2012年03月11日の日記

<<  2012年03月 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

2012年03月31日(土)
山田善春さんのラジオ科学教室 VOL.42@エール・マガジン
みのたんらじお 3月第5週
2012年03月30日(金)
タロリーナ・アケミの週末タロット占い(3/30)
2012年03月29日(木)
あひるの会のラジオ歌声広場@まちのラジオ
タッキーたんけん隊「春、ときめいて…なつかしの母校めぐり」(3)渋谷高校放送部
タッキーたんけん隊「春、ときめいて…なつかしの母校めぐり」(2)渋谷高校よさこい部
タッキーたんけん隊「春、ときめいて…なつかしの母校めぐり」(1)一中男女バレー部
菰樽の岸本吉二商店@「発見!技あり日本」
3月29日(木)モーニングタッキー・ビバ!弁当!!
2012年03月28日(水)
3月28日(水)モーニングタッキー・ビバ!弁当!!
石田 ヒロキのSwingin' Jazz Express
2012年03月27日(火)
和気貴志のぐるぐる商タイム@せんしゅう
2012年03月26日(月)
ウィーンに留学・能勢尚子さん(エアライン816)
2012年03月25日(日)
3月25日放送 「やまかしたろか?ラジオ」
2012年03月24日(土)
キックボクシング講師 西川義さん@エール・マガジン
みのたんらじお 3月第4週
2012年03月23日(金)
タロリーナ・アケミの週末タロット占い(3/23)
2012年03月22日(木)
劇団四季 竹内一樹さんインタビュー@「816ラジオ日和」
2012年03月21日(水)
3/21(水)放送 植田洋子とTeaForTwo
3月21日(水)モーニングタッキー・歳時記つれづれ「未英のレシピ」
2012年03月20日(火)
和気貴志のぐるぐる商タイム@箕面観賞魚園
2012年03月18日(日)
福永瞳&クリス・ハート「LOVE of my LIFE」@国際交流コンサート
2012年03月17日(土)
3/17(土)放送 みのたんらじお
北摂ファイン事務局から@エール・マガジン
2012年03月16日(金)
愛媛県松前町出身、磯永愛子さん(ふるさトーク"What's your hometown?")
タロリーナ・アケミの週末タロット占い(3/16)
2012年03月15日(木)
まちのラジオ第三週「なんでもどっこい!」
3月15日(木)モーニングタッキー・ビバ!弁当!!
2012年03月14日(水)
石田ヒロキのSwingin' Jazz Express
3月14日(水)モーニングタッキー・ビバ!弁当!!
2012年03月13日(火)
和気貴志のぐるぐる商タイム@螢錙璽襯疋好織ぅ
2012年03月11日(日)
「ふらっとちゃっと」メンバー卒業スペシャル
タッキースペシャル「箕面から被災地へ 心の絆」(2)
タッキーSP箕面から被災地へ 心の絆(1)
2012年03月10日(土)
にこいち@エール・マガジン
みのたんらじお@第26回東生涯学習センターグループフェスティバル
2012年03月09日(金)
タロリーナ・アケミの週末タロット占い(3/9)
2012年03月08日(木)
「グリーンアクセスプロジェクト」について…大阪大学大学院法学研究科・大久保規子教授(まちのラジオ第二週)
まぐろちゃん&カボチャくん@聞かせて!ペット自慢
教学の森だより(モーニングタッキー)
3月8日(木)モーニングタッキー・ビバ!弁当!!
2012年03月07日(水)
3/7(水)放送 植田洋子とTeaForTwo
3月7日(水)モーニングタッキー ビバ!!弁当!!
2012年03月06日(火)
和気貴志のぐるぐる商タイム@NUKUI GRAPICS
3月6日 モーニングタッキーゲスト
2012年03月04日(日)
午後のクラシック
2012年03月03日(土)
箕面・雛遊びの宴(5)
箕面・雛遊びの宴(4)
箕面・雛遊びの宴(3)
箕面・雛遊びの宴(2)
箕面・雛遊びの宴(1)
2012年03月02日(金)
タロリーナ・アケミの週末タロット占い(3/2)
2012年03月01日(木)
3月1日(木)モーニングタッキー・ビバ!弁当!!
東生涯学習センター利用グループ協議会と、西南公民館グループ協議会のみなさん(まちのラジオ第1週)

タッキースペシャル「箕面から被災地へ 心の絆」(2)

被災地派遣職員による報告会
タッキースペシャル「箕面から被災地へ 心の絆」。会場の箕面マーケットパークヴィソラ・エルステージでは、ミニライブの余韻も冷めやらぬ中、箕面市から被災地に派遣された職員による「被災地報告会」が行われました。出演は、

・箕面市消防署東分署 警防第一課 担当主査 松浦光洋さん
・箕面市みどりまちづくり部 建築住宅課 平山福太郎さん
・箕面市健康福祉部 健康増進課 主任保健師 西村智美さん

消防の松浦さんは、震災の直後に被災地に派遣されました。大阪全体の消防隊員が集結して現地に向かう消防車の列は、長さ3キロメートルにも及んだそうです。松浦さんは大阪隊の分隊長として、大槌町で人命検索に当たりました。
「現地で印象的だったのは、『音』も『色』も失われていたということです」
余震も続く中、隊員の安全も確保しながらの活動は、困難を極めました。そんな中で活動を続けた大阪の消防隊員のがんばりに、現地のかたたちは大きな感謝の思いを持っておられるそうです。「被災地で、大阪の消防車が通りかかると、手を合わせて拝まれるんです」

建築住宅課の平山さんは、昨年11月から三ヶ月間、大槌町での仮設校舎の設営と管理や、復興計画の策定に携わってきました。初めて被災地入りしたとき、震災からかなり時間が経過していましたが、実際に被害を目の当たりにしてみると、想像以上の惨禍に声を失ったといいます。
 派遣先の大槌町では、職員のかたたちの献身的な仕事ぶりが印象的だったそうですが、絶対的な人手不足の中、全国からの継続的なマンパワーの支援がこれからも必要だということでした。

保健師の西村さんは、昨年12月に大槌町で、現地の保健師のサポートを一ヶ月担当しました。乳幼児健診や特定健診などで、町内の集会所や体育館に出張して、住民の問診を行ったという西村さん。現地の人たちの印象は、みんなとてもがまん強いということでした。「たとえ遺体でも、見つかれば良い方だ。そんな言葉を耳にしてきました」
被災地の職員たちの仕事熱心には、尊敬させられるということでしたが、がんばり過ぎが心配されることでもあります。プレハブの庁舎でトイレは仮設、冬のさなかに水道も凍って、庁舎全体で水の出る蛇口が一つだけ…まだまだ被災地の現状は厳しいままです。
「物的支援は、かえって現地の手をわずらわすことにもつながります。今後、継続して必要なのは、人とお金の支援なんです」

被災地での体験を語った三人の言葉は、経験したものの持つ重みがありました。箕面市では現在も継続して被災地に職員を派遣しており、今後も支援を続けていくということです。

3月11日午後2時46分…東北に向かって、黙とう
黙とう
「今からちょうど1年前の今日、3月11日、午後2時46分。東北地方、宮城県沖を震源とした巨大地震により、多くの尊い人命が奪われ、たくさんの人が家を失い、未曾有の災害がもたらされました。あの日から1年、いまだに復興は進まず、多くのかたが避難生活を送っている現状の中、私たちに何ができるのか。そのことを改めて胸に問い直し、震災に苦しめられた全ての人と思いを分かち合い、新しい未来へ向かって歩き出すために。
一分間の黙とうを行います。
亡くなられたかたのことを思い、大切な人を亡くした人のことを思い、ふるさとを亡くした人のことを思い、今も苦しみ続ける人のことを思って下さい。
ラジオをお聞きのみなさまもご一緒に、祈っていただければ幸いです。

…黙とう!


ありがとうございました。」
みんなで思いを共有した1分間のあと、倉田哲郎箕面市長からのあいさつがあり、続いて会場全体で「ふるさと」「上を向いて歩こう」の合唱を行いました。ライブの出演者も参加して、観客のみなさんも声を合わせて歌ったこのひととき。居合わせたみんなが、日本中の、世界中の人たちが、きっと思いを一つにして祈ったことでしょう。
復興へ向けての取り組みは、これからも続いていきます。節目の日に、被災地へ思いを届け、これからも共に歩んでいくという決意をみんなで共有する、そんな機会となった催しでした。
2012年03月11日(日)   No.3199

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能

【 TOP PAGE 】


タッキー