ガンバ大阪インフォメーション 10月は背番号45番・FW  元日本代表の鈴木武蔵選手が登場!

2022/09/28

mushashi_220922aガンバ大阪を応援するコーナー「ガンバ大阪インフォメーション」。
選手インタビューや、最新の試合結果、現在の順位などをお伝えします。
(インタビュアー:菅濱小香)

<放送>
・日曜日午前10時10分(サンデータッキー)
・木曜日午後4時30分/翌金曜日午前7時25分(タッキーBOX)

10月は、背番号45番・FW 鈴木武蔵(すずき・むさし)選手にインタビュー。
ジャマイカ人の父と日本人の母の間に生まれ、幼少時にジャマイカから群馬へ。
高校時代にその才能を見出され、U-16日本代表に選出。
以後、各年代で日本代表として活躍し、2016リオオリンピックや、A代表でもゴールを決めています。
J1では新潟、長崎、札幌に所属。
2020年にベルギーへ移籍し、海外経験を積んで、今年6月末にガンバ大阪へ完全移籍しました。
「さすがはA代表経験者」そんな実力を見せつけたのが、8月27日(土曜日)の対名古屋戦。GKからのロングフィードを受け、一瞬フリーになったその時を見逃さず、ペナルティエリアのはるか手前からズバーンと振り抜いた右足のシュート。それはレーザービームのような軌跡で、相手ゴールに一直線に突き刺さりました。鳥肌ものの弾丸シュート、強烈すぎる名刺代わりの豪快弾に、サポーターも大喜び。
厳しい試合が続く中、ガンバ大阪の光明となってほしい。鈴木武蔵選手の今後の活躍が期待されます。
musashi_and_musashi
そして鈴木武蔵選手は、自身の生い立ちを語った書籍『ムサシと武蔵』を出版したことでも知られています。
肌の色が違うことで、心無い言葉を浴びた子どもの頃の辛い経験。
習い始めたサッカーでも、自分だけパスが回って来なかったり・・・それでも結果を出せば、次第に周囲に認められる。
そうして打ち込んだサッカーで、偶然U-16の代表監督に見初められ、そこからプロへ、そして日本代表への道が開けていきます。
とはいえ順風満帆だったわけではなく、高い身体能力の代償としてのケガに悩まされたり、結果の出ない苦しい時期が続いたりも。
そんな時に支えてくれたのは、人との出会いでした。クラブや代表のチームメイト、監督、そして伴侶との出会いに救われ、心の殻を破ることができた。
「こんな自分で良かった」と自分を認めることができた・・・。
外国にルーツを持ちながら、そのことで悩んでいる子どもたちにとって、鈴木武蔵選手は大いに力づけてくれる存在となるでしょう。
傷つき、悩みながらも、止まらずに走り続けるその姿を応援したくなる、『ムサシと武蔵』はそんな一冊です。

●10月2日(日曜日)サッカーを始めたきっかけ
友だちに誘われて7歳で始めたサッカー、でも野球の方が好きだった!?
高校の監督やU-16代表監督に、力を引き出してもらえたこと。

●10月9日(日曜日)代表になるために心がけたこと、海外経験について
海外では自分の意見をはっきり言うことが大切。
メンタル面でタフになることができた。
住んでいたベルギーのアントワープの印象など。

●10月16日(日曜日)ガンバ大阪に移籍して
他のクラブに在籍していた頃、ガンバは「なかなか勝てない相手」で対戦が嫌だった。
いざ入団、関西のノリを覚悟してたら、みんな意外にマジメ!?

●10月23日(日曜日)著書『ムサシと武蔵』について
「泣きました」と嬉しい感想をいただいたりも。
自分と同じ思いをしている人たちを始め、いろんな人に読んでほしい。

●10月23日(日曜日)オフの過ごし方
実は箕面に深い関わりが・・・!?
家族で旅行に行ったりしています。箕面の滝にも行ってみたい!