箕面観光ボランティアガイド柳井利明さん登場@みのたんらじお

2021/04/24

毎週土曜日あさ11時よりメイプルホールロビーから
公開生放送でお送りしている「みのたんらじお」(箕面市提供)
市内の色々な情報をご紹介したり、ゲストとの楽しいおしゃべりで過ごす1時間です。
大阪府に緊急事態宣言が発出されましたので
今週から再び箕面市船場東のタッキーのAスタジオからの放送となりました。

みのたん20210424

箕面でイキイキと活動する皆さんをお迎えしてお話を伺うコーナー「みのおコレ一番!」には箕面観光ボランティアガイドの代表を務める柳井利明さんにお電話でご登場いただきました。
代表3年目の柳井さん、昨年度は新型コロナウィルスの影響で活動自粛が続き、オープンハイキングなどほとんどの行事が予定通りに出来ない状況でしたが、ピンチをチャンスに、最優先の課題であった「新人ガイド募集」に力を入れるべく、プロジェクトチームを立ち上げ、課題に取り組みました。

実は昨年度のガイド養成講座応募者は3名。ガイド登録者は1名。という状況に危機感をかなり感じた柳井さん。同じく危機感を持ったガイド歴2.3年のメンバーと新人募集のためのプロジェクトチームを作り、アイデアを出し合ってきました。
それまではガイドになるためには9月10月の養成講座を受講後、2月末までにオープンハイキングや自主研修に半数以上参加しないといけないという条件がありましたが、なかなかハードルが高いのでは?とそこを取り除き、「ガイドになりたい!ガイド活動をする!」という本人の強い意志を重視することにしました。
さらに市内の公共施設やもみじだよりでの募集告知に加えて、千里中央「コラボ」や阪急宝塚線と北千里駅など募集告知を置かせてもらい、箕面観光ボランティアガイドのHPのトップページに「新人ガイド募集」を持ってきて、スマホやPCから直接申し込みできるようにしたそうです。
その結果、なんと養成講座に29名の応募があり、11名の方々が新人ガイドとして登録することになりました。応募者の中には高校生がいたり、現役世代が半数近くいたりとプロジェクトチームの健闘が実を結んだ形となりました。
そしてすでに令和3年度の募集についても動き出しているそうですよ。

色々と活動に制限がかかる事態ではありますが、観光客の多い滝道に樹名版を設置するべく準備中で、QRコードを取り付けで簡単に千葉県立博物館の樹木図鑑に悪説できるようになるそうです。そして、滝道だけではなく、西国街道や勝尾寺、本陣跡、止々呂美など市内全体を網羅した観光MAPも作成していく予定だそうです。

柳井さんから次々に新しい取り組みを伺っていると、早く活動が再開して、新人ガイドさんのデビューやお客さんの喜ぶ姿が早く見たいと思いました。
さらに進化する箕面観光ボランティアガイドの皆さんです!

2021年4月24日(土)朝11時から放送「みのたんらじお」

当日の放送はタッキー816youtubeチャンネルで聴くことができますよ↓