「Easy Going(どうにかなるさ)」にワクワクがとまりません。まちのラジオ第1週secondM

2021/12/02

元気な活動グループが週替わりでお送りする「まちのラジオ」(木曜午後3時〜、再放送は同日午後9時〜、翌日曜午後1時〜)毎月第1週は、ワクワクがとまらないレンタルスペース「secondM」管理人の森田ちかこさんがゲストをお迎えして番組を制作していきます。

今月は斬新なデザインと色使いで注目度UPのアフリカンファブリックで小物や服といった商品を次々に誕生せせている「エーフェアフリカ」代表の安本ユキさんをゲストにお迎えしました。ユキさんはガーナ人のご主人様と結婚、現在はガーナ在住です。コロナ禍でなかなか帰国できずにいましたが、この10月に久しぶりに関西へ里帰り。お忙しい時間を縫ってオンラインでの番組出演となりました。

1A6B2110-5364-4811-90AB-DC7BD4B2F1F3

まずは現在お住まいのガーナについての話から。西アフリカにあり、海を挟んだ上にイギリスがあるという位置のガーナ。結婚した時からいつかガーナに住んでみたいと思っていたそうで、2人の息子さんにもガーナの文化を吸収してもらいたいと決意し、ご主人の地元であるガーナ第2の都市クマシエに移住されました。

日本とは全く違う環境、文化である事は想像できますが、実際のところはどうだったかと伺うと…「移住当初ライフラインの不備や文化の違いから私のこの選択はあっていたのか?と落ち込んだりもしました。一人では車の運転もできない。買い物にも行けない。家族に何もかも頼らなければいけない自分が歯痒くて。言葉も通じずホームシックに…でも3ヶ月ぐらいかな?(笑)」とケロリと当時を振り返るユキさん。たくましすぎる…!
「ガーナの人たちは「Easy Going(どうにかなるさ!)」という前向きな国民性。電気や水道が止まっても慌てたりしない…明日になったらどうにかなるさという考え方。すっかりガーナ人の前向きな「なんとかなるさ」が馴染んでいきましたね。(笑)」なるほど…納得!

そうして過ごすうちにユキさんは日本から持っていっていた一台のミシンを使ってアフリカンファブリックで小物を作り始めます。もともと趣味で小物作りをしていたユキさん。帰国する際に友人へのお土産にと手作りポーチなどをプレゼントしていきます。デザインや色使いが斬新なアフリカンファブリックの小物たちは大好評となり、ぜひもっと作って売って欲しいと声が上がりました。またガーナと言えばカカオの産地。ガーナの魅力を伝えるためにフェアトレードのガーナ産カカオのチュコレートも食べてもらって、たくさんの人にガーナに興味を持ってもらえたらと考えました。
そして帰国した際に「伝えたい」という純粋な気持ちでワークショップやバザーをスタートさせました。

1DD9B32E-DB69-4874-B56C-2EEB72C0EB8A

だんだん人気が出てくるとユキさんと一台のミシンだけでは商品生産が追いつきません。ガーナで仕立て屋さんにお願いして、ユキさんがデザインすたスカートやエプロン、小物、ポーチなどもの作りが始まりました。
(ガーナでは洋服は仕立て屋さんで作ってもらうのが主流で町のあちこちにコンビニ感覚で仕立て屋さんがたくさんあるそうです。)
そしてブランド「エーフェ アフリカ」が誕生しました。

「エーフェ アフリカ」の一押しの巻きスカートは看板商品に成長。現地の若者をスタッフとして雇用するなど規模を少しづつ広げています。
しかし、文化と教育の違いからハサミの使い方がよくわからず、布を裁断するところから訓練が必要でした。ですが若い人たちにとって技術を身につけるということは何よりも貴重な機会です。ユキさんが出来上がった巻きスカートを試着させて、どんな着心地か?どうすれば着やすくなるのか?など丁寧に指導し、新しい商品が誕生していきます。

そして今回の帰国では若者たちが作った商品が並ぶマルシェをsecondMで、そして天王寺、九条、鳥取とポップアップストアを開催。2週間で4カ所を回るというハードスケジュールでしたが、どこも大盛況のうちに終えることができました。今の感想を伺うと、「正直ホッとした…」と。
ではこれからの目標は?の問いには、「たくさん売れたので、もっとたくさんの商品を作る仲間をガーナに増やしたいし、販売日数も増やして、エーフェ仲間を増やしたい!」とキラキラとした声で話されます。

secondMのマルシェではアフリカンファブリックを使って、箕面在住のぬいぐるみ作家るーさんずがワークショップを同時開催。これからもここ箕面からアフリカンファブリックの魅力を発信していく予定です。ちかこさんのワクワクも止まりません!
そして最後にユキさんにとってswecondMとは?の問いに、「多くのチャンスをくれて、多くの人と出会える場所」と締め括ってくれました。
まさにちかこさんが目指すsecondMの姿ですね!
また来年もマルシェで素敵なアフリカンファブリックの新作たちに出会えると思うとワクワクが止まりません!
(ちなみにsecondMではエーフェアフリカの商品を買うことができますよ)

9B3ED194-0435-4945-A730-FED40BEFF304

「secondM」はかやの中央・みのおキューズモールWESTの南隣にあるモリタ金物店の2階にあります。2階フロア全体がレンタルスペースになっていて、①写真撮影にぴったりな真っ白いお部屋のフォト&リラックスルーム、②マルシェなどイベントが開催できるセミナールーム、③金物店だけにいろんな道具が揃っているDIYルーム、④ランチ営業もやっているキッチンの4つの部屋があります。 「ワクワクがとまらないレンタルスペース」のキャッチフレーズのとおり「secondM」管理人ちかこさんご自身も「いつもワクワク!みんなをワクワクさせたい!」の気持ちが溢れています。 なにか作ってみたい!挑戦してみたい!イベントを開催してみたい!と心にワクワクが芽生えたら気軽にちかこさんに相談してくださいね!

2021年12月放送