番組を通じてうれしい出会いがありました!@クラフトビールCLUB

2020/03/01

ccb0301 クラフトビールってどんなん?という飲んだことのないかたから、クラフトビールにめちゃめちゃ詳しいコアなファンまでが楽しめるトーク番組(第1日曜15時初回放送)。
クラフトビールの醸造から販売までを手がけ、ビアジャッジの資格を持つ谷和(たに・あい)と、旅のプロ・風間佳成(かざま・よしなり)がクラフトビールの魅力や最新の話題などを語ります。

 日本で初めて(?)のクラフトビールについて語り合う番組がスタートして、この3月で丸1年が経ちました。
あっという間でしたね。支えていただいたリスナーのみなさん、ブルワリーのみなさん、お店のみなさん、タッキー816のスタッフのみなさんのお陰です(感謝!)。
この1年間をみてもクラフトビールの勢いは止まりません。
大手ビール会社の看板のビールの売り上げが低迷し、第3のビールなどに力を入れて競っていますが、かたやクラフトビールはブルワリーが続々と誕生し、アメリカなどから特色あるブルワリーのビールも輸入されるようになり、ブームといえる現象を起こしています。
 ところが現在は新型コロナウイルスがパンデミック寸前という分岐点ということで、イベント中止の知らせが続々と入ってきています。先月ご紹介した志賀高原での「スノーモンキーライブ2020」も中止となりました。
私も今年こそとチケットを購入して楽しみにしていたのですが…。
また、今月開催予定だった「箕面はしご酒」も中止となってしまいました。
二つのイベントは取材して放送しようと思っていたんですよ。
 クラフトビールを提供しているお店はウィルスに負けじと頑張っていますので、ピークが過ぎたらまた飲みに行ってあげてくださいね。
 番組では、クラフトビールをもっと知りたいというリスナーのための和ちゃんによるビギナー講座が好評です。
クラフトビールの様々なスタイルの特徴やそれに適したグラスの説明もしました。
お店に行ったときに、ビールリストのアルファベット表記についても解説しました。
例えば「ABV」とか「IBU」とか、「SRM」とかあるんですが、これを知っておくとビールを選ぶときに役に立ちます。
また、ビアフェスの楽しみ方についてお話ししました。
リスナーのかたからは水を飲むことが大事ということを気付かされたというコメントもいただきました。
クラフトビールをもっと知りたいという人に本の紹介もしました。
手軽に読めるコミックも出版されているんですが、1巻目は出るけどなかなか第2巻が出ないよね、と話していたら、なんと数日後に「琥珀の夢で酔いましょう」の2巻が出ました。
これはなかなか通好みの内容でしたね。料理とのペアリングとか、岡山城を貸し切ってのビアパーティとか載っています。
また先月はクラフトビールのTAPルームやブルーパブの紹介などもしました。
少しでもみなさんの役に立てたらうれしいですね。
 僕にとっての一番の思い出は、滋賀県甲賀市の総社神社で約600年前から行われている麦酒祭りに参加したことです。
ビールの元祖といわれている麦で作る一夜酒の現場を見学させていただきました。
クラフトビールの聖地になったらいいなと思っています。

総社神社パンフレット

総社神社パンフレット

麦酒醸造(総社神社)

麦酒醸造(総社神社)


 そして今月は、アメリカのクラフトビール事情に詳しい和ちゃんから今どうなっているのかといった話をしてもらいました。
なんせブルワリーの数が約8,000(日本は約450)もあるそうですからすごいですよね。
 今月の旅は、和ちゃんが徳島県北東部に位置する神山町に行ってきました。神山ビール醸造所(2018年営業開始)にはTAPルームも併設されています。
神山ビール

神山ビール

また、ボトルのラベルはとっても個性的なデザインです。
近くに神山温泉・ホテル四季の里&いやしの湯があり、ゆっくりと寛ぐことができますよ。
この町には日本神話に登場する穀類の神様を主祭神とする上一宮大粟神社があり、古くからこの地で粟などの穀物を生産し、生活が営まれていたとされています。
また徳島は阿波の国と呼ばれますが、阿波の語源ともいわれる粟生の里と呼ばれ、人々の交流拠点として栄えました。
箕面市にも粟生新家や粟生間谷などの地名がありますが、穀物に由来するのは共通しているのかもしれません。
この町が今、地方創生の最先端の町として注目を集めているんです。
10年位前から東京や大阪の企業が続々とサテライトオフィスを構えるようになりました。
高速の光ファイバーが整備されていて、ワーケ―ションという、ワークとバケーションの造語ですが、新しい働き方ができるということで若い世代がどんどん入ってきていて、視察や研修に訪れる人も多くいます。
大変おもしろいクリエイティブな町です。
ほかにも徳島にはセカンドストーリーとか上勝町のライズ&ウィンブルーイングなどが有名ですね。
この他にも今後の番組で取り上げたいところはいっぱいありますので楽しみにしてください。
 実は先月にうれしい出会いがあったんですよ。
この番組でベアードビール・ベースステーション関西のオープン記念でリスナープレゼントをご提供いただいたのですが、なんとその当選者とベースステーション関西で偶然にお目にかかったんです。
堺市のかたで当日が2回目の来店ということでした。ビールが送られてきたときは奥様がびっくりされたそうです(写真の掲載はご本人了解済)。ほんとクラフトビールの番組をやっていてよかったなと思いました。
植益様と風間(ベアードビール・ベースステーション関西にて)

植益様と風間(ベアードビール・ベースステーション関西にて)

 みなさん、2年目を迎える2020年4月5日の放送をぜひ聴いてくださいね!
(文責:風間佳成)

■クラフトビールCLUB
毎月第1日曜日15時放送(当日22時、翌月曜日15時リピート放送)