ボーカリスト はいどらんじあyocoさん@植田洋子とTea For Two

2019/10/16

ステキなゲストをお迎えして、楽しいトークと素敵な音楽をお届けします。
お茶でも飲みながらステキな午後をお楽しみください。
今週は、ボーカリストのはいどらんじあyocoさんをお迎えしました。

DSCF5250-1

関西を中心に、ボーカリストとしてジャズやポップスなどのジャンルで活動しているはいどらんじあyocoさん。
岡崎ジャズボーカルコンテストという権威あるコンテストでは準グランプリを受賞しています。
「はいどらんじあ」とは英語で「紫陽花」という意味。
紫陽花が大好きだったおじいさんが名付けてくれた「陽子」という本名から取って、「はいどらんじあyoco」と名乗っているんだそう。
yocoさんが他のご家族から留学を反対された時に、「語学を学ぶのは良いことだ」と唯一後押ししてくれた素敵なおじいさんだったんだとか。

yocoさんが歌を始めたのは10数年前のこと。
当時流行っていたゴスペルで、みんなで歌を歌うことの楽しさを知ったんだそうです。
そこからオリジナルのユニット活動を経てジャズの世界へ。
独特のメロディやコード感、また音で遊びが出来るため、ライブでその時しか聴けない音楽に仕上がるジャズに魅力を感じたんだとか。

平日はスポーツメーカーで働いているyocoさん。
商品にカビが生えないようにするための研究として、カビを育てていたこともあったそう。
今はカビの研究ではなく、具体的にスポーツ用品を作っているそうですよ。
「これが欲しい!」と言われて作るより、作った後に「これが欲しかった」と言ってもらえるのが嬉しいんだとか。
お仕事も歌も楽しくて、充実した毎日を送っていますとyocoさんはにっこり笑います。
ご主人もピアノをやっているらしく、堺市で行われる浜寺ローズカーニバルなどのイベントで一緒に演奏したりしているそうです。

お仕事でカビを育てて研究していた経験があるyocoさん、実はきのこが大好き。
きのこはメルヘンで、いくら見ていても飽きないといいます。
スタジオにきのこの写真集も持ってきてくれましたよ。
yocoさんは見る専門で、野生のきのこを取ってきて食べたりすることはないんだとか。
SNSでも良くきのこの写真を見ているらしく、箕面のきのこも多く登場するので興味を持ってくれていたそう。
どうやら箕面には色々な種類のきのこがたくさんいるみたいです。
また、yocoさんはアートを見るのも大好き。
特にお笑いコンビ野性爆弾のくっきー!のアート作品が大好きで、スマホケースもくっきー!のグッズ使うほどだとか。
まだまだやりたいことや興味があることがたくさん!というyocoさんのライブ情報などは、ブログFacebookSNSでチェックできます。
ふんわりとしたお人柄とその素敵な歌声を、みなさんもぜひ生でお楽しみください!

DSCF5248-1

はいどらんじあyocoさんのファーストアルバム「Hydrangea」から選曲いただいた音楽も織り交ぜてお届けしました。 

■10/16(水)午後3時放送(再放送は10/16(水)午後9時、10/20(日)午後5時)