箕面観光ボランティアガイド清水弘さん登場@みのたんらじお

2018/08/25

毎週土曜日あさ11時からメイプルホールロビーより公開生放送でお送りしている「みのたんらじお」(箕面市提供)
オススメの週末情報をご紹介したり、ゲストをお迎えして楽しいおしゃべりで過ごす1時間です。

8月最後の土曜日となりました。まだまだ暑さは続きますが、夏の終わりを感じる名曲を集めてみのたんらじおをお送りしました。

20180825みのたん①

さて箕面でイキイキと活動するみなさんをお迎えしてお話を伺うコーナー「みのおコレ一番!」には箕面観光ボランティアガイドから2014年12月以来2度目のご登場の清水弘さんをお迎えしました。
前回は「箕面大好き!歌舞伎・文楽が大好き!」というところから有名な歌舞伎の演目「仮名手本忠臣蔵」に登場する「早野勘平」と実像の「萱野三平」の違いのお話をご紹介いただきました。

そして今回は同じく箕面にゆかりのある「役の行者」を歌舞伎や文楽の演目の中にどう登場するかをご紹介していただきました。歌舞伎や文楽では「役小角(えんのしょうかく)」と呼ばれていて、歌舞伎の有名な「勧進帳」では弁慶が山伏姿で山伏問答をする場面で山伏の祖「役小角」という名前が出てくるそうです。
そのほかにも文楽の「役行者大峰桜」や「花魁苔八総」という演目にも名前が登場するそうですが、残念ながら最近はほとんど上演されていないそうです。

20180825みのたん②

歌舞伎や文楽の演目に詳しくなくても、清水さんの語るあらすじを聞いているだけでその場面が浮かんでくるようでした。
地元にゆかりのある人物が出てくるならば、普段縁遠い歌舞伎や文楽の世界にもなんだた興味が出て来ますね。
「次回はまた臣蔵の話題がいいかな?」と早くも次回ご出演のテーマが決まったようです。

20180825みのたん③

この役行者にもゆかりのある天上ヶ岳を歩くオープンハイキングが9月30日に予定されています。
テーマは「修験の聖地を訪ねよう」です。歴史や芝居等のお話もご紹介されますよ。お楽しみに!

2018年8月25日(土)あさ11時から放送「みのたんらじお 」