ラジオプロデューサー今林清志さんとビートルズ特集第1弾!@エール・マガジン

2016/08/27

 ガンバッテイルみなさんを応援する土曜日の「エール・マガジン」(14:15on air)に、8/27(土)、ラジオプロデューサー今林清志さん登場!みのおエフエムでは、日曜日の朝9時に「今林清志のWinds of Music」を放送中です。今回は、「ビートルズが教えてくれた」をテーマに、ビートルズ特集第1弾!
160827
 1949年生まれの今林さん、ドンピシャでビートルズ世代です。ビートルズ来日50年の今年、ぜひビートルズ特集やりましょう!と盛り上がり、1週間前からリクエストも募集し、今回、実現しました。音楽を始めたきっかけがビートルズなんだという和気貴志はジョン・レノンメガネをかけて、ビートルズTシャツでやってきましたヨ。
今林さんのインナーのTシャツもビートルズでした!
 さぁ、最初の音源は、1966年6月30日、ビートルズ初来日の武道館で、まさに1曲目のライブ音源、つまり日本上陸最初の音です。
「Rock And Roll Music」!
当時、武道館で音楽のコンサートをするなんて…という時代だったそうです。それをやってのけたビートルズ。狂喜乱舞熱狂の来場者の歓声が伝わってきました。
続いてはリクエストにお応えして2曲
「I Want To Hold Your Hand」
「I Should Have Known Better」
次は和気貴志が最初に影響を受けた初期の1曲
「It Won’t Be Long」
今林さんからは全然ビートルズらしくない1曲。映画「マジカル・ミステリー・ツアー」の中の楽曲です
「Your Mother Should Know」大阪弁で言うなら「キミのおかあちゃんなら、この曲知ってるやろ?」
またまた和気からの1曲
「Taxman」出だしの咳がたまらんらしい。
アルバム「Abbey Road」全曲かけて、というリクエストには
「Here Comes The Sun」と、他のナンバーはBGMにしてトーク
「Sun King」の虫の声もたまりません。
当時の恋愛話のメッセージとともに思い出の曲としていただいたリクエストは
「Strawberry Fields Forever」
最後もリクエストにおこたえして
「Let It Be」
その他にも4歳の息子さんが「All Together Now」を口ずさんだというメッセージもいただきました。
とにかくビートルズを熱く語った50分。 
結論は、まだまだ時間が足りない。5時間全部特集しよう、と次回の企画で結びました。
 兵庫県の西部からはるばる音源をひっさげて来てくださった今林さん、ありがとうございました。
またお願いします!!

■「エール・マガジン」毎週土曜日14:15~15:00放送(翌週木曜日14:00再放送)