ALTジョナサン先生登場!@みのたんらじお

2019/06/29

毎週土曜日あさ11時よりメイプルホールロビーから公開生放送でお送りしている「みのたんらじお」(箕面市提供)
おすすめの週末情報をご紹介したり、ゲストをお迎えして楽しいおしゃべりで過ごす1時間です。

20190629みのたん①

何と言っても今週はG20の話題ですね。交通規制などいろいろ経験したことのない4日間の真っ只中です。そしてやっと梅雨入り・・・この鬱陶しい感じ、思い出しました。

そんな鬱陶しい天気なんて関係ない!今週は「頑張る姿に元気をもらえる!」そんな若い世代のゲストさんがたくさんきてくれました。

まずは大阪大学@箕面キャンパス夏まつり実行委員会から川中一輝さん、高木優衣さん、財部友之介さんが夏まつりのPRにきてくれました。箕面キャンパスは外国語学部があるということで国際的、多文化共生の場でもあるまさにダイバーシティーです。夏まつりでは地域の皆さんも一緒に楽しみながらその雰囲気を味わっって頂きたく、今年もたくさんのイベントを企画しています。例えば食べ物の屋台でいうとドイツ語学科ならソーセージ、トルコ語学科ならトルコアイスなど、専攻の言語にちなんだ国の料理やスイーツが出ます。あとステージでは即興のラップバトルも行われます。今年のテーマは「アクション」よーいアクション!の掛け声で思い切り大阪大学@箕面キャンパスの夏まつりを楽しんでくださいね。7月13日土曜日アクションスタートです。

20190629みのたん③

そして箕面でイキイキと活動する皆さんをお迎えしてお話を伺うコーナー「みのおコレ一番!」にはALTのジョナサン・カレン・ティア先生(子どもたちからはジョナサン先生と呼ばれています)と箕面市国際交流協会の坂口ピーターさんにお越しいただきました。
まずはALTとはアシスタント ランゲージ ティーチャー (Assistant Language Teacher)の略で、日本人の先生を補佐し、生きた英語を子どもたちに伝える「英語を母語とする外国人の先生」のことです。箕面市では、全小学校に3名~5名ずつ、全中学校に3名ずつのALTの先生がいます。

ジョナサン先生はアメリカ合衆国テキサス州出身の24歳。大学を卒業後JETプログラム(語学指導等を行う外国青年招致事業)に応募し、ALTとして箕面市にやってきました。現在ALT3年目で彩都の丘学園の2年生と5年生の授業を担当しています。

20190629みのたん④

彩都の丘学園の子どもたちの第一印象を聞いて見ると「みんなに会えて嬉しくて、優しくて、朗らかで元気な印象です。その印象は今も変わっていません」とのこと。授業では2年生は単語を中心に英語になれることを、5年生は文法を教えて少し難しいことにもチャレンジしています。そして休み時間にはいろんな学年の子どもたちと英語で交流しているそうです。

箕面市の印象は?の質問では「私の故郷シュガーランドのヒューストンとは全然違います。シュガーランドは大都会で、文化の多様性があって色々な人や食べ物があるダイバーシティーです。箕面は緑や自然がいっぱいでとても気に入っています。」

ジョナサン先生の好きなことや夢は?の質問では「お菓子を作るのが大好きで、ケーキやマカロン、アイシングクッキー、料理も作っています。和菓子にも興味があります。将来の夢はアメリカに帰ってお菓子づくりの学校か料理学校に通ってパティシエか料理人になりたいです。」と教えていくれました。

20190629みのたん⑤

最後に子どもたちに「いつものように気軽に英語で話して、たくさん喋っていて欲しいです。そして今日はとても楽しかったです!」とメッセージをくれました。

とても日本語が上手なジョナサン先生はですが、大学で2年間勉強してあとは独学でここまで流暢に話せるようになったそうです。そちらの方にスタッフ一同驚愕!!!!
優しくて明るいジョナサン先生と子どもたちが楽しく英語で話している姿が想像できました。

2019年6月30日(土)あさ11時から放送「みのたんらじお」