ビールで有名な国のおつまみ自慢&父の日ギフトにクラフトビールを!@クラフトビールCLUB

2021/06/06

 クラフトビールってどんなん?という飲んだことのないかたから、クラフトビールにめちゃめちゃ詳しいコアなファンまでが楽しめるトーク番組(第1日曜15時初回放送)。
クラフトビールの醸造から販売までを手がけ、ビアジャッジの資格を持つ谷和(たに・あい)と、旅のプロ・風間佳成(かざま・よしなり)がクラフトビールの魅力や最新の話題などを語ります。
cbc6 緊急事態宣言が4月に発出されてから6月20日まで延長となって、クラフトビールファンはストレスが溜まりっぱなし。
ビアパブやブルワリーなどの経営者、従業員のみなさんは本当にご苦労されています。
和ちゃんもコロナ禍で暗いムードが続く現況を、なんとか乗り切ろうとオンラインでビアフェスを開催するなどして頑張っています。
和ちゃんが5月にビアフェス@オンラインを2日間にわたってやりました。
1日目は「いわて蔵ビール(岩手県)」「横浜ベイブルーイング(神奈川県)」「Y.MARKETブルーイング(愛知県)」「松江地ビールビアへるん(島根県)」の各ブルワーがゲスト、2日目は「昭和貿易(ドイツビール)」「ブラッセルズ(ベルギービール)」「LAFF IMPORT EXPORT(オーストラリアビール)」「AQ BEVOLUTION(アメリカビール)」のそれぞれの国のビールの輸入業者さんがゲスト。
僕は2日目に参加。ビールの輸入業者であるインポーターのかたからのお話を聞ける機会ってめったにないので、大変参考になりました。
インポーターの目利きのお陰で、僕たちは世界の美味しいビールを楽しむことができているんだ、ということをあらためて認識しました。
ドイツでは、トレンドに左右されないケルシュ(ケルン)、アルト(デュッセルドルフ)、ヴァイツェン(南ドイツ)など地元に根付いたスタイルが定着していますが、最近は1人当たり消費量が減って年間100ℓを割っているそうです(ちなみに消費量1位はチェコで年間190ℓ、ドイツはオーストリアに次いで3位、日本は40ℓで52位)。
ベルギーでは、若者がアメリカに影響されクラシックとモダンが混じっている状況だそうです。
逆に自然発酵させた酸っぱいビールのランビックがアメリカで注目され見直されたということです。
オーストラリアでは、何杯でも飲めるドリンカブルなビールが特徴で、ブルワーもこれを大事にしているそうです。
またホップ、モルトも現地産が使用されており、アメリカ、ドイツ、ベルギーにもない味のビールが多くてインポーターのかたも驚かれたそうです。
アメリカでは、以前はTAPルームで新しいもの、限定ビールを飲むのが流行っていましたが、最近では安定したフラッグシップのビールを好んで飲むようになったそうです。
瓶ビールはなくほとんどが缶ビールということでした。
それぞれの国のビールの特徴やトレンド、そしてそれに合うおつまみのレシピの紹介など盛りだくさんの内容でした。
それぞれの国のおつまみ自慢もとってもおもしろく、そのレシピを聞いて和ちゃんは全部自分で作ってビアフェス@オンラインで紹介しました。
ドイツのカリーブルスト、ベルギーの定番・ムール貝のビール蒸し、オーストラリアのラムスパイシーロースト(サーフ&ターフという別名がついています)。
そしてアメリカは、ワカモレという代表的なメキシコ風アメリカ料理(テクス・メクス料理:Tex-Mex cuisine)です。
アボカドディップともいわれていて「guacamole」と書きます。
700年以上前、14世紀のアステカ人がワカモレを開発したといわれています。
各レシピは下記のURLからダウンロードして、ぜひ自宅で試してみてくださいね。

今月20日は父の日です。
ぜひクラフトビールを贈りましょう!
種類が多すぎて何を選べばいいか分からない?
お父さんの故郷の地ビールはどうでしょう。
現在、日本には500ものビール醸造所があります。
おそらくあなたのお父さんの出身地にもいくつかのブルワリーがあるはずです。
もし同居されているのなら、クラフトビールをネタに少年時代の思い出などを聞くのもいいでしょうし、併せて故郷のグルメのお取り寄せをして楽しむのもいいと思います。
中には、サンクトガーレン(神奈川県)のボトルや缶に「感謝!」という文字が入ったビール(この感謝ビールは珍しい1升瓶サイズもあります)や、独歩ビール(岡山県)の父の日ラベルのビールなど、そして地元の箕面ビールでは限定の「パパざるラガー」(6月12日発売予定)、これにギフトカードを添えて贈ると喜ばれますよ。21-06_2

近畿大学の女子学生4人が、リンゴと梨を使ったビールをAIを使ってレシピ化して商品化した話は、先月のタッキーブログ(URLは下記)に詳しく紹介していますのでご覧ください。
また、今月紹介した関西での7月のビアフェス(クラフトビアライブ2021、ビアフェス大阪2021)は、コロナの影響で再延期となってしまいました。新しい日程等は未定となっていますので、それぞれのHPをチェックしてくださいね。
#ビールで明日を幸せに。

これからも、もっと、もっと、クラフトビールの美味しさ、楽しみ方をお伝えしてまいります。
次回7月4日の放送をお楽しみに!
(文責:風間佳成)
■クラフトビールCLUB
毎月第1日曜日15時放送(当日22時、翌月曜日15時リピート放送)

ビアフェス@オンラインアーカイブ配信
各国自慢のおつまみレシピ
サンクトガーレン
独歩ビール
箕面ビール
クラフトビアライブ2021
ビアフェス大阪2021
5月のタッキーブロブ・クラフトビールCLUB