一杯のビールにいっぱいの感動を!Y.MARKET BREWING@クラフトビールCLUB

2022/11/06

_MG_1204クラフトビールってどんなん?という飲んだことのないかたから、クラフトビールにめちゃめちゃ詳しいコアなファンまでが楽しめるトーク番組(第1日曜15時初回放送)。
クラフトビールの醸造から販売までを手がけ、ビアジャッジの資格を持つ谷和(たに・あい)と、旅のプロ・風間佳成(かざま・よしなり)がクラフトビールの魅力や最新の話題などを語ります。
Y.マーケットY.MARKET BREWING KITCHEN今月のブルワリー探訪は愛知県名古屋市のワイマーケット・ブルーイング(以下、Y.マーケット)です。
Y.マーケットは2014年に醸造を開始した名古屋で初めてのクラフトビールの醸造所で、親会社は1935(昭和10)年から続く酒屋の岡田屋(社長は3代目の山本康弘氏)です。
Y.マーケットの名前の由来は、岡田屋が商売を営む柳橋中央市場の頭文字Y、そして市場(マーケット)から命名されました。
およそ4000坪の敷地に約300店舗が営業する「名古屋市民の台所」として知られる市場で、「自分たちの造るビールが多くのかたがたの食卓を彩り、今日の喜びと明日への活力の源となったら素晴らしい。そして、故郷柳橋がいつまでも活気あるまちであり続けてほしい」という想いが込められています。
そのY.マーケットの醸造責任者の加地真人(かち・まこと)さんをお迎えして、オンラインでご自身の経歴やビール造りのこだわり、クラフトビールに関する楽しいお話などを語っていただきました(今月は和ちゃんもオンラインでの参加)。IMG_2406IMG_2408加地さんの経歴は大変ユニークなんです。
もともとは菓子会社の洋菓子部門で働いておられたんですね。
そこから28才のときに、本人曰く、流され流されてカナダのモントリオールに語学留学と静養+遊びも兼ねて3か月の短期の予定で行かれました。

モントリオール市街

モントリオール市街

人生いろいろあるもので、なんとそこで正社員として働くことになったのです。
安定した収入を得ることになり金銭的な余裕ができ、友人とブリューパブに。
そこで飲んだIPAが加地さんの人生を大きく変えることになったんです。
クラフトビールのおいしさに魅了されて飲み歩いているときにルーク・ラフォンティンさん(現在はトロントでゴッドスピードブルワリーを経営)に出会いました。
彼から家庭でビールを造る方法などを教えてもらい、それから一気にビールを造るという世界に加地さんは誘われてしまったそうです。
素敵な出会いがあったから今のY.マーケットがあるんですね。
日本に帰国され、木曽路ビールの醸造長を務めておられたところに、「ビール造りを始めたい」という山本社長が視察に来られ、話をしていくうちに加地さんと意気投合。
立ち上げを一緒にやることになったのです。
醸造開始以来、加地さんが造られたビールはなんと約400種類くらいあります。
「ビールってこんなに種類があるのか!?というほどに懐が広くて楽しい飲み物です。自分が今、これを飲みたいっていうものを造っていたらこんなにたくさんの種類になってしまった」と笑っておられました。
ただし、種類があること=素晴らしいこと、というわけでもなくて、基本的にレシピを作るときには1つのビールを無限に飲んでもらえるようなドリンカビリティの高いビール造りを心がけておられるそうです。
Y.マーケットの醸造コンセプトは「一杯のビールにいっぱいの感動を!」です。
カナダに行く前は大手メーカーのピルスナータイプがビールのすべてと思っていた加地さんが、現地でビールの懐の広さ、楽しさを知ったときに、もっと多くの人にこの事実を知ってほしい、それを伝えられる造り手になりたい、と思われたそうです。
Y.マーケットのどのビールを飲んでも1杯でたくさんの感動を感じてほしいということでした。
加地さんは日頃から「楽しいときも辛いときもどんなときも、世界中で楽しい時間と出会いを創りだす」と言っておられます。
共感します!
加地さんと風間さん

加地さんと風間さん


【加地さんお勧めの観光情報】
名古屋城定番の名古屋城ですが本丸御殿がお勧めです。
本丸御殿は、尾張藩主の住居かつ藩の政庁として1615(慶長20)年に完成しました。
御殿の内部は障壁画や飾金具などで絢爛豪華に飾られ、江戸時代の先端技術を注いだ近世城郭御殿の最高傑作とたたえられるほどでした。
1945(昭和20)年、空襲により残念ながら焼失しましたが、2018年に復元しました。
また、テレビ塔のある久屋大通公園に2020年に開業した商業施設レイヤード・ヒサヤオオドオリパークなど人気スポットが続々誕生。レイヤード・ヒサヤオオドオリパーク東山動植物園も展示施設がリニューアルされにぎわっています。
隣の長久手市には愛・地球博の会場だったところにジブリファン待望のジブリパークが今月オープン。
名古屋のソウルフードといえば、きしめん、味噌煮込みうどん、ひつまぶし、矢場とんの味噌カツ、味仙の台湾ラーメンなどが有名ですが、Y.マーケット系列店のワイマーケットブルーイングキッチンの山ちゃん(Y.マーケットの社長が山本さんなので)の手羽先(チキンウィング)は超おすすめ!ビールに合う!チキンウィング
【クラフトビールイベント情報】
2025年に開催される大阪・関西万博。
日本だけでなく世界中から観光客がここ大阪へやってきます。
その日に備えて、大阪の酒蔵・ワイナリー・ブルワリーが力を合わせて大阪の酒業界から盛り上げていきたいという願いを込めて、大阪酒万博2022が開催されます。
まずは11月に大阪全域で酒販店、飲食店の皆様にご協力のもと大阪の酒特集を開催。
そして、11月26日(土)、27日(日)には大阪・新今宮「YOLO BASE」にてリアルイベントが開催されます。
このリアルイベントに参加するには、先にチケットを下記キャンプファイアのサイトで購入していただくことになります。
さらに11月23日(水・祝)~29日(火)の1週間、梅田の阪神百貨店和洋酒売り場にて「大阪酒万博in阪神」を開催されます。大阪酒万博大阪で造られたお酒の試飲販売、そしてコミュニティスペースにてイベント限定ビールの販売、豪華ゲストのトークセッションもありますよ。ぜひ期間中に立ち寄ってくださいね。
今月のゲストのY.マーケットからリスナープレゼントの提供をしていただきました。
Y.マーケット・ビール3本セットを1名様に直送します。詳しくはタッキー816のホームページをご覧ください。
#ビールで明日を幸せに
ではまた12月4日をお楽しみに!
(文責:風間佳成)
■クラフトビールCLUB
毎月第1日曜日15時放送(当日22時、翌月曜日15時リピート放送)

【参考】
ワイマーケット・ブルーイング
レイヤード・ヒサヤオオドオリパーク
名古屋城本丸御殿
ジブリパーク
キャンプファイア(クラウドファンディング)