箕面高校チアフルタイム…ノッキン・オン・ヘブンズドアー!

HP_minoh_220513a箕面のいろいろな高校が、週替わりで番組づくりに取り組む「ハイスクールプログラム」(金曜夜9時30分~10時/再放送:日曜朝9時30分、水曜午後2時30分)。第2週は箕面高校演劇部の生徒が「チアフルタイム」と題してお送りしています。
今回は久しぶりのスタジオ収録!
出演は…

「まこと」「すずめ」「ロン」「小鉄」

さっそくですがみなさん、学年が一つ上がって感じていることは?

ロン・・・・生徒会役員になりました(書記)
すずめ・・・教室が3年連続同じ(1階)。ギリギリで校門をくぐっても遅刻になりません
まこと・・・教室が遠くなった(3階)。ギリギリで校門をくぐっても教室に着くまでに遅刻
小鉄・・・・地学基礎の授業が始まり、高校生活で初めて授業が楽しい

■ラジオドラマ「天国へようこそ」
ここは・・・どこだ?
「やっと起きましたか。私は天使でーす」
ここは天国の一歩手前。向こうに見える光が本当の天国です。
「さあ、行きましょう!」
あれ?足が・・・動かない・・・?
「それは何か、未練があるからですよ。心当たりは?」
そういえば・・・

-妹との会話-

「お兄ちゃんはどうしてそんなに頭がいいの?
私も努力してるのに、いつも比べられてしまう。
お兄ちゃんさえいなければ、こんなに苦しまなくて済むのに」
人に向かって、いなくなればいいなんて言うな!大体、お前の地頭が悪いからじゃないか!
「うるさい!お兄ちゃんなんて、大っ嫌い!」
俺だってお前が嫌いだよ!

・・・そうだ、俺は妹にひどいことを言ってしまった。
生き返って、妹に謝りたい。
「やっぱりそう言うと思いました。無理ですね」
そこをなんとか。
「妹さんも、きっと同じ気持ちですよ。
後悔は人を強くします。妹さんはきっと幸せになりますよ。」
そうか。わかった。
あっ、足が動くようになった。
ところで最後に聞きたいんだけど・・・俺はなんで死んだんだ?
「えーっと・・・本当に聞きたいですか?」
ん・・・やっぱりいいや。
天使さん、いろいろありがとう。
それじゃ。

「さようならー。・・・ふぅ、言えるわけないよね。あなたは妹さんに■■■れた、なんて」

■楽しき記憶、校外学習
4月に、2年生は京都、3年生は神戸へ校外学習に行きました。

<京都組>
小鉄「京都が舞台の小説に出てくる賀茂川に実際に行って、有頂天になりました!」
ロン「実は京都が初めて。『うわ、日本だ・・・!』って感じで、石畳の道とか、風情を感じました」
※ロンは香港育ちで、3年前に日本に来ました

<神戸組>
まこと「めっちゃ楽しいの一言。『ミイラ展』も観てテンション上がった!」
すずめ「食べ物屋を5軒ハシゴ。特大クレープのあとにラーメン食べに行くというわけのわからないことをやってました」

おそろしい子・・・!

じゃ、じゃあ、旅行に行くとしたらどこに行きたい?
ロン・・・北海道。雪というものを見たことがないので
まこと・・エジプトで発掘かな
小鉄・・・高知の漁港、朝市で海鮮丼を
すずめ・・北海道に一票。雪の妖精のような小鳥、シマエナガに会いたい

・・・bon voyage!

箕面高校演劇部twitter

HP_minoh_220513bそ・・・その技は・・・!

カテゴリー: ハイスクールプログラム, 箕面高校 |

まちのラジオ第2週 あらゆる問題解決します!?大阪大学社会ソリューションイニシアティブ教授・伊藤武志さん

machi_220512a箕面の主な活動グループが週替わりでお送りする「まちのラジオ」。毎月第二木曜は、大阪大学社学連携事業。大学と社会のつながりをテーマに放送しています。
今回のゲストは・・・

伊藤武志(いとう・たけし)さん(大阪大学 社会ソリューションイニシアティブ(SSI)教授)
嶋谷泰典(しまたに・やすのり)さん(大阪大学特任教授・21世紀懐徳堂副学主・万博推進室副室長)

「大阪大学社会ソリューションイニシアティブ」と、6月11日(土曜日)の「大阪大学共創DAY」についてお話しいただきました。
(聞き手:タッキー816スタッフ 野間耕平)

嶋谷さんは4月に続いて、2カ月連続出演。
いや、今回はあくまで伊藤さんがメインですから・・・ということで、まずは伊藤武志さんのプロフィールからうかがいました。
東京生まれ、主に神奈川育ちで、銀行員を経て経営コンサルタントに。
企業の経営相談などを引き受けながら、定期的に勉強会にも参加して、業務に関する知識や教養を磨いてきました。
そんな場で出会ったのが、大阪大学の堂目卓夫教授。
経済思想史が専門で、アダム・スミスの研究で知られています。
その堂目教授が、2018年に立ち上げたのが「大阪大学社会ソリューションイニシアティブ」。
社会のあらゆる問題に取り組み、解決するためのシンクタンクとして設立されました。
かねてより堂目教授に共感していた伊藤さんは、「共に取り組みたい」と決意し、スタッフとして加入することになりました。

●大阪大学社会ソリューションイニシアティブ(SSI)
あらためて、このSSIとは?
「さまざまな社会問題を、大学に関わる人たちの力で解決していくものです」
大学で多くの研究者が取り組んでいる、それぞれの研究テーマ。裏を返せばそれは、それだけ解決されていない問題があるということです。それらの研究者と連携し、応援していくことで、問題解決をめざすのがSSIということになります。
具体的には「プロジェクト」として、「地域資源とITによる減災・見守りシステムの構築」「アフリカの非正規市街地をフィールドとした持続型都市社会モデルの構築」など、10あまりのテーマが並列して進行している最中。また、サロンやシンポジウムといった場づくりを通して、人が集まり、交流しながら、問題解決の糸口となるネットワークが育っています。
「あらゆる社会問題」という大きな相手に挑む組織、なので専用のビルがあって、多くのスタッフが常勤・・・と思いきや。
「吹田キャンパスの、1室でやっております」
スタッフは当初、伊藤さんだけだったそうで、現在は「4人に増えました」。
とはいえ、大きな相手に挑むようすは、まるで風車に突進するドン・キホーテ。
それでも、このように見果てぬ夢を追い求める人たちが、世の中を少しずつ良い方へ動かしていくとも言えるでしょう。●大阪大学共創DAY「つながろう!SDGsアドベンチャー」
日時:6月11日(土曜日)11時~17時
場所:ららぽーとEXPOCITY(光の広場)
料金:無料
ホームページはこちら

SSIが仕掛けるビッグイベント。
SDGsに関連するテーマを、気軽に楽しめる体験ブースが並び、誰でも申込不要で参加できます。

<例>
・光ピンセット体験!(レーザー光線で極小微粒子を捉える)
・しゃべロボと話そう!(雑談が得意なロボットが登場!?)
・はずして→つないで→再利用!(廃品からオリジナルのステンドグラスづくり。要予約)

他に、ARを用いた仮想現実体験なども。
会場は大きな観覧車の足元、ショッピングモールの1階なので、遊びに行ったついでや、買い物中にのぞいてみるのもいいですね。
まずは参加して、体験して、楽しんで。
そこから、SDGsへの理解が深まったり、問題解決に取り組む人たちとの出会いを通して「自分も何かやってみたい」という思いが芽生えるかもしれません。
「会場では、風船でいろいろな動物も作りますので、お子さんたちもぜひ」
ちなみに、SSIの第一人者にして、アダム・スミス研究で知られる碩学・堂目教授自ら、風船アニマルを作って配る予定?だとか・・・。
machi_220512b

カテゴリー: まちのラジオ, 大阪大学社学連携 |

生後半年、元気いっぱいのクリームくん@「聞かせて!ペット自慢」

毎月 第2水曜日の「デイライトタッキー」内でお送りしている「聞かせて!ペット自慢」。
ワンちゃん、ネコちゃんなど、みなさんの家族の一員のお話を聞かせていただく時間です。

2022年5月は、箕面市西小路にお住まいの山田淳さん、美幸さんご夫妻をスタジオにお迎えしてお話を伺いました。

220511_pet1
ご夫妻と一緒に二人のお嬢様も、スタジオに来てくださいました。
(もう一人、息子さんがおられるのですが、学校の都合で参加できず残念!)
お嬢さんに抱っこされているのはマルチーズとポメラニアンのMIX、クリームくん生後約半年(2021年10月31日生まれ)の男の子です。
220511_pet2
山田さんご一家は元々山口県宇部市に住んでおられました。
周囲は緑が豊かで、お子さん方に命の大切さを知ってもらうためにカブトムシなどを飼育しておられたそうです。
その後、淳さんの転勤のため家族で箕面市に引っ越して来られました。自然の豊かさなどは出身地宇部と似ているそうで、すぐになじまれたのだとか。

淳さんは子どもの頃、犬はもちろん、いろいろな種類のペットを飼っておられたそうです。ところが、独立して家庭を持って以来、ずっと犬のいない生活で寂しい思いをしておられました。

そして昨年、淳さんは運命の出会いをしました。
ご家族でホームセンターに買い物に出かけた時、ペットコーナーで1匹のわんこと目があったのです。その子はなんとも言えない寂しそうな目をしていました。
これまでもペットコーナーで目があった子はいましたが、今回は今までにないほど気にかかり、淳さんはそれ以降、一人でこっそり会いに行ったそうです。そして三度目、クリームくんにまだ飼い主が現れていないのを見た淳さんは、気づけばその場で手付を払っていたのでした。

「他の子たちはちゃんと犬種が書かれているのに、クリームには”ミックス”とだけ書かれているのがなんとも言えず不憫で。実は当時、私は脱サラをして間もない時でした。会社に所属していない不安定な状態とクリームの置かれている状況とが、なんだかリンクしているように思えて、余計にクリームのことが気にかかったのかもしれません」
とおっしゃる淳さん。
手付を渡したものの、奥様にいつ打ち明けよう、どう説得しようと、毎日気が気ではなかったとのこと。

奥様の美幸さんは
「お友達がペットを飼っているのを見て、子どもたちが 犬を飼いたい、と言い出したりしていました。ですから、いつかはと思っていましたけど、脱サラしたばかりの今なの?!」とびっくり。家族会議の結果、クリームくんは無事に山田さんのお家の子になったのでした。

クリームくんは現在生後約半年。とっても食いしん坊で元気いっぱいです。
小型犬は長距離の散歩をすると抱っこをせがんだりするものですが、クリームくんは最後まで歩きます。よく行く散歩コースの一つ、箕面の滝までの往復もへっちゃら。

元気があり余っているのか、家の中でもおもちゃをボロボロにしたり、興奮のあまりお兄ちゃんやお姉ちゃんの洋服に穴を開けたり。相当なわんぱくぶり。
220511_pet3
ところが、スタジオに来てくれたクリームくんは、とても大人しくいい子にしているではありませんか。お家の中では暴れん坊だとは想像もつきません。

それについては奥様とお嬢さんお二人ともが声をそろえて
「そういうところはパパにそっくり!!」
どちらも内弁慶で外面がいい、のだそうです。(ご家族の弁)

そんなクリームくんにかける言葉は、淳さんは「癇癪を起こさないでね」美幸さんは「興奮してお兄ちゃんやお姉ちゃんの洋服を噛まないでね」。
まだ生後半年、もう少し大人になると落ち着くことでしょう。

クリームくんは車移動をするとすぐに酔ってしまうので、今のところ家族で遠出などに連れて行くことができません。でも、もう少し大きくなって車が苦手ではなくなったら、いろいろなところに家族揃って出かけたいそうです。
今回スタジオ出演もそうですが、山田さんご一家は普段からご家族揃って行動することが多いのだとか。
美幸さんは「子どもたちが私たち夫婦に付き合ってくれているんだと思いますヨ」と笑っておられました。
クリームくんを含む6人家族、これからも仲良くお過ごしください。

「聞かせて!ペット自慢」
毎月第2水曜日 午前11時~
再放送 当日午後8時10分~
(文責:千波留)

**出演者募集!!**
ペットさんのお話を聞かせてくださる方を募集します。
犬・猫に限らず、いろいろなペットのお話を聞かせてください。
写真添付、ご連絡先明記の上、「聞かせてペット自慢」のコーナにメールをお送りください。
アドレスは816@minoh.netです。
お待ちしています。

カテゴリー: 聞かせて!ペット自慢 |

みのおママの学校 みほの子育て日記#2「子どもを預けること」

5月にスタートした新番組「みのおママの学校 みほの子育て日記」

主に、毎月第3金曜日に、みのおキューズモールで開催される「みのマママルシェ」の会場で、公開録音したり、子育て中のおうち時間で録音したり、ゆるーーっと作っていきます。
笑って、泣いて、怒って、ドタバタ育児の毎日に、ほ~っと力を抜けるひとときと、ちょっとの学びをお届けする番組です。

出産後の仕事復帰や、自分の時間を確保するために、子どもを預けるという選択肢があります。しかし、心をストップさせていたものは…
・3歳児神話(3歳までは一緒にいるのがいい)
・過去、やまうちさんの両親が仕事で留守がちだったことから、自分の子どもに寂しい思いをさせたくない
・自分に自信が無い(一歩踏み出せない)
こういった気持ちがあり、「子どもを預ける」ことに抵抗を感じていました。

このような葛藤の中で、みのおママの学校が主催する「つどいのひろば」に出向き、ママサポーターや、いろいろな人と話していくうちに、「完璧でなくていい」ということに気付き、心が軽くなったそうです。

そんな子育て中の悩みや疑問、嬉しかった体験を、ラジオを通して、シェアしてみませんか?子育てを頑張っているのも、悩んでいるのも、一人ではありません!みんなで育てて、みんなで育っていこう!という番組ですので、タッキーのSNS宛に、気軽にメッセージくださいね♪

<タッキー816みのおエフエム>
Instagramのリンク
Twitterのリンク

<みのマママルシェ>
ホームページのリンク
Instagramのリンク

■放送日
 毎週月曜日 21時30分~21時45分
 インターネットでもお聴きいただけます♪

■次回公開録音
 2022年5月20日(金曜日) みのおキューズモール・キューズステージ

カテゴリー: みのおママの学校, みほの子育て日記 |

タッキーたんけん隊「元気な子どもとシニアのかたに、会いにいき隊!」

毎月1回、船場のスタジオを飛び出して「まちの今」をお伝えする「タッキーたんけん隊」。
2022年度は、たくさんの市民のかたに「会いにいき隊!」ということで、いろんな集まりの場へ出かけます!

今回は、0歳から86歳の元気な皆さんにお会いしました。
隊員は、「石井まゆ美」(モーニングタッキー木・金曜)と、「菅濱小香」(タッキーBOX木曜)
DSCF1961

はじめに、コミュニティセンター箕面小会館・日時計の家(百楽荘1丁目)へ。箕面小校区福祉会が開催している、子育てサロンのようすをレポートしました。
a-DSCF1956
a-DSCF1960

この日、参加していたのは3カ月~8カ月の、元気な箕面っ子を連れた、4組の親子。おもちゃで遊んだり、手遊びや紙芝居などを観たりして、楽しんでいました。サポートのスタッフも充実していて、安心して親子で遊ぶことができます。
a-DSCF1967
a-DSCF1976

子育てサロンは、年に8回開催されていて、次回は6月13日(月曜日)の予定です。
参加した親子は、「子育てが大変だけど、可愛い。同じ月齢の子がいて、参考になります」と話していました。
a-DSCF1981

続いては、箕面市立市民野球場(新稲3丁目)へ。こちらでは、箕面還暦軟式野球倶楽部「箕面ブルースターズ」のみなさんが練習中。64歳~86歳のシニアのみなさんにお会いしました!
平均年齢74歳ということを、全く感じさせないくらい、走って投げて打って、元気に野球を楽しんでいました。
北摂にあるチームで試合をしていて、昨年はなんと1位に輝いたそうです!
b-DSCF2014
b-DSCF2018

そしてなんと、箕面ブルースターズには、元甲子園球児がいらっしゃいました!
第45回大会に出場されていたということで、今でも野球を愛していらっしゃいます。
b-DSCF2005

野球に興味がある60歳以上のかたの入団をお待ちしています!(未経験歓迎!)
b-DSCF1987
b-DSCF1985b-DSCF2009

次回の、タッキーたんけん隊は、6月に出動!早く元気な箕面のみなさんに会いにいき隊~!
お楽しみに♪

カテゴリー: タッキーたんけん隊 |

ブーマン&フレンズJAZZ BOUND #19ミツノリさん

毎週日曜日の夜11時からお送りする「ブーマン&フレンズJAZZ BOUND」
JAZZを愛するブーマンさんが、仲間(フレンズ)とともにJAZZの名曲や、皆さんにおすすめしたい1曲をご紹介する番組です。

0508-1

今週のフレンズはシンガーソングライターのミツノリさんです。
GW最後の夜にお酒を飲みながらあのアーティストが歌うジャズやミツノリさんのジャシーな楽曲でくつろいで頂きたい…

Playlist
竹内まりや「You & Night & Whisky」
ミツノリ「追夢 〜Run after a dream~」

0508-2

皆さんからのメッセージやリクエストもお待ちしています ■毎週日曜日 夜11時~11時30分放送(翌週金曜日午後3時30分~4時リピート放送)
【協力:株式会社モリモト医薬・ライフストーリ株式会社】

カテゴリー: ブーマン&フレンズ JAZZ BOUND |

「ピアノコンサート」があります!@桑原怜子とコモイゼネ♪-Komolyzene-

ピアニストの桑原怜子さんが、毎回テーマに沿ったクラシック音楽をトークとともにお届けしています。
(放送日は、毎月第2日曜15:30~16:00・22:30~23:00、翌月曜15:30~16:00)

5月のテーマは「ピアノコンサート」

6月4日(土)に、毎日文化センターで開催される、桑原怜子さんのピアノコンサート「ベヒシュタインを聴く ピアノコンサート44」の予習を兼ねて、両手で弾く曲と、左手で弾く曲の4曲を、桑原さん演奏でお届けしました♪

左手で演奏する曲では、吉松隆作曲 「アイノラ叙情曲集」左手のための作品95より 『アラベスク』を紹介。フィンランドの森や湖、教会の鐘の音が情景に浮かんでくるような曲です。
この曲は、6月のコンサートでも演奏されます。

<桑原怜子さんコンサート情報>
日時:2022年6月4日(土曜日) 16時開演
場所:毎日文化センター(大阪市北区)
料金:1000円
※限定50席
0508-020508-03

▼(写真)旅行好き&地球儀を眺めてはニヤニヤしていたという、桑原さん
0508-01

カテゴリー: 桑原怜子とコモイゼネ |

ふらっとちゃっと 棒高男とピアニスツ・・・今年も新メンバーは逸材揃い!?

flat_220508b大阪大学で環境を学ぶ学生がお送りしているラジオ番組「ふらっとちゃっと」。
大学の先生や留学生をゲストに迎えたり、いま話題のテーマで討論したり、地域で行われている催しに参加して取材したり、毎月趣向を凝らしてお届けしています。

■発掘!Osaka University
大阪大学の先生や留学生をゲストに招いてお話を聞くこのコーナー。
今回は、ふらっとちゃっとの新加入メンバー3人を紹介!

●出雲の風雲棒高男!廣澤創(ひろさわ・そう)さん
環境エネルギー工学科4回生。
今は研究室に入ったばかりで、今後は「再生エネルギー関連のリスク評価」に取り組みたいとのこと。
島根県出雲市出身で「実家は出雲大社のすぐ近く」。
好きなバンドは、マカロニえんぴつ。「若者の心情を歌った歌詞が深いんです」と惚れこみ、ライブにも参加したそうです。
座右の銘は「何事も期待しすぎない」。
勉強や部活など、どれだけ練習してもいい結果が残せるとは限らない。
自分の能力を過信することなく、気楽に生きていきたい・・・。
大学では特にサークルには入ってないそうですが、高校までは陸上競技をがんばっていました。何の競技?
「棒高跳びです」
大したことなかったんですよ、と言いつつ、競技人口が少ないこともありましたが、県代表で中国地方大会に出場した実績があります。
では、これからの抱負を。
「がんばるけん、応援してね!」

●孤高のピアニスト!上村まさしさん
堺市出身。
研究室ではナノサイズの粒子やセラミックの合成などに取り組みます。
新しい研究室なので、上村さんがなんと1期生。
「先輩も後輩もいないんです・・・」
高3のとき熊本で地震が発生し、そこで生じたさまざまな問題を突き詰めると、環境問題に行きつくことに気が付きました。
それがきっかけで、大阪大学の環境エネルギー工学科へ。
今は、銀のナノ粒子の研究で、国際学会にも出場したいという思いを持っています。
趣味は?
「遊戯王をやっています。あと、ピアノですね」
阪大ピアノサークルに所属するほか、コンクールにも出場。
これまで出たコンクールでは、ファイナルに進出して、金賞を受賞したことも。
「今年も出場して、全国をめざします!」

●音武両道のピアニスト!相良こうへいさん
福岡県出身。
量子反応工学領域の研究室で、核融合炉や、中性子による新しいがん治療を研究しています。
箕面のお店でアルバイトしているので「箕面のみなさん、よろしくお願いします!」
東日本大震災の当時は中学生。福島の原発事故など、放射能の問題が大きく取り上げられた時期で、放射線の研究に強い大阪大学を進学先に選びました。
サークルは上村さんと同じ、阪大ピアノサークル。
「子どもの頃習っていて、途中で辞めたんだけど、大学に入ってから再開しました」
上村さんによると、相良さんの腕前は「めっちゃ上手ですよ!」
中学・高校ではサッカー部や陸上部にも所属して、体を動かして楽しんでいたという相良さん。文武、というか音武両道ですね!

今年も逸材が揃って加入してくれた「ふらっとちゃっと」。今後の活躍が楽しみです!flat_220508a

カテゴリー: ふらっとちゃっと |

新緑あふれる滝道から「サタデーワイドフィーバー」公開生放送!

サタデーワイドフィーバー・新緑の滝道から公開生放送!
スタジオを飛び出して、風がとても気持ちいい、ゆずるの足湯前・森のふれあい広場から、和氣貴志と津波古奈桜がお送りしました(共催:箕面森のふれあい広場)。

0507_1

12時に番組が始まったのに、和氣さんが居ない・・・?!
その答えは、毎月7日の「箕面山七日市
阪急箕面駅前の野外ステージでは、「平成のぞきからくり」が行われていて、そのようすを、箕面山七日市のお得ポイント「キャッシュバックキャンペーン」とともに、レポート!

みのおサンプラザ名店会 エンジェルドック 中島隆(なかしま・たかし)さん(中央)、箕面山七日市実行委員会事務局 前田 直哉(まえだ・なおや)さん(右)

みのおサンプラザ名店会 エンジェルドック 中島隆(なかしま・たかし)さん(中央)、箕面山七日市実行委員会事務局 前田 直哉(まえだ・なおや)さん(右)

0507_3

「平成のぞきからくり」のようす。多くのかたが興味深そうに、中を覗いていました。

「平成のぞきからくり」のようす。多くのかたが興味深そうに、中を覗いていました。

滝ノ道ゆずるも、通訳付きで生出演!

滝ノ道ゆずるも、通訳付きで生出演!

最初のゲストは、NPO法人みのお山麓保全委員会理事 岩崎昭司(いわさき・しょうじ)さん。箕面の山の整備などについてお話を伺いました。

最初のゲストは、NPO法人みのお山麓保全委員会理事 岩崎昭司(いわさき・しょうじ)さん。箕面の山の整備などについてお話を伺いました。


岩崎さんは、箕面ビジターセンターの催しで、森林セラピーも担当されています。
2022年5月28日(土曜日)は、森の癒しウォーク・ハンモック体験が開催予定で、お気に入りの石を探して「ストーンペインティング」に挑戦できるなど、五感を使って自然を味わうことができます。

続いてのゲストは、みのおエコクラブ代表 佐藤譲(さとう・ゆずる)さんと、会員の山下さくら(やました・さくら)さん。みのおエコクラブで、どんな活動をしているか、お話を伺いました。

続いてのゲストは、みのおエコクラブ代表 佐藤譲(さとう・ゆずる)さんと、会員の山下さくら(やました・さくら)さん。みのおエコクラブで、どんな活動をしているか、お話を伺いました。


みのおエコクラブでは、自然の中で遊び、自然を大切にすることで、命の大切さなどを学んでいます。2022年6月12日(日曜日)には、「親子で竹とんぼづくり」と題した催しを予定しています。

エールマガジンでは、山田善春さんのラジオ科学教室が行われました。しゃぼん玉と虫眼鏡を使った実験をしていただきました!

エールマガジンでは、山田善春さんのラジオ科学教室が行われました。しゃぼん玉と虫眼鏡を使った実験をしていただきました!


ご出演後に一杯! 箕面ビールの「Runners high」は、箕面産ゆずがほのかに香るIPA。売上の一部は、箕面山の保全に寄付されます。

ご出演後に一杯! 箕面ビールの「Runners high」は、箕面産ゆずがほのかに香るIPA。売上の一部は、箕面山の保全に寄付されます。

15時台のゲストには、箕面物産商組合 久國節子(ひさくに・せつこ)さんをお迎えしました。カリッと香ばしくてほんのり甘い「もみじの天ぷら」は、インターネットでも販売しています!某有名人がお土産としても購入されたとか…?!

15時台のゲストには、箕面物産商組合 久國節子(ひさくに・せつこ)さんをお迎えしました。カリッと香ばしくてほんのり甘い「もみじの天ぷら」は、インターネットでも販売しています!某有名人がお土産としても購入されたとか…?!

次回の公開生放送もお楽しみに~♪

次回の公開生放送もお楽しみに~♪

カテゴリー: サタデーワイドフィーバー |

新緑カーニバル!滝道出張公開放送@みのたんらじお

minotan_220507a毎週土曜日午前11時~正午に、公開生放送でお送りしている「みのたんらじお」(箕面市提供)。おすすめの週末情報をご紹介したり、ゲストをお迎えして楽しいおしゃべりで過ごす1時間です。
5月7日(土曜日)はいつもの会場(メイプルホールロビー)を飛び出し、滝道・ゆずるの足湯前広場から出張公開生放送でお送りしました。
コロナ禍の中、なかなか無かった出張みのたん。
やっぱり外は、気持ちいいー!
目にまぶしい緑、空は青く、涼しい風が通り抜ける。暑すぎず寒すぎず、一年で最も気持ちの良い季節ですね。minotan_220507bminotan_220507c<みのお・コレ一番!>
箕面でイキイキと活動する皆さんをお迎えしてお話を伺うコーナー。
今回は、絶賛開催中!「新緑カーニバル」について、箕面市観光協会の江本恵美さん、滝道の商店「河鹿荘」の上原結香里さんにご紹介いただきました。

●新緑カーニバル
4月23日(土曜日)~5月31日(火曜日)

新緑の箕面をたっぷり味わい尽くすための、企画の数々。
それらが網羅されたパンフレット「新緑お出かけガイド Minoh2022」を見ながら、一つ一つ説明していただきました。
明治の森箕面国定公園トレッキング、箕面川床、箕面のお宿、新緑観光スポット~新緑お楽しみ特典、などなど。
その中で、何といっても今回初めてとなる「森林ヨガ」は目玉企画です。
瀧安寺鳳凰閣を会場に、全周を囲む緑の中で、ゆったりとリラックスしながらヨガを味わうひととき。
どう考えても素敵にリフレッシュできそうな企画ですが・・・
「残念ながら、定員がいっぱいになりまして」
うーん、残念!
ちなみに講師は、ヨガインストラクターのMaikoさん。
なぜか親近感を覚えるお名前のかたですね。
繁田麻衣子「でも、当日はちょっと天気が怪しいみたいで、今から心配なんですよね・・・」
他人事じゃないみたいに言ってますが・・・Maiko先生にもよろしくお伝えください!?

そして最後に、江本さんから箕面公園に関するクイズが。
「次の3つの中で、間違っているものは何でしょう?」
(1)植物を採取してはいけない
(2)火気は使用してもよい
(3)ゴミは持ち帰る

繁田「えっ何だろう。(1)かな?」

不 正 解

江本さん「正解は、(2)火気を使用してもよい。間違いを選ぶクイズなので・・・」

繁田「あーーーっ!そうだった!」
わざとでも仕込みでも何でもなく、普通に間違えて番組を盛り上げてくれるMaiko先生、じゃなかった繁田麻衣子さんいつもありがとう!

新緑カーニバル2022

minotan_220507d

カテゴリー: みのたんらじお |