元気でご長寿マルチーズのベリーちゃん@「聞かせて!ペット自慢」

2015/05/13

毎月 第2水曜日の「モーニングタッキー」の中でお送りする「聞かせて!ペット自慢」では、ワンちゃん、ネコちゃんなどみなさんの家族の一員のご自慢話を聞かせていただきます。

今月は箕面市にお住まいの吉田朋代さんにお話を伺いました。
ベリーちゃんはマルチーズの男子、15歳。
150513_ペット自慢Web 15年前のある日、朋代さんのお父様がペットショップで偶然見かけたベリーちゃんにひと目惚れ。3回通って「やっぱりこの子!」と、家族になったのでした。
 ベリーちゃんはとても良い子で、お話を伺っている間、朋代さんの膝の上でじっと待っていました。そんなベリーちゃんが豹変するのは獣医さんで耳を診察される時だけ。垂れ耳のマルチーズは耳の病気になりやすいもの。これまで何度か中耳炎になって医師のお世話になったのですが、耳をぺろんとめくり上げられるだけで大暴れ。家族総出で押さえて診察してもらっているそうです。予防注射などは平気なのに。
 わんこの15歳はとてもご高齢。ベリーちゃんも最近は少々耳が遠くなってきました。これまでは家族が帰宅したら玄関に走って迎えに来てくれたのに、最近は知らん顔で寝ているとか。
それなのに、好物の梨やリンゴの皮をむくシャリシャリという音には敏感で、すぐに近寄ってくるのは何故?!
 「これからもベリーちゃんの体のメンテナンスをしっかりして長く一緒にいたいです」とおっしゃる朋代さん。
まだまだ若々しいベリーちゃん、元気で長生きしてくださいね。

【こぼれ話】
ベリーちゃんはカメラが苦手で、普段絶対にレンズを見ないそう。
上の写真は朋代さん曰く「奇跡の一枚です!」
ベリーちゃん、ありがとうね。

(千波留)

**出演者募集!!**
ペット自慢出演者を募集します。
写真添付、ご連絡先明記の上、メールをお送りください。
メールの件名は「ペット自慢」で:816@minoh.net
お待ちしています。