ハイスクールサミット 「行ったぜ!全国大会」

2018/08/31

HP_summit180831-1※クリックで拡大↑
箕面の四つの高校(箕面東高校・箕面高校・関西学院千里国際・豊島高校)が週代わりでお送りする番組「ハイスクールプログラム」(金曜夜9時30分~10時/再放送:日曜夜7時)。
第5週はスペシャルウィーク!四校合同の「ハイスクールサミット」を放送しています。
今回集まったみなさんには、得意なことも言ってもらいました。

<箕面東高校演劇部>
・ペーター(3年)
「必殺メガネ飛ばし」。殺陣の稽古中に、つい夢中になって飛ばしてしまいます。動きが出てイイ!と好評なんだとか。
・ベル(2年)
「漢字検定準2級」。大学生くらいの漢字力だそうです。本当に?試しに、ユウウツのウツを書いてみてよ。


す、すごい!

<箕面高校放送部>
・ゆうき(2年)
「バスケットボールのシュート」。運動は苦手なんですがシュートだけはバスケ部にも負けません。だって身長196センチあるから!
・ちひろ(1年)
「業界・企業調べ」。オーディオ機器の会社名を覚えたり、調べるのが好きです。

<豊島高校放送部>
・ゆきち(3年)
「音楽を聴くこと」。ロック系とかバンドとか、けっこういろいろ聴いてます。
・さっちー(1年)
「絵を描くこと」。でも、友だちでもっと上手い子がいるから(謙遜)。
・ためくん(3年)
「寄り道をすること」。学校帰りにコンビニに寄ったりするのかって?いや、もっと本格的な寄り道ですッ!自分の中のマップを広げるために・・・。

以上、集まったのは7人の高校生。
今回も、にぎやかなトークが繰り広げられました!

●箕面高校放送部、全国大会へ
第65回NHK杯全国高校放送コンテスト。アナウンスや朗読、映像制作の技術を競う、放送部の祭典です。
箕面高校放送部はテレビドキュメント部門で大阪府大会1位を獲得し、7月23日~26日に東京で行われた全国大会に参加しました。
どんな作品ですか?
「LGBTを題材にした作品です」
タイトルは『虹 -共に生きる-』。
実際に、LGBTの人に取材して、編集も苦労しながら、ようやくまとめ上げました。
自信を持って臨んだ府大会。
ところが、上映中に思わぬ編集ミスが発覚します。
ナレーションの「間」が詰まってしまっていたのでした。
音声を編集したちひろは思わず頭を抱えて「やっちまった・・・」。
それでも順位発表で「1位」と告げられ、安堵の涙を流したそうです。

全国大会では、準決勝(ベスト40)に入り、制作奨励賞を受賞。
ただ、決勝には進めなかったのが残念・・・と部員のみなさん。
「全国のレベルは、やっぱり高かったです。演出や構成、技術などの面で、私たちにはまだまだ足りないところが多いと感じました」
全国大会で学んだことを取り入れて、さらに良い作品を作りたい。
そんな決意を語ってもらいました。

「全国、いいなー」
演劇部は11月3日・4日に地区予選、そして府大会、冬に近畿大会。全国大会は来年行われます。
これは演劇部独特のシステムのようで、現在高校3年生の部員は近畿大会までは出られますが、全国大会は後輩たちに託すことに。
まあ、当面は地区予選突破を目標に!と意気を上げる演劇部のみなさんでした。HP_summit180831-2※クリックで拡大↑