ハイスクールサミット 語ろう!「ユーチューバー」

2019/05/31

summit_190531-1箕面の四つの高校(箕面東高校・箕面高校・関西学院千里国際・豊島高校)が週代わりでお送りする番組「ハイスクールプログラム」(金曜夜9時30分~10時/再放送:日曜夜7時)。
第5週はスペシャルウィーク!四校合同の「ハイスクールサミット」を放送しています。
今回参加してくれたのは・・・

「くぼです」(箕面高校放送部2年)
「くぼっちです」(〃1年)
「さっちーです」(豊島高校放送部2年)
「やーまんです」(〃1年)
「ふーみんです」(豊島高校演劇部3年)
「のあたんです」(〃1年)
「ほのかです」(高校3年)

■「ユーチューバー」
さて、今回のテーマは「ユーチューバーについて」。
今どきの高校生たち、暇さえあればスマホで動画を見ているイメージがありますが、実態はどうなのか。
まずは、みんながよく見ているユーチューバーを語ってもらいました。

・くぼっち…「東海オンエア」、ゲーム実況の「赤紙のとも」
・さっちー…ゲーム実況の「towaco」「牛沢」
・やーまん…鉄道系の「スーツ」
・ふーみん…「水溜りボンド」、ゲーム実況の「ハイグレ玉夫」
・のあたん…ゲーム実況の「さとみ」「ころん」
・ほのか…子ども系の「ゆうひなたチャンネル」
・くぼ…あんまり見ない。企業のCMなどは面白い

多かったジャンルが「ゲーム実況」。その人のゲーム中のリアクションが面白い、とのことです。
その他、自分ができないことをお金をかけてやってくれる(サバイバルや遊園地で鬼ごっこなど)のが魅力、という意見も。
「じゃあ、みんな一日にどれくらい見ている?」
だいたい2時間から3時間、多いときは4時間という人も。
「休みの日にずっと見てて、気が付くと8時間も見てました!」

1日8時間

衝撃の事実です。
さすがに親から「ちょっと見すぎじゃないの?」と釘を刺されることも。
それでも叱る感じではなく、言ってもたしなめる程度とか。
「四六時中、ごはんの時でもずっと見てて、それでも何も言われないですね」
見ながら一人で笑っていたら
「幸せそうだね・・・」
親も呆れてこう言うばかり。

動画とTVではどっちの方が多いですか?
「圧倒的に動画が多くて、TVはほとんど見ないです」
「うちはTVの方がよく見てますね。家族と一緒に見て楽しんでます」
これはほぼ半々の回答でした。

では、実際にユーチューバーになってみたい人は?
「私はなってみたいです。咀嚼音だけが延々続く動画をUPしてる人がいて、から揚げ食べるだけでお金が入るなら興味がありますね」
「私もゲームが好きなので、ゲームをして人に楽しんでもらって、それで収入が入るなら・・・憧れます」
トップクラスのユーチューバーは、年収が何億円という世界。
子どもがなりたい職業として、ユーチューバーも挙げられるこの頃。
こういう職業、あり?なし?
「僕はありだと思います。会社員をしながら、副業的にやってる人も多いので」
「ユーチューバーの収入は広告収入で、この分野はこれからも伸びていくから将来は明るいと思います」
その一方、面白い動画を作るには、才能が必要だとも。
また、ファンがつく一方でアンチの人もいて、ネットで悪口を言われることもよくあります。
いい動画作りのために、投資も必要になってきます。
「私は、誰でも手軽に情報をUPできるところがいいと思います。でも、個人情報を特定されたり、気をつけないといけないこともありますね。小さい子が勝手に動画をUPしちゃったりとかも」

5年後・10年後のユーチューバーはどうなっているのでしょうか。
「きっと無くなることはなくて、どんどん増えていくでしょうね」
「ただ、ユーチューバー間の格差も大きくなるんじゃないでしょうか」

ユーチューバーについて、いろいろ語りあった今回のハイスクールサミット。
まとめとして
・あまり見過ぎることのないように、自動再生はOFFに
・動画からいつも元気をもらっているので、いろんなことに気をつけながら見ていきたい
・動画にはいいものも悪いものもあるので、ちゃんと把握して楽しみたい
・登録チャンネルが多いので、本当に見たいものだけに絞って、生活の中で切り替えを大事にしたい
・ユーチューバーと視聴者が互いに応援し合うような関係が理想
・いろいろな個性や考え方を発信する場なので、自分のためになるよう生かしていきたい
・動画と一緒に再生される広告を企業が活用することで、経済がもっと活性化し、みんなにとって有益なものになる

「取りあえずは、勉強もおろそかにしないように、上手く付き合っていきたいですね」
大体こんな風に、みんなの意見がまとまりました。
なかなかタイムリーで興味深い話し合いとなった、今回のテーマ。
みなさんもぜひ、一緒に考えてみてくださいね。summit_190531-2