ヴァイオリニスト横山令奈さん、横山亜美さん、ピアニスト杉林岳さん@植田洋子とTea For Two

2021/01/06

ステキなゲストをお迎えして、楽しいトークと素敵な音楽をお届けします。
お茶でも飲みながらステキな午後をお楽しみください。
今週は、ヴァイオリニストの横山令奈さんと妹の横山亜美さん、ピアニストの杉林岳さんをお迎えしました。
亜美さんと岳さんはスタジオで、令奈さんはリモートでお話させていただきましたよ!

DSCF0004-1
(横山亜美さんと杉林岳さん、母の貴子さん、コンサートを企画した関西テレビの片平さんも一緒)

昨年4月イタリア北部クレモナで新型コロナウイルス患者の治療に奮闘する病院の屋上からヴァイオリンの音色を届けた日本人ヴァイオリニストがいました。
それがクレモナ在住で、箕面出身のヴァイオリニスト横山令奈さんです。
患者や医療従事者、亡くなった方達を想い、祈りを込めて演奏するその姿が、今もみなさんの記憶に鮮明に残っているのではないでしょうか?
そんな令奈さんの演奏を生で聴くことが出来る地元凱旋公演が決定しました!

IMG_1763-1

令奈さんは残念ながら2週間の待機期間中のため、リモートでのご出演になりました。
スタジオにはウィーンから12月初めに帰ってきていた岳さんと箕面在住の亜美さんが来てくれました。
でもまるで3人ともスタジオにいるかのようなお話の弾み具合でした。

杉林岳さんはウィーン在住のピアニスト。
令奈さんと同じ箕面のご出身です。
この番組には昨年7月の実家に帰られていたタイミングで運よく出演してもらえました。
ウィーンのピアニスト、シュテファン・メラーに気に入られ「ウィーンにおいでよ」と誘われたのが11年前。
声楽家の母、貴子さんの歌声を子守唄にして育った影響か、「歌ごころ」のある演奏が特徴。
立体感のある音だと亜美さんも大絶賛しています。

横山亜美さんは令奈さんの妹で、同じくヴァイオリニスト。
当然令奈さんや岳さんと一緒で、箕面出身です。
この番組には約4年ぶりのご出演。
おしゃべりがとても上手な亜美さんのコンサートは、トークでリラックスしながら音楽を楽しむというスタイル。
またコロナ禍においては、オンラインを巧みに利用してレッスンや演奏活動をしています。

令奈さんが日本に帰ってきてコンサートをすると決まった時に、岳さんを紹介したのは亜美さん。
年齢も近く、出身地も同じ、そして音楽に対する考え方も合うお二人。
当日も息ぴったりの演奏が聴けることが、トークからも伝わってくるようでした。

「横山令奈 ヴァイオリン・コンサート」は愛知と、大阪では豊中と箕面での開催が決まっています。
中でも箕面の公演は少し特殊な内容になっています。
その最たるものが、亜美さんのヴァイオリンミニ講座です。
さらに3人での演奏、トークショーもあります。
3人で演奏するのが「2つのヴァイオリンとピアノのための5つの小品」という曲。
10分ちょっとある曲ですが、お客さんと一緒に楽しめるため、あっという間に終わってしまうそうです。
3人ともが「やるならこの曲だよね!」と阿吽の呼吸で決まったんだとか!

全く演奏が出来なかった期間、演奏家として何が出来るのかをずっと考えていたという令奈さん。
病院から演奏の依頼が来た時、必要としてもらえることがとても嬉しかったそうです。
これからも人を勇気付けたり心をケアしたりという意味で、芸術は存在し続けるべきだと信じているといいます。
令奈さんは最後に「世界中のアーティストが予防をしつつも勇気を出して発信を続けることで、誰かを元気にすることが出来るはず」と語ってくれました。

箕面での公演は箕面市立メイプルホール大ホールで1月21日(木曜日)に行われます。
詳しくは箕面市メイプル文化財団などのWEBサイトをご覧ください。

みなさんの演奏された音楽も織り交ぜてお届けしました。 

■1/6(水)午後3時放送(再放送は1/6(水)午後9時、1/10(日)午後5時)