ハイスクールサミット 特別企画「哲学カフェ・ラジオ版」第2回!テーマは「働くとは?」

2017/06/30

sumit-1 箕面の四つの高校(箕面東高校・箕面高校・関西学院千里国際・豊島高校)が週代わりでお送りする番組「ハイスクールプログラム」(金曜夜9時30分~10時/再放送:日曜夜7時)。
第5週はスペシャルウィーク!四校合同の「ハイスクールサミット」を放送しています。
参加者は…
「箕面東高校演劇部2年、ゆうきです」
「箕面高校演劇部1年、もえです」
「関西学院千里国際高等部3年、Rihoです」
「豊島高校放送部3年、ちあきです」「OGの伴です」

そして、特別ゲストはこのかたたち。
「こんにちは、コリア国際学園(茨木市)高等部2年、みきです」
「同じく、せなです」
「3年のふうこです」

コリア国際学園のみなさんには、昨年9月の「ハイスクールサミット」で一度お招きし、同校で取り組む「哲学カフェ」を紹介していただいたほか、集まったメンバーで「哲学カフェ・ラジオ版」に挑戦しました。
ほぼ初対面同士ながら、一つのテーマで真剣に語り合う議論は白熱し、時間を大幅に超えての収録となった番組。

「そのときの番組が、第19回近畿コミュニティ放送賞で優秀賞を受賞しました!」

すごーい!パチパチパチ…
好評を受けて、ぜひ第2回を!そんな要望が実現。
今回のテーマは…

「働くとは?」

高校生たち、本格的に就職・仕事をするのは、まだ先のこと。
それでも、将来どのように働きたいか、周囲の大人たちの働き方をどう見ているのか。
高校生ならではの視線で語ってもらうことになりました。
sumit-2●哲学カフェ・ラジオ版「働くとは?」
みなさんの中で、働いた経験のある人は?
「はーい」「ハイ」
何人か、手が上がります。
スーパーのレジ打ち、飲食店での接客…。
「レジでお客さんがいっぱい並ぶと、あせりますね。ドキドキが止まらない…!」
「飲食店のホールを一人で回してます。お客さんがたくさん来ると『ああ…』ってなることも」
アルバイトの理由、今のところは小遣い稼ぎ。
買いたいものがあるから…漫画を買ったり、ライブに行ってグッズを購入したり。
じゃあ、将来なりたいものは?
「TV局に務めたい」
「助産師ですね」
「芸能界をめざしてたんだけど」
「アニメ関係。声優になるのが夢です」
みんな、わりとしっかり目標を見据えているようです。
その一方で、
「今はまだ決まってないけど、がんばってコツコツやっていけば夢が見つかると思います」
という人も。

コリア国際学園の3人は、いずれも南太平洋のフィジーに1年間の留学経験があります。
フィジー人の働き方は、日本と違う?
「ぜんぜん違いますね」
「例えばホテルの従業員でも、みんながエンターテイナー的な雰囲気で」
「生活に必要なものがなくても『みんなでシェアすればいいんだよ』という生き方でした」

一方、日本では残業や過労死が問題になっています。
「昔から、日本では残業が当たり前になっていた。上の人の認識が変わらないなら、今後も残業は減らないのではないか」
「残業をするのは、仕事への責任感の表れだと思う」
「もし残業が無くなったとしたら、日本は競争力を保てないのでは?」
うーん・・・
残業しなくても競争力を保てれば、いちばんいいのだけど。
sumit-3本当に、さまざまな意見が飛び出した「哲学カフェ・ラジオ版」。
アルバイト経験者からは、失敗談もたくさん聞けました。
高校生と大人の働き方の違い、そもそも高校アルバイトはありなのか。
アルバイトを通してお金を稼ぐ難しさ、お金の大切さを知り、「無駄遣いしなくなった」という人も。
時間の関係で、今回も放送で紹介できたのは半分くらい、それほど盛り上がった「哲学カフェ」となりました。
高校生たちが真剣に語り合う姿は、やっぱりいいものです。
番組を通して、みんなすっかり打ち解け、仲良くなった様子。
「みんな、次もぜひやろうね」
「うん、やりたい!」sumit-4