ふらっとちゃっと 中国・内モンゴル自治区からの留学生、孫超さん

2020/07/12

flat_200712大阪大学で環境を学ぶ学生がお送りしているラジオ番組「ふらっとちゃっと」。
大学の先生や留学生をゲストに迎えたり、いま話題のテーマで討論したり、地域で行われている催しに参加して取材したり、毎月趣向を凝らしてお届けしています。

※新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、今回もビデオ会議アプリ「Zoom」で収録しました。

■発掘!Osaka University
大阪大学の先生や留学生をゲストに招いてお話を聞くこのコーナー。
今回のゲストは、中国からの留学生。

「孫超(スン・チョウ)です」flat_200712-2

大阪大学環境エネルギー工学科博士課程に在籍。
もともと中国の同済大学で学んだあと、ドイツに交換留学で1年、その後就職してエンジニアとして2年、そこから日本の慶応義塾大学で半年日本語を学んだ後、大阪大学に入りました。
そもそも留学のきっかけは、お父さんのこんな指示でした。

「外の世界を見てこい。技術力が高いドイツがいいだろう」

留学にはドイツ語の試験に合格することが前提となります。
3年かかってようやく合格し、念願のドイツへ。
いざ行ってみると、世界中から留学生が集まっていて、夜な夜なパーティーで楽しく過ごしたといいます。
「ただ、会話はみんな英語で、けっこう苦労しましたね」
せっかくあんなにドイツ語勉強したのに・・・!
それでも、留学を通してグローバルな視点が身に付いたという孫さん。「外の世界を見てこい」というお父さんの教えは、先見の明があったというべきでしょう。

就職した会社は、ビルの通信とセキュリティシステムの設計が業務内容でした。
2年間働いてお金を溜めてから、改めて日本へ。そこまでして日本に来たかった理由は?

「一つは、勉強を深めたかったからです」

環境をテーマにした研究に関心があり、大阪大学の下田研究室がちょうどその研究をしていることから、直接メールを送ってやりとりし、本当にそこに入ることができたという孫さん。
現在は、「ビルの屋根に太陽光パネルを設置して、どれくらいエネルギーが得られるか」という創エネルギーの分野を研究しています。
そして、もう一つの理由とは・・・

「アニメが大好きだから!」

秋葉原の地図は頭に入っている、梅田のアニメ関連の店も地図を見ずに行ける・・・。
そんな筋金入りのファンぶりを披露していただきました。

孫さんの将来の目標は?
「東京で就職したい。にぎやかな雰囲気が好きだし、秋葉原にもちょくちょく行けそう」

他にも、パリのエッフェル塔が自分にとっての「聖地」で、フランス語も身に付けてフランス旅行もしてみたい・・・。欲張りなくらいたくさんの夢を、一つ一つ実現させてきた孫さんのことですから、いずれ現実のものとなることでしょう。