ピアニスト・村越知子さんとヴァイオリニスト・村越伸子さん@植田洋子とTea For Two

2018/08/15

ステキなゲストをお迎えして、楽しいトークと素敵な音楽をお届けします。
お茶でも飲みながらステキな午後をお楽しみください。
今週は、箕面出身でミラノ在住のピアニスト・村越知子さんとヴァイオリニスト・村越伸子さんご姉妹をお迎えしました。

DSCF9401-1

毎年この季節に、サワディプロジェクトというボランティアグループの支援のため、チャリティコンサートを開催していたお二人。
昨年区切りとなる10回目で、一旦の最終回を迎えたのでした。
もう箕面では村越さんご姉妹の演奏は聴けないの?と残念に思われた方も多いと思います。
そんな中、嬉しいニュースが植田洋子のもとへ飛び込んできました。
今年から「村越知子&村越伸子デュオコンサート」として新たにスタートするというお話!
そんなわけで、コンサートのご紹介や、近況などをお話しに来てもらいました!

ミラノも大阪と同じように、今年はどうやら酷暑だったよう。
大阪の方が過ごしやすいかも?とお二人が言われるくらいの暑さだったみたいです。
ミラノと大阪では湿度が違うので、二種類の暑さを経験しましたよ、と苦笑い。
イタリアでは夏休みが長いので、子どもたちは都会から避暑地にお出かけするそうですよ。

ピアニストの姉・知子さんは4歳からピアノを始め、現在はミラノのスカラバレエアカデミーで伴奏助手をしています。
6年前にこの仕事を始めてから、急にバレエに詳しくなりました(笑)と知子さん。
バレエのレッスンは本当に厳しく、見ている方まで辛くなるくらいなんだとか。
それだけ辛いレッスンを行うからこそ、素晴らしい演技が出来るようになるんでしょうね。

ヴァイオリニストの妹・伸子さんも最初はピアノをやっていましたが、お姉さんに隣で間違ったのなんだの言われるのが嫌でやめたそう。(笑)
同じヴァイオリニストの葉加瀬太郎さんとは小・中・高・大とずっと一緒で、本当の兄弟のように育ったのだとか。
植田洋子の「もしタイミングが合ったらカップルにはなってたのでは?」との質問に「なってないです(笑)」と即答の伸子さんでした。

地元で行うコンサートは特別なんです、と語るお二人。
第10回が終わった時に、長い間続けていた箕面でのコンサートをやめてしまうのは残念だと感じたのだとか。
最後にみんなで歌ったりなど、他のコンサートでは出来ないことをしていたので、こういうことを続けていきたい、と伸子さんは言います。
今までのチャリティーコンサートと同じような雰囲気になるのか、少し違ったものになるのか、それは幕が上がってみないと分からないとのこと。
当日はエルガーの愛の挨拶を始め、ドビュッシーの月の光、ワーグナー=リストの愛の死など、様々な曲を楽しめるそうですよ。

●村越知子&村越伸子デュオコンサート
▽9月15日(土)午後2時30分(開場:午後2時)
▽箕面市立メイプルホール大ホール
▽料金《全自由席》
一般前売り2500円/当日3000円
   学生1000円

ミラノ在住のお二人の演奏が聴ける数少ないチャンス、みなさんぜひ足をお運びください。

村越知子さんと村越伸子さんの演奏された音楽も織り交ぜてお届けしました。 

■8/15(水)午後3時放送(再放送は8/15(水)午後9時、8/19(日)午後5時)