山田善春先生のラジオ科学実験教室vol.107@エールマガジン

2022/10/22

_IMG_1221ガンバッテイルみなさんを応援する土曜日の「エール・マガジン」(14:15on air)。
2022年10月22日(土曜日)は、山田善春さんのラジオ実験教室vol.107をお送りしました。
今回の聴き手はやぶたあきこ。
開局26周年特番のとき、山田先生100回目のご出演時以来の再開となります。
前回お話されていた、10月9日の関西大学100周年の記念行事「まちFUNまつりin関西大学2022」でのサイエンスショーには、約500人が来場し、大成功だったそうですよ!
今回、スタジオでは2つの実験を。
まずは、ドップラー効果を感じられる実験。
ドップラー効果とは、波の発生源や観測者が移動することで観測される周波数が変化する現象のこと。
救急車の音が、通過するときに変化するのを体感している人は多いはず。
その実験、ということで小さなスピーカーから音を出して、そのスピーカーを紐でくくって振り回し始めた山田先生。確かに音が変わりました笑。
次は空のペットボトルに圧力をかけていく実験。
100均で買った道具でペットボトルの口から空気を抜いていきます。
どんどんペットボトルがへこんでつぶれていきますが、これ、実は外側から空気が押している状態。
1㎡当たりなんと10tの力で空気が押しているんだそうです。
人間も空気に押されているけど、人間は空気を取り込んで吐いているのでつぶされないんだそうです。
身近なところに科学がある。科学は生活に密着している。
今回も、先生と楽しくラジオで科学しました!
次回は12月17日のご出演予定です♪お楽しみに!
■エール・マガジン
初回放送 土曜14:15、リピート放送 土曜22:15、翌木曜14:15