ふらっとちゃっと 初めての合同公開収録!「国フェス×みのおエフエム」

2021/10/10

flat_211010a大阪大学で環境を学ぶ学生がお送りしているラジオ番組「ふらっとちゃっと」。
大学の先生や留学生をゲストに迎えたり、いま話題のテーマで討論したり、地域で行われている催しに参加して取材したり、毎月趣向を凝らしてお届けしています。

今回は、番組始まって以来の一大イベント。
大阪大学箕面キャンパスで行われた「箕面国際フェスティバル」で、「ふらっとちゃっと」と「らくがきVOICE」(阪大生のラジオサークル)が合同公開収録を決行しました!
フェスティバルの実行委員や、らくがきVOICEのメンバーと何度も入念に打合せして迎えた当日。
箕面キャンパス4階の屋内ステージで、一般の観客が見守る中、ステージでの公開収録がついに始まりました!
flat_211010bflat_211010c進行は、ふらっとちゃっと・らくがきVOICEがそれぞれ交互にコーナーを担当する形式。
ふらっとちゃっとではまず、ブルガリアからの留学生、ゲオルギエヴァ・ヨアナさんを檀上に招いて、お話を伺いました。
flat_211010dflat_211010e
続いてのコーナーは、阪大の先生へのインタビュー。
外国語学部ウルドゥー語専攻の助教、宮本隆史さんにお話を伺いました。
ウルドゥー語はパキスタンなどで話されている言語です。
宮本さんは「刑法」をテーマに研究しているということで、興味深いお話を聞くことができました。flat_211010fflat_211010g
「井戸端ふらっとちゃっと」では、カーボンニュートラルをテーマにスピーチを行い、会場のみなさんにも一緒に考えてもらう機会としました。
flat_211010hflat_211010i
およそ2時間に渡った公開収録。初めてづくしで随分緊張したりもしましたが、進行は時間通り。これなら公開生放送でもできそうですね。
 「らくがきVOICE」のメンバーは年下ですが、番組の進行やトークの盛り上げ方など、参考になる面もいろいろあったようです。お互いのチームの存在がいい刺激となって、いい関係を築いていければ。
「やって良かった。また一緒にやりましょう!」
こんな風に仲良くなった合同公開収録でした。flat_211010j