ふらっとちゃっと 新メンバー登場!押しかけマネージャーは環境命!西原乃里子さん(key)

2021/01/10

flat-1集合写真(合成)
大阪大学で環境を学ぶ学生がお送りしているラジオ番組「ふらっとちゃっと」。
大学の先生や留学生をゲストに迎えたり、いま話題のテーマで討論したり、地域で行われている催しに参加して取材したり、毎月趣向を凝らしてお届けしています。

■発掘!Osaka University
大阪大学の先生や留学生をゲストに招いてお話を聞くこのコーナー。
今回のゲストは、待望の新しいメンバー登場です!

「こんにちは、西原乃里子(にしはら・のりこ)です」

出身は広島県。大阪大学環境エネルギー工学科4回生で、来年度からは大学院に進学予定です。
研究テーマは「木質バイオマスのエネルギー利用による環境影響」。
間伐材などを再利用したエネルギーについて、そのCO2排出量を算定する方法を研究しています。
もともと子どもの頃から環境問題に興味があり、家族にも「電気点けっぱなしだよ!」と言って回るような子どもだったそうです。
その思いは今も変わらず、将来は「全世界のCO2排出量をゼロに」と壮大な目標を掲げています。
flat-2
座右の銘は「失敗は成功のもと」。
いろんなことに挑戦するのが好き、ということで、ラジオメンバーもその挑戦のひとつとなります。
特技は子どもの頃から続けてきたピアノ。大学では軽音サークルに入って、キーボードを担当しています。
他に、大学に入ってから新しく始めたのが、テニス部のマネージャー。
「高校までは自分から体を動かすタイプだったので、マネージャーになりたいという思いはまったくなかったんですけど」
体育会系サークルの硬式テニス部を見学したところ、「雰囲気がとても良かったので」志願してマネージャーに採用してもらいました。
それまでテニス部にマネージャーはおらず、いわば「押しかけマネージャー」。
どんな仕事をしようか?というところからのスタートでしたが、マネジメントから選手へのアドバイスまで、さまざまな場面で活躍してきました。
そこで磨いたマネジメント力、ぜひ、ふらっとちゃっとでも生かしてほしいものです。

ちなみに西原さん、進学先を大阪にしたのは何か理由が?
「実は私、関ジャニ∞の大ファンだったんです」
大阪に行けば、どこかでばったり出くわしたりするかも・・・ということですが、動機がやや不純!?
なお、受験前はCDやグッズをダンボール箱に封印して勉強に打ち込んだそうです。おかげで合格できたのは良かったけど、ずっと距離をおいていたら、いつしか熱が冷めてしまったとか。
そんなわけで、実家の西原家には、封印されたままの開かずのダンボール箱が、今も押し入れで淋しく眠っているそうな・・・・。