英仏のビール事情とビールに関するデータ紹介@クラフトビールCLUB

2021/07/04

 クラフトビールってどんなん?という飲んだことのないかたから、クラフトビールにめちゃめちゃ詳しいコアなファンまでが楽しめるトーク番組(第1日曜15時初回放送)。
クラフトビールの醸造から販売までを手がけ、ビアジャッジの資格を持つ谷和(たに・あい)と、旅のプロ・風間佳成(かざま・よしなり)がクラフトビールの魅力や最新の話題などを語ります。
_IMG_1514 いよいよ「東京2020オリンピック・​パラリンピック競技大会」が始まります。
安心安全な大会運営に協力して、ステイホームでクラフトビールを飲みながらテレビで応援しましょう!
 時間制限はありますが、ようやくビアパブで飲むことができるようになりました!
和ちゃんは「樽生を提供できる」「グラスを洗える」ということが本当に久しぶりでうれしかったそうです。
実感こもってますよね。

箕面ビール 川柳入選者プレゼント

箕面ビール 川柳入選者プレゼント

 箕面ビールが今年の3月から募集していた「第1回ビール川柳」の入選作が発表されました。
10の川柳が選ばれています。
「疲れたら 病院よりも アイピーエー」
「もみじより 泡が恋しい 箕面猿」
「もう飲まない、泡と消えてく 強い意志」
クスッと笑えてなんかいいですよね。
箕面ビールのホームページには全入選作品が載っていますのでご覧ください。
入選作の賞品は、その川柳を掲載したオリジナルラベルの箕面ビールだったんです。
自分の川柳が載っている箕面ビールは格別の味でしょうねぇ。
 6月はG7サミットが英国で開かれ、日本の菅首相が参加しました。
英国といえばパブ、英国全土に約4万7千軒あるそうです。
しかし去年の3月からのコロナによる断続的な都市封鎖によって、1年間で約2千軒のパブが閉店したそうです。
特に立ち飲み系のパブが苦しい状況に追い込まれているということです。
厳しいですよね。
お隣のフランスはワインの国で知られていますが、実はフランスはヨーロッパ内でビール醸造所の数がナンバー1であることをご存知でしたか?
なんとフランス本土及び海外の領地を含め約2000の醸造所があるんですって…。
日本であまり知られていないのは、多分フランス産ビールの約7割が国内消費されているからかなと思います。
食事に合わせることを前提にして作られるビールは、フランスの伝統製法「ビエール・ド・ギャルド」、つまり貯蔵ビールと呼ばれるビアスタイルで、醸造後に低温セラーで貯蔵され熟成されることで、まろやかになるのが特徴なんです。
 フランスといえば、フランス観光親善大使に今年の5月、フランス在住の辻仁成さんが就任されました。
今年発刊された辻さんの著書「十年後の恋」は、離婚後、十年ぶりに恋をするアラフォー女性の物語だそうです。
舞台はコロナ禍のパリ。どんな物語なんでしょうか、読んでみたいですね。
 今日はビールのデータをいくつか紹介しましょう。
一人当たり消費量の一番多い国はどこだと思いますか?
2018年のデータでは、消費量1位はチェコで年間192ℓ、日本は52位で40ℓですから、日本人の4.8倍の消費量です。
2位はオーストリア108ℓ、3位がドイツ101ℓ、アメリカは20位で74ℓ、日本人の1.8倍の消費量です。
イギリスはアメリカと僅差の21位で73ℓとなっています。
 では、どこの国がビールをたくさん生産しているかというと、1位は断トツで中国、2位がアメリカ、3位はちょっとびっくりですが、ブラジルです。
日本は、というと生産量に関しては第7位となっています。
日本人の20歳以上一人当たり平均で、年に大瓶70本を飲むそうですが、日本の都道府県で一番ビールを飲む県は、東京都が1位で約大瓶100本、2位が沖縄県で約96本、3位が高知県で92本、4位が大阪府で約86本となっています。
年度によって多少の入れ替えはあるようですが、だいたいこんな感じですね。
最も少ないのが岐阜県で、年間大瓶換算で約52本となっています。
次いで少ない方から2番目が奈良県で岐阜県とちょっとしか変わりません。
ちなみに僕と和ちゃんは毎年約大瓶550本前後飲んでますね(飲み過ぎ?笑)。
クラフトビール講座 そして、6月には和ちゃんのオンライン講座「第3回モルト収穫編」が、そして今月は「第4回ホップ収穫編」が開催されました。
僕はモルト収穫編に参加したんですが、収穫するのはモルトではなく、麦なんですね。
麦もいろいろあって、主に使うのは大麦で、二条大麦と六条大麦の2種類あります。
オンライン講座では、この違いなどがよく分かります。
そのほかに、ホワイトビールには小麦を使うし、ライムギを使ったビールもありますよ。
ちなみに収穫した麦を発芽させ乾燥させたものが麦芽(モルト)です。
鳥取県の大山Gビールの麦畑からの収穫の映像を交えての講義でした。
次回の講座が楽しみです!
Youtubeの「CRAFT BEER BASEチャンネル」もぜひご覧ください。
ホップ

ホップ

大麦畑

大麦畑

 #ビールで明日を幸せに。
これからも、もっと、もっと、クラフトビールの美味しさ、楽しみ方をお伝えしてまいります。
次回2021年8月1日の放送をお楽しみに!
(文責:風間佳成)
■クラフトビールCLUB
毎月第1日曜日15時放送(当日22時、翌月曜日15時リピート放送)

箕面ビールブログ(川柳の記事)
CRAFT BEER BASE CH