まちのラジオ第1週「secondM」のワクワクがとまらない!

2019/12/05

箕面の元気な活動グループが週替わりでお送りする「まちのラジオ」(木曜午後3時、再放送は同日午後9時、翌日曜午後1時)。11月から毎月第1週は、ワクワクがとまらないレンタルスペース 「secondM」管理人の森田ちかこさんがゲストをお迎えして番組を制作していきます。

secondM1

第2回目のゲストは「second M」の利用者でも古参モノ?のチョークアートファクトリー「葵屋」のフジイヒロミさんをお迎えいたしました。
フジイさんはsecondMのDIYスペースを利用してワークショップを開催したり、飲食店などお店の看板を描いたりと多方面で活躍中のチョークイラストアーティストです。

まずはチョークアートファクトリー葵屋を始めるまでをお聞きしました。
子どもの頃から絵を描くのが大好きだったフジイさん。将来はイラストレーターになりたいなーと漠然とした夢がありましたが、ご両親の勧めもあって会社員として働き出します。その後結婚、出産を経て子育てに追われる中ふと「家でもできる仕事で絵を描く仕事はどうだろう?」と再び絵を描くことを思い立ちます。そしてチョークアートとの出会い・・・
黒板という黒いキャンバスに色鮮やかなチョークで描いたモノたちがイキイキと表現されていく魅力にはまり、チョークアート協会で学び、「チョークアートファクトリー葵屋」を立ち上げました。

お仕事の幅も最近ではぐっと増え、飲食店の看板やメニュー表、車のディーラーではガラス一面に新車の絵を描くなど新しいお仕事との出会いがありました。特に食べ物を美味しそうに描くのが得意だそうで、実際secondMのキッチンスペースにトローリとチーズが溶け出す美味しそうなピザの絵が描かれています。
また小学生の女の子のお母さんでもあるフジイさんは子どもが大好き!子どもたち向けのワークショップやお子さんの似顔絵を描いて欲しいというお仕事も増えてきました。
そしていよいよ来年からはsecondMを本拠地に個人事業主としてさらにパワーアップしてお仕事を広げていかれます!
なんとsecondMでは通常のスペース利用に加えフジイさんのようなものづくりクリエイターへシャア工房・オフィスとしてご利用できるサービスもあるのです!!

secindM2

子育てをきっかけに絵を描き始めて、お仕事につなげていかれたフジイさんのお話は、「私も何か始めたい!」と思っている子育て真っ只中の皆さんにパワーを与えてくれますね。
そんなチョークアートファクトリー葵屋フジイさんのお仕事を間近で体験できるワークショップが12月7日に行われますよ!
クリスマスツリーを作るイベントを12/7(土)の11:30~15:30迄、箕面キューズモール内エルステージにて開催致しますので、是非お子さまと一緒に遊びに来てくださいね(๑´ㅂ`๑)
また現在、箕面市民活動センターで、子どもたちと共同で描いたクリスマスツリーがウィンドーを彩っていますのでこちらもチェックしてくださいね。

「secondM」はかやの中央・みのおキューズモールWESTの南隣にあるモリタ金物店の2階にあります。2階フロア全体がレンタルスペースになっていて、①写真撮影にぴったりな真っ白いお部屋のフォト&リラックスルーム、②マルシェなどイベントが開催できるセミナールーム、③金物店だけにいろんな道具が揃っているDIYルーム、④ランチ営業もやっているキッチンの4つの部屋があります。

「ワクワクがとまらないレンタルスペース」のキャッチフレーズのとおり「secondM」管理人ちかこさんご自身も「いつもワクワク!みんなをワクワクさせたい!」の気持ちが溢れています。
なにか作ってみたい!挑戦してみたい!イベントを開催してみたい!と心にワクワクが芽生えたら気軽にちかこさんに相談してくださいね!

ホームページはhttps://second-m.com/
イベント情報もチェックしてくださいね!