教学の森だより・・・今見逃すと、2080年まで見られない!?

2020/10/23

kyougaku_201023タッキーBOX金曜日(パーソナリティー・小南祐子)、第4週の午後5時からは「教学の森だより」。青少年教学の森野外活動センターからゲストをお招きして、箕面の山のようすや、キャンプ情報などをお聞きしています。
今回は青少年教学の森野外活動センター所長の篠坂賢治(しのさか・けんじ)さんにお越しいただきました。

素敵なリースを手にスタジオ入りした篠坂さん。
「今度、リース作りのイベントやりますので、ぜひご参加ください!」

●森の素材でリースを作ろう
日時:11月28日(土曜日)午後1時から
場所:青少年教学の森野外活動センター
料金:500円
申込:11月9日から

森の素材を使ったリース。
あしらったどんぐりには目玉が描かれて、ちびトトロっぽい!
ハロウィン風やクリスマス向けにアレンジも可能で、つるの部分は長持ちするので来年も使えます。
簡単に、雰囲気のあるリースができちゃうイベント。要チェック!

そして篠坂さんからは、星の話題も。
「今は惑星がとてもきれいに見えますよ」
東の空には真っ赤な火星、現在は地球に近い時期で、大きく明るく見えます。
そして、西の空には木星と土星が並んでいます。
「こんな風に並んで見えるのは珍しいんです。現在最接近しているためですが、次にこれだけ近づくのは2080年になります」
60年後!
悔いのないよう、今いっぱい見ておかなくては!