発信!じゅーだいスクランブル…「私の好きな言葉」

2021/01/30

ju-dai_210130

途方もない時間の中で ただただ未来に思いを寄せる
未完成だが美しい そんな十代が送る30分の番組・・・

地域に暮らす若い人たちの声をラジオで届けたい。
そんな思いから、タッキー816では「ハイスクールプログラム」を毎週放送しています。
ただし、出演は、特定の高校・特定のクラブのみ。
そこで、ラジオに出てみたい中・高・大学生たちが自由に集まって、語り合う番組を企画しました。
タイトルの「発信!じゅーだいスクランブル」は、
・戦闘機の緊急発進(重大スクランブル)
・中・高・大学生などが混ぜこぜ(十代スクランブル)
という二重の意味があります。
今を生きる十代の若者が、切実に思うこと、伝えたいことは何なのか。
番組づくりを通して、一緒に考えていければと思います。

第11回となる今回は、中学生から大学生まで、8人がオンライン収録に参加してくれました。
「ゆうきです」(大1)
「かいりです」(大1)
「ふうこです」(大2)
「わっしーです」(大2)
「あいです」(大4)
「Rukaです」(大4)
「やーまんです」(高2)
「れいです」(中1)

さて、このメンバーで話し合う今回のお題はこちらっ!

私の好きな言葉

今回のテーマは「私の好きな言葉」。
生きていく上でその人が大切にしている言葉「座右の銘」や、誰かに言われて嬉しかった言葉、ハッとした言葉、
何かに気付かされた、何かのきっかけになった言葉。
本や映画、歌や漫画などのセリフで心に残ったもの。
人生のいろいろな場面で、心を支えてくれる。そんな言葉について、みんなで語り合いました。

<かいり>
「大丈夫 きっとすべては上手くいく」(安室奈美恵『Get Myself Back 』より)

<やーまん>
「みんな、王の半分も努力できないだろう」(荒川博/王貞治のコーチ)

<わっしー>
「笑ってよ君のために 笑ってよ僕のために」(さだまさし『道化師のソネット』より)

<れい>
「人生、絶対後悔しないで生きる」(自分のスローガン)

<あい>
「やらぬ後悔よりやった後悔」(自分のモットー)

<Ruka>
「悩んでる人って、動かないで考えてるだけ。動物だから人間は動かないとわからない。無意識でぼーっと生きてるとダメ」(夏木マリ)

<ふうこ>
「何かにチャレンジすることで自分を非難する人に出会うかもしれないけど、自分に賛同する人に出会うかもしれない」(過去に自分で開いた写真展の来場者)

<ゆうき>
「一日ひとつの感動を」(高校の国語の先生)

それぞれが大切にしている言葉を、まずは発表してもらいました。
続いて、家族や友人、身近な人たちに聞いた「好きな言葉」。

<れい母>
「流れに逆らっちゃいかん。しかし、流れに流されてもいかん」(弘世現/元日本生命社長)

<ゆうき高校時代の校長>
「チャンスは必ず来ます。でも、一度しか来ません」

<ふうこインスタ>
「神様は見てくれている」
「死ぬこと以外はかすり傷。ナンクルナイ」

<ゆうきインスタ>
「自分は最高」

<Ruka同級生>
「努力して報われたらラッキー。2番目のオプションの方がベストかもしれない」

ちなみに、Rukaは現在スコットランドのグラスゴー芸術大学に在籍中。その同級生の言葉に、一同共感を示していました。

人生のさまざまな場面で出会う言葉たち。それらは時に、闇の彼方に灯る光となり、魂の起爆剤となり、行動を起こす引き金となり、生涯に寄り添う友にもなってくれるでしょう。
人生とは、そういった言葉と出会うための、長い旅なのかもしれませんね。