部でクラリネットを始めました。
大岩さんがお腹にいたころ、お母さまがマタニティモーツァルトというCDを聴いていて、その中にたまたまクラリネット五重奏曲も入っていたそうです。
もしかしたらそのおかげでクラリネットをやりたいと思ったのかも……と語られました。

今年の12月22日(金曜日)にはいずみホールで第5回定期演奏会が開催されます。
現在、その定期演奏会で行うベートーヴェン第九交響曲合唱参加者を募集しています。
自分の都合に合わせて練習に参加することが出来、先生にドイツ語の発音から指導してもらえるため未経験の方でも大丈夫だそうです。
特に男性は女性に比べてまだまだ少ないので、ぜひ応募してほしいとのことでした。

他にもアマービレフィルハーモニー管弦楽団では様々なコンサートを定期的に行われています。
7月9日(日)にはチェロの大西泰徳さん、新団員デビューコンサートがアマービレ楽器のサロンで行われます。
8月11日(金・祝)には3月から始まったコンチェルトシリーズのVOL.2、~若きモーツァルトの風を感じて~が兵庫県立芸術文化センターで行われます。
また、ここでは紹介出来ないほどたくさんのコンサートが開催予定なので、ぜひ「アマービレフィルハーモニー」で検索してコンサート情報を確認してみてください。

アマービレフィルハーモニー管弦楽団のお二人に選曲いただいた音楽も織り交ぜてお届けしました。 
  
■6/21(水)午後3時放送(再放送は6/21(水)午後9時、6/25(日)午後5時)