教学の森だより・・・待望の「フレッシュ」新キャンプカウンセラー、20名加入!

2019/06/28

kyougaku-1ニンニン
タッキーBOX金曜日(パーソナリティー・小南祐子)、第4週の午後5時からは「教学の森だより」。青少年教学の森野外活動センターからゲストをお招きして、箕面の山のようすや、キャンプ情報などをお聞きしています。
今回は青少年教学の森野外活動センター所長の篠坂賢治(しのさか・けんじ)さんにお越しいただきました。

「キャンプカウンセラー、新メンバーが20人も入ってくれました!」
大学生によるボランティアで、キャンプ場を整備したり利用方法をお客さんに伝えたりするのが役割です。
経験年数により、

1年目・・・フレッシュ
2年目・・・ジュニア
3年目・・・ミドル
4年目・・・シニア

という風に呼び名が変わるそうです。
6月には新人研修が始まり、キャンプの基礎から救急・救命講習、消火訓練まで。教学の森を訪れる人が、安全にキャンプを楽しめるように、しっかりと学びます。
6月29日から始まる「わくわくキッズキャンプ」では、幼児たちがどろんこ遊びを楽しむプログラムがあります。その準備のため、キャンプカウンセラーたちは土を耕し、小石を取り除いて、どろんこ場の整備に励んでいます。
キッズのみなさん!安心してどろんこになれますよ!?

「キャンプカウンセラーはまだまだ募集しています。大学生で興味のあるかたはぜひご連絡を!」